FN-1000(情報機器)

FN-1000(情報機器)+データコネクト(データ通信)の組み合わせでオフィスの通信環境が変わる!

データコネクト(データ通信)はデータコネクト対応端末を利用し、ひかり電話サービス(アクセスライン:フレッツ 光ネクスト(FTTHアクセスサービス))契約者と帯域確保型のデータ通信が可能なサービスです。また、ひかり電話ナンバーゲートとのデータ通信ができます。
ご利用イメージ
ご利用のメリットご利用のメリットご利用のメリット

*1  送信される画像の読取解像度は、ご利用になる複合機のスキャン機能及びプリント機能に依存します。お客さまがご利用の複合機によっては、別途オプションが必要となる場合があります。

*2  ご利用にあたり、送信側・受信側ともに、「FN-1000(情報機器)」及び「フレッツ 光ネクスト(FTTHアクセスサービス)」「ひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)」のご契約が必要です。

*3  平成24年11月現在、ご利用いただけるNTT西日本のビジネス複合機については、販売担当者にお問い合わせください。機種によっては、別途、オプション品が必要となります。

*4  ご利用にあたり、送信側・受信側ともに、「FN-1000(情報機器)」及び「フレッツ 光ネクスト(FTTHアクセスサービス)」「ひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)」のご契約が必要です。

*5  データコネクト(データ通信)のご利用にあたってはデータコネクト通信料以外に次の月額利用料等が必要です。【月額利用料金例】1,100円(税抜)【ひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)月額利用料金】+5,400円(税抜)【フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ(FTTHアクセスサービス)の場合】※インターネットをご利用いただくには、「フレッツ 光(FTTHアクセスサービス)」に対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が別途必要です。別途、「ひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)」に対応したVoIP機器が必要です。月額基本料金には1チャネル、1電話番号が含まれます。

*6  本商品へのメールアドレスの設定が必要となります。

【データコネクト(データ通信)について】

● データコネクト(データ通信)を他のサービスと組み合わせてご利用いただく場合、サービスによってはご利用頂けない、もしくは一部機能が制約される場合があります。詳しくは[http://flets-w.com/solution/hikari_service/office-a/ryuuijikou/]にてご確認ください。

● NTT東日本エリアにてひかり電話ビジネスタイプ(IP電話サービス)からひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)に移行された一部の番号に対して、本機能を用いた接続はできません。

● テレビ電話の通話料、データコネクト(データ通信)の通信料はひかり電話サービスの音声通話料と異なります。

● データコネクト(データ通信)のご利用にあたっては、契約者及び相手方が、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」(いずれもFTTHアクセスサービス)のひかり電話サービスをご契約の上、各サービスに対応した情報機器等をご利用いただく必要があります。

● データコネクト(データ通信)と合わせて音声通話又はテレビ電話等を利用した場合には、同時に利用した通話・通信の帯域合計に対して、テレビ電話の料金で課金されます。

● データの送受信を行っている場合のみではなく、帯域を確保している間について課金されます。

【フレッツ光(FTTHアクセスサービス)について】

● サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。

こんな課題に!:CASE1こんな課題に!:CASE2
お問い合わせについて

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

審査16-2081-1

電話でのお問い合わせ
資料請求
お問い合わせ/コンサルティング希望