チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2022.09.30

【スマート家電のある暮らし#1】子育て一家の「家族との時間を増やす」スマート家電

メインビジュアル

インターネットにつなげることで、遠隔で操作できたり通常の家電にはない様々な機能が付加されたりとメリットだらけのスマート家電(IoT家電)。今や各メーカーから様々な機種が発売され、家電を買う際には必ずといっていいほど比較対象に上がってきます。
一方で、果たして本当に便利なのか、実際に使ってみないと分からない部分が多々あり、導入を迷っている方もいらっしゃるのではないしょうか。

今回は実際にスマート家電を導入されている一般のお宅を訪問!実際のところどうなのか、正直なところのお話を伺います。
お話を伺ったのは、Hさんご一家。ご夫婦は共に30代前半、子どもは1歳2か月です。

ご家族の様子

Hさん一家のスマート家電一覧

――本日はよろしくお願いいたします。まずどのようなスマート家電(IoT家電)を導入してらっしゃいますか...?

アイコン男性

はい、大きくは4点です。
・ロボット掃除機の「ルンバ」(iRobot)
・スマホで指定したレシピで調理してくれる電気調理鍋「ホットクック」(SHARP)
・明るさや色温度をスマホで操作できるリビング照明「+Style LED電球」(+Style)
・音声で操作できるスマートスピーカー「Echo Dot」(Amazon)

IoT家電
アイコン女性

キッチン、リビングを中心に、照明から掃除用具、調理家電まで気づいたらいろんな機種を導入していました!

――なるほど、調理家電から照明までオールジャンルといった感じですね。なぜスマート家電を導入しようと思われたのでしょうか...?

アイコン女性

きっかけは家を購入したことと、あと一番は子どもが生まれたことですね。家が新しくなり、家電も新調しようという話になったとき、私たちは共働きなので、家事の時間を削減できて、なるべく一緒に過ごせる時間を増やしたいと思い、loT家電を選びました。

アイコン笑う男性

僕も妻も結構新しい物好きなんですよ(笑)。友人たちからもloT家電にして生活が便利になったという話を聞いていたので、せっかくならこれまで使っていない家電を試してみようと思いました。最初に購入したのが「Echo Dot」だったかな。

EchoDot
アイコン笑う女性

そうそう。購入した当初は「本当に便利になるのかな?」と半信半疑でしたが、使ってみると本当に便利で驚きました!例えば、仕事帰りに買い物をして、重い荷物で両手がふさがっているときでも、「アレクサ、照明をつけて」と呼びかけるだけで、リビングの灯りなどがパッと点くんですよ。

アイコン男性

アレクサを使えばTVも点けられるし、音楽もかけられますからね。特に子どもをあやしたり、遊ばせたりするときに「アレクサ、アンパンマンの曲をかけて」と呼びかけるだけですぐに音楽が流れるので、子どもも喜んでいます。

アイコン女性

その後に導入したルンバも大正解でした。共働きだとどうしても掃除がまめにできないじゃないですか。これまで掃除は週末にまとめてやっていたんですが、毎日ルンバがキレイな状態にしてくれているので、週末の掃除が時短でき、今は家族でゆっくり過ごす時間が増えています。

ルンバ

それぞれの家電の使い勝手は如何に...!

――では実際のところ使い勝手はいかがでしょうか?まずはロボット掃除機のルンバから教えてください!

アイコン男性

これまでは①ゴミを見つけて、②掃除機を引っ張り出して吸い、③元の場所に片付ける、という作業でしたが、ルンバを導入したら、全て勝手にやってくれるので、ゴミをあまり見なくなった気がします。以前は仕事をして疲れて家に帰ると、ホコリを目にしたり......。それってやっぱり気分がいいもんじゃなくて、そんな些細なことが原因で夫婦喧嘩になることもありました(笑)。

アイコン女性

せっかくのマイホームだから綺麗を保ちたい!ってね。お互い仕事が忙しいから、掃除が行き届かないことにストレスを感じていたんですが、ルンバで一気に解消されたという感じです。あと、便利なのが外出先からでも操作ができること。通勤途中の電車からでも特に汚いと思った箇所をアプリで指示※できるのがいいですね。
※非対応機種あり

アイコン男性

以前は1階から2階へと掃除機を持って上がったり下がったりするのが地味にキツかったのが、今は1階が掃除機、2階はルンバの担当、と決めたことで、掃除がかなりラクになりました。しかも、ルンバは毎日使ってもゴミが吸い上げ式なのでほったらかしでいいんですよ。手がかからないので家事の負担が格段に減りました。

やることリストのイメージ

――続いて自動で調理してくれる電気調理鍋「ホットクック」はいかがでしょうか?

