Bフレッツ(FTTHアクセスサービス)
必要な接続機器

  • TOP
  • 必要な接続機器

Bフレッツをご利用になるためには、光ファイバー専用の接続機器が必要です。ネットライフを存分にお楽しみいただくために、ご確認の上、ご準備ください。

お客さま宅内機器構成イメージ

お客さま宅内機器構成イメージ

お客さまにご用意いただくもの

LANケーブル(100BASE-TXケーブル)

LANケーブル(100BASE-TXケーブル)

回線終端装置とパソコンを接続するために必要なケーブルです。

LANボードまたはLANカード

LANボードまたはLANカード

お客さまのパソコンに100BASE-TXのインタフェースが装備されていない場合に必要です。

  • ※ 10BASE -Tのインタフェースでもご利用可能ですが、その場合は最大通信速度が10Mbpsとなります。

Bフレッツの通信環境をさらに快適にする周辺機器

その他留意事項

「Bフレッツ」においてブロードバンドルーター等の接続機器をご利用される場合については、各機器毎にWindows® 7等の各OSへの対応状況が異なります。詳しくは販売元、もしくは、各機器の製造メーカーへお問い合わせいただきますようお願いいたします。

NTT西日本にて用意(設置)するもの

ファミリー100、ビジネスタイプ、ベーシックタイプ

回線終端装置(ONU)

回線終端装置(ONU)

お客さま宅内に設置するもので、光ファイバーから100BASE-TXのEthernet信号に変換する装置です。回線終端装置には商用電源(AC100V)が必要です。

共用スペース設置機器(オーナーさま・管理組合さま向け)

光成端キャビネット(PT)

光成端キャビネット(PT)

NTT西日本から引き込んだ光アクセス回線を建物内に取り付けるためのBOXです。大きさは収容する回線数により異なります。

19インチラック

19インチラック

集合型回線終端装置と集合型VDSLと集約スイッチ(集合型VDSLの場合)を搭載します。サイズ(cm):W60、D60、H180(標準)

  • ※ 大きさについては、設備状況により異なります。
集合型回線終端装置

集合型回線終端装置

光信号から10BASE-T/100BASE-TXケーブルのEthernet信号に変換する装置です。商用電源(AC100V)が必要です。

集約スイッチ

集約スイッチ

各部屋からの接続回線を集約し、1本の光アクセス回線にまとめる装置です(ラック内に収容)。商用電源(AC100V)が必要です。

集合型VDSL

集合型VDSL

各部屋までの電話線上にVDSL方式によるデータ通信を実現するための集合装置です(ラック内に収容)。各部屋には単体型VDSLが必要です。商用電源(AC100V)が必要です。

審査17-46-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら