平成22年11月22日
お客様各位
西日本電信電話株式会社

αNX-LおよびαGXシリーズ用4chBRUにおける「ひかり電話オフィスA」対応について

対象商品

  • ●Netcommunity SYSTEM αNX TYPE-L 4BRU
  • ●Netcommunity SYSTEM αGX TYPE-S/M 4BRU
  • ●Netcommunity SYSTEM αGX TYPE-L 4BRU

対応内容

  • ●下記の商品において、ひかり電話オフィスA(エース)をご利用いただけるようになります。
回線 主装置種別(ファームウェアバージョン) 対象機器(ファームウェアバージョン)
ひかり電話オフィスA αNX type L (ver3.10) NXL-4BRU-<1> (ver1.0.0.1)
αGX type S (ver7.00) GXSM-4BRU-<1> (ver7.0.0.0)
αGX type M (ver7.00)
αGX type L (ver7.02) GXL-4BRU-<1> (ver4.0.0.0)
利用時には主装置・4BRUとも、最新のファームウェアへバージョンアップが必要です。

注意事項

  • ●利用可能ch数及び番号数の制限について
  • 「ひかり電話オフィスA(エース)」は最大100ch/300番号が利用可能なサービスですが、本対象機器においては、利用可能ch数および番号数に制限があります。
  • 主装置別の利用可能ch数および番号数については、下表にてご確認下さい。
主装置種別 利用可能ch数 利用可能番号数
αNX type L (NXL-4BRU)※ 最大23 ※ 最大40
αGX type S (GXSM-4BRU) 最大8
αGX type M (GXSM-4BRU) 最大12
αGX type L (GXL-4BRU) ※ 最大23 ※
1回線・4BRU1枚あたりの最大値です(システム容量の範囲内で複数回線・複数4BRU利用は可能)
電話でのお問い合わせ
資料請求
お問い合わせ/コンサルティング希望