オフィス改革!通信環境のコストダウンと利便性・拡張性を向上 導入事例トップへ

導入事例集

拠点拡大に伴う通話料増大の懸念を、「フレッツ・VPN ワイド」※1を使った拠点間通話の内線化により解決!

大垣精工株式会社様(岐阜県大垣市)

業種 製造業
規模 50〜300名程度
課題 コスト削減
ネットワーク最適化
BEFORE
遠隔地への拠点拡大で
通話コストの増大を懸念。
AFTER
「フレッツ・VPN ワイド 」※1の導入で社内の拠点間での通話を“内線化”。拠点間の通話料が無料に。 ※2

導入の概要

金型や超精密部品を設計・製作・販売する大垣精工株式会社様(本社:岐阜県)は、
長崎県や沖縄県への拠点拡大に伴い、通話コストの増大を懸念。
「フレッツ・VPN ワイド」 ※1の導入により、社内の拠点間通話の内線化を行い、拠点間の通話コストの無料化 ※2に成功した。

拠点間の通話料を無料化!<sup>※2</sup>

大垣精工株式会社

所在地
: 岐阜県大垣市浅西3丁目92-1
創業
: 1968年10月1日
従業員数
: 200名
事業内容
: 各種電機・電子機器用精密順送金型・超硬順送型・医療用機器・FB金型・ニューセラミックス金型の設計製作販売及び輸出精密治工具・超精密金型機械部品・排気ガス用ハニカム

「大垣精工株式会社」様のホームページはこちら

大垣精工様の本社

全国に8拠点を有する
大垣精工様の本社

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
フレッツ・VPN ワイドを利用した本社・各拠点間の通話以外には別途通話料がかかります。
※3
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。 詳しくは、[http://flets-w.com/service/]から各商品の留意事項をご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約・料金が必要です。
※4
【フレッツ・ADSLについて】
サービス提供エリアであっても、サービスがご利用いただけない場合がございます。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。
本サービスではPPPoEの通信プロトコルを使用しますので、お客様の使用するパソコンやルーターなどの機器がPPPoE機能をサポートしている必要があります。パソコン用のPPPoEソフトは、お申し込み後にお客さまへ無料で配布いたします。PPPoEソフトの設定方法については、お申し込み時に配布する設定マニュアルでご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

課題
災害時のリスクヘッジのため、県外へ工場を開設。
広域化した拠点間の通話コスト増大を懸念。

大垣精工様からのご要望

拠点間通話料の抑制。

背景・お客様のご要望

大垣精工様は、自動車から家電、ガス器具に至るさまざまな金型を幅広く設計・製作。中でも、ハードディスクの読み取り装置を構成する精密部品の製作では、世界に4社しかない高度な加工技術を有しており、その卓越した技術力で世界的な評価を得ている。

同社は1968年の設立以来、業容の拡大に伴って本社がある大垣市周辺に6つの工場の拠点を拡大してきた。さらに、2010年には長崎県、沖縄県にも工場を開設した。

伊富貴正専務取締役は、県外への拠点拡大の理由を「当社の顧客企業は国内はもとより世界各国に及んでおり、米国のある企業から『災害時の復旧プランを提示してほしい』との要請を受けた。そこで対策を検討した結果、復旧プランを立案するよりも遠隔地に工場を新たに開設し、リスクを分散した方がより安全性が高まると判断した。」と明かす。

その一方で、拠点を拡大したことにより、拠点間の通話コストが増大することが懸念されたため、 伊富貴専務は、それまでビジネスフォンの保守を担当していた地元の事業者を呼んで拠点間通話の内線について相談。
しかし、「『広域にわたる対応は難しい』と断られ対応に苦慮していたときに、西日本全域をカバーしており、継続的に訪問してくれていたNTT西日本の馬場さんに相談を持ちかけた。」と、経緯を語る。

