こころの栄養(連載コラム)

昨日よりも今日、
今日より明日の人生が楽しく、
充実して過ごせるように、
「生き方」について考えあう
雑誌からのバックナンバー。

Copyright PHP研究所 All rights reserved.

【PHP研究所提供】月刊誌「PHPスペシャル」より、選りすぐり記事を紹介

読むサプリ公開中

第六回

毎日を「好き」で満たす! ごきげん日めくり 横森理香

横森理香(よこもり りか)
1963年生まれ。作家、エッセイスト。現代女性を応援するエッセイに定評があり、『40代♥大人女子のための“お年頃"読本』(アスペクト)がベストセラーに。『いますぐゴキゲンになる60の言葉 幸せ実感のおまじない』(徳間書店)、『ずーっと♥幸せが続く生き方』(主婦の友社)など、著書多数。

私が故・小森のおばちゃま(小森和子さん)から伝授された言葉で、「ハゥ・トゥ・エンターテイン・ユアセルフ」というのがあります。おばちゃまがシャーリー・マクレーンから頂いた言葉で、人生をハッピーにする秘訣(ひけつ)です。

自分を気遣ってくれない家族や周囲の人々を恨むのはもうやめて、日々、自分で自分のごきげんを伺い、良きように計らってあげる。疲れてないかな? 退屈してないかな? と、自分を恋人のように気遣って、エンターテインしてあげるのです。

自分の人生を充実させるのは自分なのだと分かってください。すると、これから先の人生は大きく変わるでしょう。これは「心の自立」なのです。

さあ今日から、あなたが楽しい、嬉(うれ)しいと思うことを一つ一つ始め、オリジナルの「ごきげん日めくり」を作っていきましょう!

  1. 自分のために
    季節のお花を飾る

    スーパーで売られているお手頃なお花一輪でも構いません。日々頑張っているあなたに、花を贈りましょう。飾る場所は、一番あなたの目に入るキッチンや、ダイニングテーブルなどに♡
  2. 知らない場所に
    出かけてみる

    年齢とともに、億劫(おっくう)になりがちなお出かけですが、たまには雑誌やテレビの情報に惑わされてみるのも一興です。日常でできるちっちゃな冒険は、若返り効果満点でしょう。
  3. ボディソープに
    こだわってみる

    私が今、ハマっているのはゴートミルクソープ。ヤギの乳は保湿力が高く、欧米では今、話題沸騰。日本でもネットで600円ぐらいで売られています。洗顔にも使え、お肌も乾きません。
  4. 一人でゆっくり
    お茶できる
    喫茶店を見つける

    ぼうっと眺められる坪庭のあるコーヒー店や、お抹茶と和菓子がいただけるティーサロンなど。日々忙しいあなただからこそ、時間の止まったような空間がたまには必要なのです。
  5. キラキラネイルで
    手足の爪を塗る

    コンビニで売られている速乾ネイルがオススメです。グリッターが入っている肌色ピンク系のものにすると、剥がれても気になりません。手足がキラキラしてると、心が潤います。
  6. お気に入り
    スウィーツを
    こっそりいただく♡

    ちょっと高級な和菓子や洋菓子など。お味の分からない男子供にはもったいないようなスウィーツを、あなたの分だけ買って、ゆっくり味わいましょう。とびっきりのお茶を淹(い)れて。
  7. たまには家事を
    プロに頼む

    一年中家事に追われている方は、たまにはお金を払って代行してもらうとごきげんですよ。今は安価なサービスもあるので、体力的につらくなってきたり、気分転換したいときにオススメです。
  8. 新しいコスメに
    トライしてみる

    お高いブランドコスメでなくていいのです。ネットやドラッグストアで売られている良さそうなものをゲットし、試してみる。その新鮮味とワクワク感だけでキレイになれます。
  9. 自分の心地良い
    妄想を

    頭の中は自由です。つらい現実を前にして、そこに焦点を当てるとつらいだけだけど、気持ち良くなる妄想を抱くと、あら不思議。微笑みすら溢(あふ)れてきます。誰にも気づかれない現実逃避の術です。
  10. 毎日使うものを
    新しくする

    コーヒーカップ、グラス、湯呑(ゆの)み、お茶碗(ちゃわん)、お椀(わん)、お箸など、毎日使うものを新規購入する。ちょっと上質な、長く使えそうな自分専用のものを、自分にプレゼントしてください。日々の心の潤いが違います。
  11. 踵(かかと)、膝、
    肘の角質を取る

    ついつい疎(おろそ)かになりがちですが、気が付いたときにピーリングを施してあげるとごきげんです。日々の保湿ケアも大切ですが、たまに時間をかけてセルフケアしてあげると〇。
    LOVE yourself.
  12. たっぷりの睡眠を
    確保する

    どんなに疲れていても、たっぷり眠れたときはごきげんです。私は最低8時間、どんなことをしても確保します。夜中に目覚めたら、メラトニンなどの自然派睡眠薬を飲んでもう一度寝ます。
  13. 日替わり入浴剤で
    自宅スパ気分

