ネットのいろは

第17回のお困りごとは...パソコンにこんなメッセージが表示されたらどうしたらいいの?

問:「パソコンの性能が低下しています」というメッセージが表示されました。

解:このメッセージはWebサイト上に表示されている広告です。

パソコンにエラーが発生しているかのように見せかけて不安をあおり、ソフトウェアのインストールを促す広告です。

広告をクリックしてもエラーの修復は開始されず、無償版ソフトウェアのダウンロードページが表示されることがほとんどです。

あわててソフトウェアをインストールしたり、個人情報を入力しないよう注意してください。

【ネットの知恵袋関連記事】
「パソコンの性能が低下しています」といったメッセージが表示されたときの対策 詳細はこちら≫

問:「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます」というメッセージが表示されました。

解:不要なアドオンを無効にしましょう。

アドオンが多数インストールされているとInternet Explorerの動作が遅くなり、Webサイトの表示に時間がかかる場合があります。

Internet Explorerのバージョン9以降ではInternet Exploreの動作に影響するアドオンがインストールされている場合、画面下部にこのメッセージが表示されるようになりました。

このメッセージの[アドオンの選択]をクリックし、表示されたアドオンから[無効にする]をクリックすると無効にできます。

ただし、動画やPDFを表示するためのアドオンを無効にすると動画やPDFの表示に問題が生じることがありますので、動画を再生するためのアドオンが[アドオンの選択]に表示されている場合は、[有効]にしたままにしてください。

詳しい設定方法はこちら≫

問:「Webページの有効期限が切れています」というメッセージが表示されました。

解:キーボードの「F5」キーを押すと元のページに戻ります。

ショッピングサイトや会員制のWebサイトなどで入力フォームから情報を送信するページを開いているときにWebブラウザーの前のページに戻る操作を行なうと「Webページの有効期限が切れています」と表示されることがあります。

入力された情報を自動的に再送信しないよう、大切な情報を保護するセキュリティー機能が働いていると、このようなメッセージが表示されます。キーボードの「F5」キーを押すと、再読み込みをして元のページに戻ることができます。

詳しい設定方法はこちら≫

インターネットのお困りごとをお聞かせください!「日本語が入力できなくなってしまった」「無線の電波が途切れてしまう・・・」など、次回のテーマの参考にさせていただきます。

 


    ※多くお寄せいただいたご質問は次回のテーマの参考とさせていただきます。ご投稿いただいた内容への個別の回答は致しかねますのでご了承ください。

審査 17-2114-1

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。