各種電機・電子機器などさまざまな機械に使われる金型

各種電機・電子機器などさまざまな機械に使われる金型、精密部品の設計製作で世界的な評価を得ている大垣精工様

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

提案内容

「フレッツ・VPN ワイド」 ※1導入による社内の拠点間通話の内線化※2 フレッツ・VPN ワイド

「ひかり電話オフィスA(エース)」 ※3で外線の通話料を抑制 ひかり電話オフィスA

コードレス電話機・構内放送設備でスタッフ間の電話取次ぎ稼働を軽減 ビジネスシステム拡声装置 コードレス電話機 αNX

提案内容

お客さまのご要望に対して、NTT西日本は、「フレッツ・VPN ワイド」 ※1を利用した社内の拠点間の内線化による拠点間の通話料無料化 ※2を提案。
「フレッツ・VPN ワイド」は、「フレッツ 光ネクスト」(FTTHアクセスサービス)※4等 を利用し、複数拠点を接続することが可能なプライベートネットワークサービスであり、今回は、光サービスの提供エリアの拠点では「フレッツ 光ネクスト」を導入し、未提供エリアの拠点では「フレッツ・ADSL」(FTTHアクセスサービス) ※5を導入することで、各拠点を結ぶプライベートネットワークの構築を提案をした。

また、さらなる通話料削減案として、本社に「ひかり電話オフィスA(エース)」 ※3を導入し各工場からの外線発信を本社経由とする提案を行った。全国一律の通話料(音声通話のみの場合)で発信できることは、全国各地に得意先を抱える大垣精工様には、メリットが大きいと考えたためだ。

さらに、全社的な通信環境の見直しに合わせて、以前から問題となっていた工場スタッフの業務を効率化させる提案も行った。

今までは、工場内で作業をしているスタッフ宛てに電話がかかってきた場合、事務所で電話を取ったスタッフが工場内にいるスタッフを呼びに行き、呼ばれたスタッフは事務所まで戻らなければ電話に出られなかったため、電話の取り次ぎに時間と稼働がかかっていた。
この課題に対し、工場内に「Netcommunity SYSTEM αNX」と「ビジネスシステム拡声装置(スピーカー)」を利用した構内放送設備を導入。他拠点からも直接工場内に放送をかけられる仕組みを整備するとともに、工場内でも電話の発着信がすぐにできるように、コードレス電話を導入することを提案。

これらの提案を受けた大垣精工様からは、「広域にわたる拠点間通話を内線化したいという要望に対応してくれただけでなく、外線通話のコスト削減やスタッフの利便性向上まで考えてくれた提案には『さすがNTT西日本』と感心させられた。」と評価を受け、採用が決まった。

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
フレッツ・VPN ワイドを利用した本社・各拠点間の通話以外には別途通話料がかかります。
※3
ひかり電話オフィスA(エース)のご利用には、フレッツ 光ネクストまたはビジネスイーサ ワイドの契約・料金が必要です。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
停電時は利用できません。
ナンバー・ディスプレイ未対応電話機をご利用の際は、電話番号表示ができず、また通話できない場合等があります。
※4
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。 詳しくは、[http://flets-w.com/service/]から各商品の留意事項をご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約・料金が必要です。
※5
【フレッツ・ADSLについて】
サービス提供エリアであっても、サービスがご利用いただけない場合がございます。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。
本サービスではPPPoEの通信プロトコルを使用しますので、お客様の使用するパソコンやルーターなどの機器がPPPoE機能をサポートしている必要があります。パソコン用のPPPoEソフトは、お申し込み後にお客さまへ無料で配布いたします。PPPoEソフトの設定方法については、お申し込み時に配布する設定マニュアルでご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

導入の効果

岐阜−長崎−沖縄という広域で内線化を実現し、社内における拠点間通話料の無料化 ※2を実現。

遠距離の取引先等、社外への通話料削減も期待。

社内スタッフ間の電話の取り次ぎが円滑化。

導入効果

導入後の効果について、技術部の菱田衛部長代理は、
「導入して間もないのでまだ効果を測りきれていないが、今まで外線通話だった拠点間通話が内線化されたことで、通話料の削減効果が見込めるだろう。また、私たちは全国各地にお客様がいるので、「ひかり電話オフィスA(エース)」 ※3の導入により遠距離通話のコストも抑えられるのではないかと期待している。」と語る。

「さらに、デスクに戻らずともコードレス電話機や構内放送設備を利用して直接通話できるようになったので、電話取次の手間と時間を短縮でき業務の効率化につながっている。」と語る。

