ひかり電話オフィスA(エース)
ひかり電話オフィスA(エース)のご利用には、フレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」ビジネスイーサ ワイドの契約・料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合、NTT西日本がお客さまに直接提供する「ひかり電話オフィスA(エース)」も同時に廃止になります。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
停電時は利用できません。
ナンバー・ディスプレイ未対応電話機をご利用の際は、電話番号表示ができず、また通話できない場合等があります。
コラボ光とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスをいいます。詳しくはこちらをご確認ください。

サービスの特長

「ひかり電話オフィスA(エース)」のサービス特長をご紹介します。

基本サービス

ひかり電話オフィスA(エース)では、月額基本料金で便利な8つのサービスを基本サービスとして提供いたします。

各サービスを他のサービスと組み合わせてご利用の場合、利用できないもしくは一部機能が制約される場合があります。
詳しくは、ご利用時の留意事項をご確認ください。

グループ間通話定額 拠点間通話を定額で利用したい!

同一契約者間なら、複数の拠点で利用しているひかり電話サービスをグループ登録することにより、音声通話が無料となります。

グループ通話定額は、同一契約者名義のNTT西日本のひかり電話・ひかり電話オフィスタイプ・ひかり電話オフィスA(エース)をグループ登録することにより適用されます。
NTT東日本の回線やひかり電話基本プラン以外のひかり電話A(エース)、安心プランおよびもっと安心プラン(いずれもIP電話サービス)については登録できません。
同一グループ回線以外への通話は通常の通話料金がかかります。
グループ通話定額の定額料は、ひかり電話オフィスA(エース)の月額利用料に含まれます。
ひかり電話、ひかり電話オフィスタイプをグループ登録する場合は、グループ通話定額のご契約、ならびにひかり電話、ひかり電話オフィスタイプの全チャネルに対して、1チャネルあたり400円(税抜)の月額利用料が必要です。
無料となる通話はNTT西日本管内の同一グループのひかり電話サービスへの音声通話です。
「コラボ光ひかり電話」に転用されるときは、 グループ通話定額対象のグループを新たに設定していただく必要があります。なお、NTT西日本のひかり電話・ひかり電話オフィスタイプ・ひかり電話オフィスA(エース)を契約されている拠点と「コラボ光ひかり電話」(転用を含む)拠点を組み合わせて同一グループを設定することはできません。
ナンバーディスプレイ 誰から電話がかかってきたのか知りたい!

電話に出る前に、かけてきた相手の電話番号がわかるので、安心して対応することができます。

ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。
ナンバーリクエスト 番号非通知でかかってきた電話にも応対したい!

番号非通知の相手には、自動音声メッセージで電話を取らずに対応することができます。
また電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に「おそれいりますが、電話番号の前に186をつけてダイヤルするなど、あなたの電話番号を通知しておかけ直しください。」という音声メッセージを伝えることができます。

ボイスワープ かかってきた電話を転送したい!

かかってきた電話を、あらかじめ指定した電話番号に転送することができます。また、かかってくる電話の相手に応じて、転送するか着信するかを選択することもできます。

ボイスワープ契約者までの通話料は、電話をかけた方の負担ですが、ボイスワープ契約者から転送先までの通話料は、ボイスワープ契約者の負担です。
データコネクトをご利用の場合、転送先がデータコネクトを利用でき、転送条件が無条件転送もしくは話中時転送である場合に利用可能です。
迷惑電話おことわりサービス しつこい迷惑電話をなんとかしたい!

迷惑電話を受けた直後に、お客様からダイヤル操作を行なうことにより、以降同じ電話番号からの着信に「この電話はお受けできません。ご了承ください。」と自動音声メッセージで対応できます。

加入電話等からひかり電話に移行し、迷惑電話おことわりサービスを継続してご契約の場合、登録していた移行前の迷惑電話リストを引き継ぐことはできません。
迷惑電話おことわりサービスは1契約につき最大30個までの電話番号を登録することが可能です。
メッセージによる応答時には、発信者に通常の通話料がかかります。
高音質電話 クリアな音声でのコミュニケーションをしたい!

標準音声の通話(3.4kHz帯域)に比べ、約2倍の帯域(7kHz)を利用し、クリアな音声で通話が可能です。

双方が、フレッツ 光ネクストまたはフレッツ 光ライト、一部の「コラボ光」、ビジネスイーサ ワイドのいずれかとひかり電話サービスをご契約の上、各サービスに対応した情報機器等をご利用いただく必要があります。
データコネクト ひかり電話でデータ通信をしたい!

データコネクトは、ひかり電話のデータ通信機能です。ひかり電話の基本機能なので、追加の基本料が不要です。
帯域確保技術により、安定した通信が可能です。
対応機器をご用意いただくことでご利用いただけます。

データコネクト(データ通信)の4つの特長

(1)
OAB〜J番号を利用した帯域確保型通信
(2)
使った分だけお支払いただく従量制課金
(3)
帯域別の料金設定
(4)
対応機器をご用意いただくことで利用可能
双方が、フレッツ 光ネクストまたはフレッツ 光ライト、一部の「コラボ光」、ビジネスイーサ ワイドのいずれかとひかり電話サービスをご契約の上、各サービスに対応した情報機器をご利用いただく必要があります。

<構成例>

構成例 図
データコネクトの通信料はひかり電話サービスの音声通話料と異なります。
双方が、フレッツ 光ネクストまたはフレッツ 光ライト、一部の「コラボ光」、ビジネスイーサ ワイドのいずれかとひかり電話サービスをご契約の上、各サービスに対応した情報機器をご利用いただく必要があります。
データコネクトと合わせて音声通話またはテレビ電話等を利用した場合には、同時に利用した通話・通信の帯域合計に対して、テレビ電話の料金で課金されます。
データの送受信を行っている場合のみではなく、帯域を確保している間について課金されます。
お問い合わせについて

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

審査17-1600-1

電話でのお問い合わせ
資料請求
お問い合わせ/コンサルティング希望