ネットの知恵袋

2014.7.18更新

Q. メールの宛先入力欄の「CC」「BCC」って何ですか?

Q. メールの宛先入力欄の「CC」「BCC」って何ですか?

メールを作成する時、宛先の選択する画面に「CC」「BCC」も入力できるようになっていますが、「CC」「BCC」とは何ですか?


A. 「CC」「BCC」は同じメールを複数の相手に送信するための機能です

「CC」はカーボンコピー、「BCC」はブラインドカーボンコピーの略です。いずれも同じメールを複数の送信先に送るときに使います。 「CC」は送信したことを知られてもOKな相手、「BCC」は送信したことを知られたくない相手を入力します。
ここでは、同窓会のお知らせメールを例に「CC」と「BCC」の違いをご紹介しますので、参考にしてくださいね。



Aさんに同窓会のお知らせをメールで送ります。

その場合、宛先にはAさんのメールアドレスが入りますよね。でも、欠席の連絡をくれたBさんにも参考までに念のため送っておきたい。

そんな時はBさんのメールアドレスを「CC」に入れます。 この場合、相手方の受信メールでは、AさんにもBさんにも、2人に送ったとわかるように表示され、Aさんには自分宛てのメールであることがBさんには欠席だけど一応知らせてくれたんだな、ということがわかります。

そして、Cさんにも知らせておきたいけど「Cさんへメールを送ったことをAさんとBさんには 知られたくない.」といった場合、「BCC」にCさんのメールアドレスを入れます。この時、AさんとBさんの受信メールにはCさんのメールアドレスは表示されません。 「BCC」で受信したCさんのメールにはAさんとBさんのメールアドレスが表示されます。

それぞれの意味と使い方を覚えて、メールを活用してださいね。


記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。