コードレス電話の導入により利便性が高まった

コードレス電話の導入により利便性が高まった

※お客さまの声であり、全ての方に共通する効果ではありません。

今後の展望

「全拠点を結ぶ『フレッツ・VPN ワイド』 ※1というインフラができたので、今後はテレビ会議システムの導入のほか、工場内にネットワークカメラを設置して、機械の故障箇所をリアルタイムで共有したり、技術指導を映像で行うことで理解度を深めたりするなど、ネットワークを活用した更なる業務の高度化、効率化を検討していきたい」と伊富貴専務は、今後の展望を語る。

『独創的な技術の開発も、すべて“人”中心の経営基盤から生まれる』という考えのもと、“人と人との結びつき”を強める通信基盤を整備した大垣精工様は、グローバルな事業展開をさらに加速させていく。

各拠点に構内放送設備も導入

各拠点に構内放送設備も導入。電話機から工場内のスピーカーを通じての告知も実現し、広域拠点間の情報共有もスムーズになった

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
フレッツ・VPN ワイドを利用した本社・各拠点間の通話以外には別途通話料がかかります。
※3
ひかり電話オフィスA(エース)のご利用には、フレッツ 光ネクストまたはビジネスイーサ ワイドの契約・料金が必要です。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
停電時は利用できません。
ナンバー・ディスプレイ未対応電話機をご利用の際は、電話番号表示ができず、また通話できない場合等があります。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

User's Voice

通信のプロならではのアドバイスや細やかな提案に期待したい

大垣精工株式会社 専務取締役 伊富貴正様

大垣精工株式会社 専務取締役
伊富貴正様

岐阜から長崎、沖縄という広域にもかかわらず、

一元的に対応していただき、大変助かりました。

 

また、事前に配線状況や電波状況などを

調査・確認していただいていたことで、

開通工事もスムーズにできました。

 

私たちは「こうしたい」「ああしたい」と

好き勝手に要望を出してしまいがちですが、

通信のプロとしての立場から、

「便利さの反面、こんな弱点もある」

という冷静な意見をいただけるとありがたいです。

 

これからも、それぞれの現場の状況に合わせた

細やかな対応をお願いしたいと思います。

CAから一言「拠点間通話を内線化したい」という要望をお持ちのお客さまに応えていきたい

大垣精工様のビジネスフォン設備は老朽化していたため、更改提案のタイミングをうかがっていたところ、長崎、沖縄への拠点拡大の相談をいただき、全社的な通信環境の見直しを提案させていただきました。

多拠点を持つお客様は、拠点間の通話の内線化に関心が高いので、今後もそれぞれのお客様の状況に合わせた最適な提案ができるよう努めていきます。

NTT西日本-東海 馬場CA

NTT西日本-東海 馬場CA

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

BEFORE 導入前のシステム構成
拠点間の通話は、加入電話を利用。広域にわたって存在する拠点間のやりとりが増えると通話料が膨大になることが懸念された。また工場内では近くに電話がないため取次ぎに時間がかかっていた。
導入前のシステム構成
AFTER 導入後のシステム構成
「フレッツ・VPN ワイド」 ※1で拠点間の通話を内線化。工場内にはコードレス電話と構内放送システムを導入し、拠点間の円滑な拠点間のコミュニケーションが実現した。
導入後のシステム構成

*いずれもインターネット接続サービス

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、Bフレッツ、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
ひかり電話オフィスA(エース)のご利用には、フレッツ 光ネクストまたはビジネスイーサ ワイドの契約・料金が必要です。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
停電時は利用できません。
ナンバー・ディスプレイ未対応電話機をご利用の際は、電話番号表示ができず、また通話できない場合等があります。
※3
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。 詳しくは、[http://flets-w.com/service/]から各商品の留意事項をご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約・料金が必要です。
※4
【フレッツ・ADSLについて】
サービス提供エリアであっても、サービスがご利用いただけない場合がございます。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。
本サービスではPPPoEの通信プロトコルを使用しますので、お客様の使用するパソコンやルーターなどの機器がPPPoE機能をサポートしている必要があります。パソコン用のPPPoEソフトは、お申し込み後にお客さまへ無料で配布いたします。PPPoEソフトの設定方法については、お申し込み時に配布する設定マニュアルでご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

審査16-2080-1

電話でのお問い合わせ
資料請求
お問い合わせ/コンサルティング希望