アイコン女性

今まさに離乳食の真っ最中なので大活躍しています。ニンジンやカボチャを煮るときは焦げ付いたり、思うような柔らかさにならなかったりと苦労しますが、ホットクックを使えばちょうどいい感じに仕上がるんです。しかも材料を入れてスタートボタンを押すだけであとはホットクックにお任せなので、調理している間も子どものそばにいられるので安心です。

ホットクックと離乳食
アイコン男性

以前と比べて、メイン以外に肉じゃがや豚の角煮といった料理が登場したりと、おかずの種類も増えて食卓が豊かになったのがうれしいですね。あれ、ホットクックで作ってるんでしょ?

アイコン笑う女性

そうそう!ホットクックだと、かきまぜや火加減がすべて自動で手間なしだからね。料理を丸投げできるのが、こんなにもラクになるとは思ってみませんでした。最近では料理を作らなかった夫もホットクックがきてから料理に前向きになったんですよ!

アイコン笑う男性

材料と調味料を入れてボタンを押すだけで、プロ並みの料理ができるので自信がついたというか...。料理は難しいというイメージがあったんですが、ちょっと理科の実験に近い感覚で料理ができるから、案外楽しいんですよ。

ホットクック

――そのほか「+Style LED電球」「Echo Dot」はいかがでしょうか?

アイコン女性

「+Style LED電球」は私がぜひ導入したかった家電なんです。照明の色味や明るさをスマホで操作できるから、本を読みたいときは文字が見やすい昼白色、食事やリラックスタイムは自然な色合いの電球色、そして映画を観るときはフルカラーの色味でと、シチュエーションに合わせて照度が変えられるところが魅力でした。

+style
アイコン男性

子どもを寝かしつけた後は照明を少し暗くして、夫婦で映画鑑賞を楽しんだり、時には居酒屋ごっこをすることも。いつものリビングが照明一つでガラリと雰囲気が変わりますから、仕事と家庭とのオンオフの切り替えにもぴったりなんです。

スマホからの操作
アイコン女性

「Echo Dot」とも連携しているので、帰宅後は「アレクサ、電気をつけて」と呼びかけるだけ。荷物を持っていても子どもを抱っこしていても、すぐに灯りが点くのでノンストレスです。あと、夜の帰りが遅くなるときは外出先から電気が点くようにスマホから設定できるので、セキュリティー対策も万全です。

スマート家電のある暮らしが「家族との時間」を増やした...!

――本日はありがとうございました。改めて結論、スマート家電を導入してみていかがでしたか?

アイコン男性

通常の家電に比べて若干費用が上がるので、導入時には迷いましたが、家電がインターネットにつながることで、使い方の幅が増え、結果的に家族との時間が増えました。また光回線のインターネット環境を整えていたので、スマート家電が常にインターネットにつながっているため外出先からの操作もでき、スマート家電を取り入れたメリットをしっかり感じられました。

アイコン女性

想像以上に快適なので、導入して本当によかったです。スマート家電を上手に使うと生活がこんなにラクになるのかと実感しています。特に私たちみたいな時間に余裕があまりない夫婦や子どもがいる家庭にはぴったりだと思います。

――インターネットにつなぐ作業など、あまり詳しくない人は敬遠してしまうこともあるかと思います。導入する際は、インターネットとの接続設定など、大変ではなかったですか?

アイコン笑う男性

基本的にアプリの案内に沿って行えば、誰でもできるよう設定されているので、難しいところは特になかったですね。

アイコン笑う女性

むしろ、各社そのあたりは考えられており、導入手順などは丁寧にサポートがある感じでした。

――本日はありがとうございました!

スマート家電のある暮らし、今回は小さなお子様のいるご家庭でしたがいかがだったでしょうか。実感として家族との時間が増えているとのことで、もし同じようなお悩みを抱えている方は導入してみても良いのではないでしょうか。

インターネットはNTT西日本のフレッツ光がおすすめ!

スマート家電(IoT家電)の機能を最大限引き出すためにも、自宅のインターネット環境を整えることが大切です※1。光通信の固定回線なら、家の中が常にインターネットにつながった状態※2を保てるので、外出先からスマホで家電を操作することが可能に。
NTT西日本の提供する光回線は、西日本エリアご契約数No.1※3のインターネット光回線。開通時やご利用中のお困りごとも専門スタッフが丁寧に対応するサポートも充実!※2インターネットを導入される際は、是非ご検討ください。

※1 利用環境等により、電波が届かない場合があります。
※2 インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。
※3 2022年3月末時点の西日本エリア(北陸・東海・関西・中国・四国・九州)におけるFTTH契約数シェア(2022年6月17日総務省報道発表資料「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(令和3年度第4四半期(3月末))」に基づく(光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービス(コラボ光)を含む))。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

チエネッタ編集部

チエネッタ編集部

インターネットを楽しく・便利に使うための情報を発信しています。Wi-Fiを使った節約術や、パソコンの便利な操作方法など、暮らしに役立つ「チエ」と、会話を盛り上げる「ネタ」をお届けします。
運営会社:NTT西日本

審査22-690-1

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査22-606-1