Biz Boxルータ 「RTX810」

ソフトウェア(ファームウェア)
Rev.11.01.28 (2017/01/16)

ご覧になりたい項目をクリックしてください。詳細をご案内いたします。

機能追加・修正内容

ソフトウェア(ファームウェア) Rev.11.01.28

■主な機能追加
  • セレクトアイテムのスイッチ「SWX2300」及び無線AP「WLX202」に対応した。
  • FQDN Filter機能に対応した。
  • BGPコネクション確立時、TCP MD5認証での事前共有鍵が一致した場合のみ確立するよう設定が可能となった。
  • NGN 網を介したリナンバリング発生時にLANインターフェースを一時的にリンクダウンするか否かを設定するコマンドを追加した。
  • IKEv2で、CHILD SAの作成方法を変更できるようにした。

■主な仕様変更
  • データコネクト拠点間接続で設定するトンネルインターフェースの帯域幅の設定を細かく設定できるように変更した。
  • NGNのリナンバリングで、デフォルトでは出力されないDEBUGのSYSLOGに出力されていたログをINFOレベルのSYSLOGに出力するようにした。
  • かんたん設定ページのヘルプの[全般]-[その他]-[切断コード表]への切断コードについての説明文を追記した。
  • 公表されているOpenSSLの脆弱性対応を行った。
  • PPTPで接続処理が始動するとき、メモリーリークが発生する場合がある問題を修正した。

※機能追加・修正内容等、詳細については、ファームウェアリリースノートをご覧ください。

ご注意

  • あらかじめ、バージョンアップ作業の前に設定内容を保存してから、バージョンアップを行ってください。
  • バージョンアップ中は電源の切断、再起動を行わないでください。設定ファイルなどの重要なファイルが失われる場合があります。

バージョンアップ手順

ファームウェアの更新の手順については、バージョンアップ手順書をご覧ください。

ダウンロードファイル

バージョンアップ履歴

  • ソフトウェア(ファームウェア) Rev.11.01.25(2016/03/17)
    ■主な機能追加
    • スイッチ制御機能で、SWX2100に対応
    • モバイルインターネット機能で、以下のデータ通信端末に対応
      ・au Speed USB STICK U01 (モデムモード)
      ・docomo L-03F
      ・FUJISOFT FS020U
      ・NTTコム MF112A
      ・NTTコム UX302NC Ver.1.0.5以降
    • BGP経路強制広告機能に対応
    • かんたん設定ページの[スイッチ制御]‐[スイッチ機器のポート共通設定]でループ検出時にポートを自動シャットダウンして手動で解除する設定項目を追加
    • 無線APやスイッチの設定内容を表示するコマンドを追加
    • STATUS LEDの点灯の原因となっているインターフェイスを参照するためのコマンドを追加

    ■主な改善
    • ONFSミラーリング機能におけるSSLを使用して通信を暗号化強度の修正
    • interface resetコマンドのパラメーターにUSBとSDを追加
    • 多段接続を行い6台のPSTN回線からの発/着信を過剰に行った時に稀にリブートすることがある事象を改善
    • PPTPで、接続処理が始動するときにメモリリークが発生する事象を改善
    • クリックジャッキング対策機能の向上
お問い合わせについて

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

Get ADOBE READERPDF形式の文章をご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
AdobeR AcrobatR Readerをお持ちでない型は、上のバナーをクリックしてダウンロードしてください(無償)。
電話でのお問い合わせ
資料請求
お問い合わせ/コンサルティング希望