ご利用までの流れ

フレッツ・テレビ

お申し込みからご視聴開始まで

ステップ1 お申し込み

インターネットからお申し込みいただけます。

サービス提供エリアをご確認の上お申し込みください。
テレビ接続工事に関する取引条件についてはこちらをご参照ください。

まだフレッツ光(FTTHアクセスサービス)に加入していない方(フレッツ光との同時お申し込み)

すでにフレッツ光(FTTHアクセスサービス)に加入している方(フレッツ・テレビのみのお申し込み)

ステップ2 工事日の決定

NTT西日本より、お申し込み内容を確認し、工事日を電話・メール等でお知らせします。

ステップ3 ご利用案内などの送付

 ・

NTT西日本から「開通案内」などをお送りします。

 ・

スカパーJSAT(株)より、フレッツ・テレビの「ご利用案内」などをお送りします。

ステップ4 回線工事

NTT西日本がお客さま宅にてフレッツ光およびフレッツ・テレビの回線工事を実施します。

ステップ5 テレビ接続工事

お客さまがご自身で手配される場合

 

お客さまご自身による接続工事となります。

※接続図をご覧ください。

接続図 単独配線工事(標準工事):テレビ1台のみ
接続図 共調設備接続工事(ホーム共聴工事):テレビ複数台

<参考>フレッツ・テレビに接続するテレビ関連宅内機器の仕様について
宅内で使用する機器は、以下の仕様を満たすものを使用してください。

テレビ端子
  • ・ 伝送帯域70〜2150MHz対応の接続F座タイプを使用してください。
  • ・ 挟み込みタイプは、ノイズの飛び込みや信号漏洩を引き起こす原因となりますので、使用しないで下さい。
  • ・ 妨害電波や飛び込みノイズに強い高シールド型テレビターミナルを使用してください。
同軸ケーブル
  • ・ テレビ端子への接続やテレビ周辺機器の接続に用いる場合の同軸コードは、4C-FB(テレビ信号伝送用発砲ポリエチレン絶縁ビニルシース同軸ケーブル)或いは、S-4C-FB(衛星放送受信用発砲ポリエチレン絶縁ビニルシース同軸ケーブル)以上に適合しているものを使用してください。
分岐・分配器
  • ・ 空端子には、ダミー抵抗器(終端抵抗器)を取り付けてください。
  • ・ 伝送帯域70〜2150MHzに対応のものを使用してください。
ブースター
  • ・ 伝送帯域70〜2150MHz対応で且つ利得が25db以上のものを使用してください。

工事を依頼される場合

 

テレビ接続工事にお伺いします。

工事の手順は以下のとおりです。

  1. テレビ設備確認
    テレビの設置場所等、設備の確認を行い、工事内容を検討します。
  2. 工事内容ご説明
    確認結果をふまえ工事内容をご説明します。
  3. ご承諾
    工事内容をご理解いただけましたら、工事事前承諾書にサインをお願いします。
  4. 工事実施
    接続するテレビで地デジ等の放送が受信できるよう工事を行います。
    テレビ、録画機の設定と視聴確認を行います。
  5. 工事完了報告
    正常に視聴できることを確認後、工事完了のご報告をします。
    ご確認のうえ、工事完了確認書にサインをお願いします。
  6. 清掃・退出
    これで工事は完了です。

ステップ6 視聴開始です!

フレッツ・テレビの詳しい情報をチェック!

フレッツ・テレビを始めよう!

フレッツ・テレビを始めよう!

さあ、あなたもTVに光をつなごう!

オプションでスカパー!を1チャンネルから楽しめる!

オプションでスカパーを1チャンネルから楽しめる!

フレッツ・テレビで気軽にスカパーを楽しむ!

月額費用

月額費用

フレッツ・テレビの気になる月額費用をさっそくチェック!

初期費用

初期費用

初期費用はお客さまの設備状況により異なります。テレビ接続工事費シミュレーションもご利用できます。

サービス提供エリア

サービス提供エリア

フレッツ・テレビのサービス提供エリアはこちらから。

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

ご利用開始までの流れをカンタンにご紹介

お問い合わせ

お問い合わせ

サービスに関するお問い合わせはこちらから

各種ダウンロード

各種ダウンロード

利用規約や技術参考資料をダウンロードできます。

審査16-1061-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら