チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2022.11.17

賃貸アパート・マンションへ光回線を導入したい! 手順や確認すべきポイントまとめ

賃貸のアパート・マンション

光回線を賃貸のアパートやマンションに導入するには、事前に確認すべきことがいくつかあります。本記事では、その確認方法や、導入手順を解説。賃貸のアパートやマンションにおすすめの光回線もご紹介します。

賃貸物件における光回線のパターン

賃貸のアパートやマンションの対応状況は3パターンに分けられます。それぞれの呼び名は、事業者や物件によって異なることもあるので注意しましょう。

≪光回線未対応≫

アパートやマンションに光回線がまったく導入されていないパターンです。この場合、物件の共有部に光回線を引き込むか、戸建て用の光回線を自宅に引き込むといった工事が必要になります。

≪光回線対応≫

アパートやマンションの共用部までは光回線の配線が完了しているパターンです。この場合、光回線を自宅の部屋まで引き込めば、使用できるようになります。なお、光回線を自宅の部屋に配線するには、一般的に1時間ほど自宅での工事が必要です。

≪光回線導入済み≫

光回線が部屋まで配線されているパターンです。この場合、自宅での工事は不要である場合が多く、事業者への申し込みや、自身でルーターなどを用意するだけで光回線を利用できます。工事が必要かどうかは光回線の事業者に確認が必要となる場合が一般的です。

アパート(マンション)の光回線の確認方法

スマホで問い合わせる様子

住んでいるアパートやマンションが上記3パターンのどれに該当するのか、光回線を導入する前に確認するようにしましょう。アパートやマンションの光回線の確認方法は下記の通りです。

・大家さんや管理会社に問い合わせる。
・契約したい光回線事業者のホームページで確認する。

ただ、大家さんや管理会社が光回線の対応状況を把握していないケースもあるため、契約したい光回線事業者のホームページで検索したほうが結果的に早いかもしれません。各社が提供する光回線の公式ホームページで郵便番号や住所を入力すれば、アパートやマンションにどの光回線が導入されているかがわかります。

また、不動産の契約時に不動産屋経由で確認することもできますので、これから物件を探す際は光回線の対応状況を聞いてみるようにすると良いでしょう。

アパート(マンション)に光回線を導入する手順

HOW TO

では、ここからはアパートやマンションに光回線を導入する手順を見ていきましょう。「光回線未対応」・「光回線対応」の場合を想定して解説します。

≪大家さん・管理会社の許可を得る≫

まずは、大家さん・管理会社から許可を得ることが必須。なぜなら、一般的に光回線の導入には工事が伴うからです。なお、「光回線未対応」の場合は、アパートやマンションであっても「戸建て向けの光回線」での契約になることが多いです。また、物件によって工事ができる時間帯などの制約条件が異なります。合わせて大家さんや管理会社に確認するようにしてください。

≪回線事業者・プロバイダーと契約する≫

大家さん・管理会社から許可が降りたら、光回線事業者とプロバイダーへ契約の申し込みをしましょう。光回線を導入するには、電話かインターネットで申し込むのが一般的です。ただ、「光回線未対応」の場合はアパートやマンションの立地や、建物の構造などの条件によって、光回線の引き込みが難しいと判断されることもあります。

≪工事の日程を決める≫

光回線事業者への申し込みが完了すると、工事の日程調整に進みます。光回線事業者から工事日程に関する連絡があるので、立ち会える日を指定して工事日を決定してください。また、自宅で工事が不要な場合は、事業者から案内があるので確認しておきましょう。

通常、光回線事業への申し込みから工事日を決め、開通して利用できるようになるまでは2週間〜1か月ほどかかります。「光回線対応」の場合は、共用部から部屋に回線を引き込む宅内工事だけで済むため、2週間程度で完了することもあります。

≪工事・設置≫

自宅に光回線を引き込む宅内工事が施され、光コンセントを設置します。

その後、作業員が契約内容に合わせてONU(終端装置)やホームゲートウェイなどを設置・設定。あとは自身でWi-Fiルーターやパソコンを接続し、設定が終われば光回線を利用できるようになります。

賃貸アパート(マンション)におすすめの光回線

快適なインターネットのイメージ

最後に、賃貸アパートやマンションにおすすめの光回線をご紹介します。

賃貸アパートやマンションにおすすめしたいのは、NTT西日本が提供する「フレッツ光」※1。実績と歴史に裏付けされた高速・安定・高品質を追求した光回線です。マンションタイプだけでなく、ファミリータイプもあるので、光回線未対応物件でも個別に申し込むことができます。そのうえ、サービスが充実。「フレッツ光」なら、自分に合ったプランを選択でき、快適なインターネットライフがかないます。
※1インターネット利用にはプロバイダーとの契約・料金が必要です。

賃貸アパートやマンションで光回線を利用するには、まずは確認を!

賃貸アパートやマンションで光回線を利用したいのなら、トラブルを防ぐためにも光回線の対応状況を第一に確認しましょう。対応状況を確認したうえで、今回ご紹介した手順で光回線を導入するようにしてください。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

チエネッタ編集部

チエネッタ編集部

インターネットを楽しく・便利に使うための情報を発信しています。Wi-Fiを使った節約術や、パソコンの便利な操作方法など、暮らしに役立つ「チエ」と、会話を盛り上げる「ネタ」をお届けします。
運営会社:NTT西日本

審査22-690-1

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査22-533-1