光ライト割 (料金サービス)

光ライト割

割引サービス概要

「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」と「フレッツ・あっと割引」を新規で同時にお申し込みの方は、開通から最大31ヵ月間の月額利用料が「フレッツ・あっと割引」適用時より毎月500円割引になるサービスです。

開通から31ヵ月目までの月額利用料

  • ★ 「光ライト割」の割引適用期間は割引適用開始月から31ヵ月目の末日までです。32ヵ月目以降は「フレッツ・あっと割引」を適用し、基本料金2,800円〜上限料金5,600円の2段階定額制料金となります。
  • ※1 【Web光もっと2割について】
    フレッツ公式サイトからの新規お申し込みで「Web光もっと2」(1〜6年目)適用時の金額です。
    Web光もっと2」の適用が7年目以降の場合、割引適用期間に応じて、「フレッツ 光ネクスト」の月額利用料はさらに割引されます。「フレッツ 光ネクスト」から「フレッツ 光ライト」に変更の場合、本割引は適用されません。ただし、変更後「Web光もっと2」の割引適用期間(自動延伸までの残余期間)内に「フレッツ 光ライト」を解約の場合、解約金が必要です。
  • ※2 課金の対象はインターネットへ接続する上り・下りのデータ通信(ホームページ閲覧、電子メール送受信等)です。
  • ※3 1ヵ月の利用量の合計のうち、10MB未満の利用量は、10MB単位の切り上げにて計算します。
  • ※4 お客さまの利用量によっては、「フレッツ 光ライト」の月額利用料は「フレッツ 光ネクスト」より高くなる場合があります

【光ライト割について】

  • ・ 「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」と「フレッツ・あっと割引」を新規で同時にお申し込みいただいた方が対象です。
  • ・ 移転や品目変更(例:「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」から「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」)は割引対象外です。

【解約金について】

  • ・ 弊社が指定する期間内に解約された場合、解約金が発生いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

【フレッツ 光ライトについて】

  • ・ サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、こちらをご確認ください。
  • ・ 映像配信サービスの一部等、ご利用いただけないサービスがあります。

月額利用料

月額利用料
  • インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。

解約金

弊社が指定する期間内に解約された場合は解約金が必要です。ご利用開始月から24ヵ月目の末日までに解約された場合は、以下の解約金が必要です。ただし、24ヵ月目の末日に解約した場合、解約金は発生しません。

  割引適用期間が12ヵ月未満
で解約された場合の解約金
割引適用期間が13ヵ月〜24ヵ月未満
で解約された場合の解約金
(24ヵ月目の末日を除く)
フレッツ 光ライト
ファミリータイプ
9,000円 4,500円

提供条件

割引対象サービス フレッツ 光ライト ファミリータイプ
割引の対象となる
お客さま

期間中、本割引対象サービスと「フレッツ・あっと割引」を新規で同時にお申し込みいただいたお客さま。

  • ※ 移転や品目変更(例:「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」から「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」)は割引対象外です。
  • ※ 過去に「フレッツ光」新規申し込みに関わる期間限定割の適用を受けたお客さまが「フレッツ光」を解約し、同一設置場所で再度お申し込みいただいた場合において、当該申し込みが前回の「フレッツ光」解約から1年未満のときもしくは過去2回以上いずれかの割引の適用を受けている場合は割引対象外です。
  • ※ 「グループ割」と重畳する場合は、上限料金において、本割引に加えて「グループ割」を適用します。
  • ※ 「まるまる3ヵ月無料」と重畳する場合は、「まるまる3ヵ月無料」を優先して適用します。
お申し込み受付期間

2016年10月1日(土)〜2017年1月31日(火)

  • ※ お客さま都合により、開通期限である2017年4月30日までにご利用を開始されない場合は、割引対象外です。
  • ※ 申込受付期間および開通期限は、延長する場合があります。
  • ※ 本割引は2015年5月1日から実施しています。

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み

お問い合わせ

フレッツサービスに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

まるまる3ヵ月無料(料金サービス)

審査16-1180-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら