ネットの知恵袋

2015.1.9更新

Q. 無線の電波が届きにくい

Q. 無線の電波が届きにくい

無線LANを利用しているのですが、インターネットにつながりにくい部屋があります。なぜでしょうか?


A. 主な原因として家電による電波干渉や無線LAN親機との距離が遠いことなどが考えられます


無線LANの電波はコードレス電話機やFAX、電子レンジなどの一部の家電と同じ周波数を使用することが多いため、電波干渉を受けてインターネットにつながりにくくなることがあります。家電の電波の影響でインターネットにつながりにくいときは、無線LANの電波の周波数を変更すると、通信状態が改善できる場合がありますよ。周波数を変更する方法はチャンネル変更とも呼ばれていて、無線LAN親機によって変更方法は違います。変更方法がわからない場合は、使っている無線LAN親機の取扱説明書を確認するか、メーカーに相談してくださいね。


また、無線LAN親機と無線LANに接続する端末(パソコンやスマートフォンなど)の距離が遠いと、インターネットにつながりにくい原因になることがあります。無線LAN親機の設置場所を変えることで通信状態が改善することがありますが、どうしても設置場所を変えられない場合は、「無線LAN中継器」を設置する方法があります。無線LAN中継器は、無線LAN親機と電波が届きにくい場所の中間点に設置することで、電波を届きやすくする機器です。
無線LAN中継器は家電量販店などの販売店で購入できますが、無線LAN親機と同じメーカーでのみ動作の確認ができているものや、どのメーカーの無線LAN親機でも使用できるものがあります。
無線の電波は壁の素材や建物の構造上つながりにくいこともあるため、販売員の方に自宅の利用環境を伝えて適切な機器を見つけてくださいね。


記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。