    薬草風呂の素(もと)、エプソムソルト入浴、ハーブバス、炭酸入浴剤、ミルクバス。色々試してみて、自宅のお風呂をスパにしてしまいましょう! 入浴が楽しみになると、お風呂掃除も苦ではありません。
  14. ソーシャル
    ネットワークを
    利用する

    私はLINEを利用していますが、面白いスタンプを押せたり、カジュアルに気持ちだけを簡単に伝えられるのでごきげんです。誰かさんの長電話もこれで回避しましょう!
  15. いいタオルを買う

    今治(いまばり)タオルのショップなどに行くと、本当にふわっふわの、カラフルでデザインも可愛いタオルが売られていて、観光気分で楽しめます。ネットでも買えるので、毎日のちょっとした贅沢(ぜいたく)に♡
  16. 旬の食材で
    心身リフレッシュ

    木の芽などの旬の食材は、生命エネルギーのピークをいただくわけで、美味(おい)しいだけでなく滋養になります。季節の野菜や魚介で、私たち自身もイキイキと輝いてしまうのです。
  17. 目に映る場所に
    綺麗なものを並べる

    視覚効果でごきげんになれます。美しい写真や絵、小さくて可愛い置物。綺麗(きれい)な香水の瓶や宝石箱、クリスタルなど。覚え書きのポストイットも、可愛いものなら貼っておいて気分UP!
  18. 脱衣所に
    椅子を置く

    これ、私も最近始めたのですが、湯上がりのスキンケアをする際、また、洗濯物を捌(さば)く際など、ちょっと座れるのでラクチン。冬はちっちゃい暖房器具、夏は扇風機なども置くと、なお快適。
  19. お気に入りの
    ミニお香を焚(た)く

    お仏壇のお線香とは別に、セルフエンターテインメントとしてのミニお香がお勧めです。8センチぐらいだとすぐ燃え尽きるので、サクッと気分転換できます。仕事始めやヨガなどする際に♡
  20. ふかふかの寝具を
    自分のために

    私は羽毛布団と枕が好きで、カバーも肌触りの良いコットンのものにしています。そして、布団乾燥機をマメにかけ、寝たときの幸せ感を日々味わえるようにしているのです。
  21. 家族には
    何も期待しない

    家事の協力をしてくれない家族にイライラしていませんか? 家族はいるだけでいい存在と思うこと。孤独を回避し、緊急時のお助け部隊と思えばありがたくすら感じます。
  22. ボディオイル、ボディ
    バターは多種揃えて
    その日の気分で

    湯上がりに、全身は無理としても、足、踵、膝、肘までぐらいは毎日何か塗ってあげましょう。乾燥した肌は痛々しいもの。テクスチャーや香りの違うものを揃(そろ)えておくと、
    気分転換にも♡
  23. 新しいことに
    トライする

    若返りの秘訣(ひけつ)は、新しいことにトライして前頭葉を活性化すること。運動や趣味のことなど誰かに誘われたときは断らないでのってみましょう。意外と楽しかったりして、新しい自分を発見できるかも。
  24. 季節の飾り物をする

    お節句のミニ飾りをはじめ、目で見て季節を感じられると気分もUP。私は四季折々の絵柄の入った日本手拭いで、季節の移り変わりを感じています。折りたためて保存スペースもいらず〇。
  25. ネットスーパーを
    活用する

    家事の負担を少しでも減らすため、日用品や食品のお買い物をネットスーパーで。会員登録するときだけちょっとめんどくさいけど、あとは簡単。極寒極暑は特に助かります。
  26. 高級なハンドクリーム
    を買う

    香りのいい、デザインも素敵なお高いハンドクリームを、たまには自分へのプレゼントで買いましょう。私はベッドサイドに置いておき、寝る前にたっぷり塗って、香りとともに眠りにつきます。
  27. カフェインの時間に
    気をつける

    無意識にお茶やコーヒーなどを飲み過ぎている方は要注意。ちゃんと眠るためには、午後3時以降カフェイン入りの飲み物はNG。ハーブティーやルイボスティー、コーヒー党のあなたはデカフェでどうぞ♡
  28. ちょっとした運動を
    日課に

    ごきげんの基本はやはり新陳代謝を高める運動。苦手な方でも、簡単なストレッチやお散歩、家事も運動になります。私は朝、ベッドで簡単なヨガのポーズを5つと、足マッサージをしてから起きています。
  29. 赤ワインは
    天然の抗鬱剤

    酒は百薬の長というだけあってリラックス効果絶大。幸せ感を高めてくれます。アンチエイジング的にも高ポリフェノールの赤ワインがオススメ。ただし、150mlまで、倍量のお水と一緒に、
    が鉄則。
  30. 痛いところ、つらい
    ところの治療をする

    どこか痛いところ、つらいところがある方は、まずその治療から。近所にかかりつけ医を探すもよし、懇意の治療家を作るもよし。自分で体調管理できるようになると、QOLは格段にUPします。
  31. 小さい頃やっていた
    趣味を再開する

    時間的余裕ができたなら、新しいことを始めるより、小さい頃やっていた習い事を再開すると、ごきげんです。テニス、バレエ、ピアノなど。あら、私も意外とできるのねと自信がつきます。

(出典:「PHPスペシャル」2016年6月号)

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら