オフィス改革!通信環境のコストダウンと利便性・拡張性を向上 導入事例トップへ

導入事例集

「フレッツ・VPN ワイド」※1を活用した拠点を結んでのテレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を円滑化。加えて、新規施設の開設時にスムーズに見守り用カメラの運用を開始できる環境を整備。

社会福祉法人 ひまわりの会様(岡山県倉敷市)

業種 医療・福祉 規模 50〜300名程度 課題 コスト削減
ネットワーク最適化
  • 導入サービス

    ※「フレッツ・グループ」は、平成29年11月30日をもってサービスの提供を終了いたしました。

BEFORE
テレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を行う拠点間の回線の通信速度が遅く、コミュニケーションや作業に支障をきたすことがあった。また、本部・地域支援センターとグループホームをネットワークでつなぎ、見守り用カメラの運用をしていたが、今後見込まれる新規施設の開設の際にもスムーズに対応できる環境づくりが必要だった。
AFTER
「フレッツ・VPN ワイド」※1で、テレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を行っている一部の拠点のADSL回線を、「フレッツ 光ネクスト」※2に更改し、通信環境を改善。また、本部・地域支援センターとグループホームをつないでいるもう一つのネットワークを、「フレッツ・グループ」から「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改し、新規施設を開設する際にも見守り用カメラの運用をすぐに開始できる環境を実現。

導入の概要

障がいを持った人の主体性を尊重し、質の高い支援サービスを提供する社会福祉法人 ひまわりの会様(岡山県倉敷市)。さまざまなサービスを展開する同会では、拠点間のテレビ会議での情報共有やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業をよりスムーズにするため、以前から本部と拠点を「フレッツ・VPN ワイド」※1で接続していた。しかし、一部の拠点でテレビ会議の映像が中断したり、サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力に時間が掛かったりして業務が滞ることが問題になっていたため、接続していた一部の拠点のADSL回線を「フレッツ 光ネクスト」※2に更改し、通信速度の問題を改善。また、グループホームに導入している見守り用カメラについても、今後の新規施設の開設に対応できるネットワーク環境の整備を検討していたため、本部とグループホームをつなぐ、カメラ運用のためのネットワークを「フレッツ・グループ」から「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改することで、スムーズに対応できる体制を整えた。

導入の概要図

社会福祉法人 ひまわりの会様

所在地
:岡山県倉敷市福田町福田2122-1
設立
:1979年1月17日
従業員数
:220名
事業内容
:障がい者の施設入所支援、就労支援、就労移行支援、自立訓練、生活介護、児童発達支援、一体型指定共同生活介護などの障がい者福祉事業
ひまわりの会様の本部外観

ひまわりの会様の本部外観

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、利用できない場合があります。
エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

課題
拠点間の連携を密にするために毎日行っているテレビ会議や、サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を行う拠点間の回線の通信速度が遅く、情報共有や事務作業が滞っていた。
グループホームに設置している見守り用カメラの運用について、将来的な新規施設の開設にもすぐに対応できるネットワーク環境の整備が必要だった。

ひまわりの会様からのご要望

拠点間のテレビ会議をスムーズにするとともに、サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を円滑に進められるようにして、情報共有・事務作業に掛かる時間を短縮したい。

今後のグループホームの拡大を見据え、新規施設開設時にも見守り用カメラの利用をスムーズに開始できるネットワーク環境を整えておきたい。

背景・お客さまのご要望

障がいを持った人が、生涯にわたり地域であたりまえの暮らしができるようにサポートする社会福祉法人 ひまわりの会様は、日常生活の支援や、就労支援、デイサービス、グループホーム運営などの事業を通じ、さまざまな障がい者支援事業を展開している。特に、それらの支援事業の一つであるグループホーム運営は、障がいを持った人が5〜6人で自立した生活を送る環境を提供するものであり、現在、21のグループホームが市内の各地に点在している。

こうしたさまざまな事業を、本部と各拠点で協力して運営するため、ひまわりの会様では、2年前から、本部と拠点を「フレッツ・VPN ワイド」※1で接続。拠点間の情報共有にテレビ会議システムを利用し、日々の業務記録の入力・更新は全拠点のパソコンから行えるサーバーの共有ファイルを活用していた。

しかし、拠点の一つがADSL回線を使用していたため、テレビ会議の映像が途中で途切れたり、サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業に時間が掛かったりする事態が頻発。業務が滞り、システムを管理する職員がその都度対応に追われ、稼働が掛かっていた。

また、市内に21ヶ所あるグループホームに、見守り用カメラを設置し、夜間に本部や一部の拠点で状況確認ができるよう、グループホームと本部を「フレッツ・グループ」で接続していたが、今後予想されるグループホームの拡大を見据え、新規施設を開設する際にもスムーズに対応できるような拡張性が高く、セキュアなネットワーク環境を整備する必要性を感じていた。

そこで、通信環境の改善と今後への備えについて、以前から付き合いのあったNTT西日本の担当者に相談を持ちかけた。

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

提案内容

「フレッツ・VPN ワイド」※1でテレビ会議やサーバーでのファイル共有を行っている拠点の一部でADSL回線を利用していた拠点に「フレッツ 光ネクスト」※2を導入することで、通信速度の問題を改善 フレッツ 光ネクスト

今後のグループホーム拡大にも、スムーズに見守り用カメラを運用するため、ネットワークを、「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改 フレッツ・VPN ワイド

提案内容

ひまわりの会様からの相談を受けたNTT西日本の営業担当者は、まず、「フレッツ・VPN ワイド」※1で、テレビ会議やサーバーでのファイル共有を行っている拠点のうち、ADSL回線を使用している拠点を「フレッツ 光ネクスト」※2に更改することで、インターネットの通信速度を改善させるよう提案。

さらに、今後も予想されるグループホームの新規施設の開設に備え、本部とグループホームをつなぐ、見守り用カメラ運用のための「フレッツ・グループ」を、拡張性の高い「フレッツ・VPN ワイド」※1への更改を提案した。

提案を受けたひまわりの会の久本事務長は、コスト面の負担を増やさず、テレビ会議やサーバーの共有ファイルで業務記録作業をスムーズに行える提案を評価し、ADSL回線から「フレッツ 光ネクスト」※2への更改を決定した。

一方、グループホームと本部をつなぐ、見守り用カメラ運用のための「フレッツ・グループ」についても、今後のグループホームの拡充に備え、セキュアで拡張性の高い「フレッツ・VPN ワイド」※1の導入を決めた。

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、利用できない場合があります。
エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

導入の効果

「フレッツ・VPN ワイド」※1で接続している拠点の一部でADSL回線を利用していた拠点を「フレッツ 光ネクスト」※2に更改したことで、通信環境が改善し、拠点間のテレビ会議や、サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を円滑に行えるようになった

本部とグループホームをつなぐ、見守り用カメラを運用するネットワークを、拡張性の高い「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改し、新規施設の開設時もスムーズに見守り用カメラの運用を開始できる体制が実現

導入効果

これまで、「フレッツ・VPN ワイド」※1でテレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を行っている拠点の一部でADSL回線を利用していたため、その拠点では、テレビ会議の際に映像が途切れたり、サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業をする際に時間が掛かったりしていたが、「フレッツ 光ネクスト」※2へ更改したことで、通信環境を改善。情報共有や事務作業が円滑に行えるようになったことで、業務効率化を実現した。

さらに、グループホーム拡大に向けて、拡張性を備えた通信環境を整備するべく、本部とグループホームをつなぐ「フレッツ・グループ」を「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改したことで、新規に開設した施設での見守り用カメラの設置・運用にもすぐに対応することができた。

久本事務長は、今回の提案について、「テレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業がよりスムーズに行えるようになったことに加え、これまで不具合があるたびに職員に掛かっていた稼働も軽減され非常に助かっている。新規施設の開設に備えたネットワーク更改についても、切り替えによるサービス中断などがなく、スムーズに対応してくれた」と高く評価している。

本部では、拠点とのテレビ会議を行い、業務記録を保管するサーバーを管理。また、それとは別に、カメラ運用のネットワークを統括している

本部では、拠点とのテレビ会議を行い、業務記録を保管するサーバーを管理。また、それとは別に、カメラ運用のネットワークを統括している

グループホームに設置している見守り用カメラの映像は、本部や一部の拠点で確認ができる

グループホームに設置している見守り用カメラの映像は、本部や一部の拠点で確認ができる

※お客さまの声であり、全ての方に共通する効果ではありません。

今後の展望

久本事務長は、「グループホームで運用している見守り用カメラは、事故防止などのためのものですが、今後は利用者の様子を、ご家族が動画で見て安心していただくなど、新しいサービスにも活用していきたいと思っています。さらに、職員同士が自宅にいても情報を共有できるように、タブレット端末を導入するなど、さらに業務効率化を進め、その分、障がいを持った方へのサービスを向上させていきたい」と今後の展望を語る。

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、利用できない場合があります。
エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

User's Voice

今後も素早く・正確に、私たちの状況に沿った提案をしてもらいたい

社会福祉法人 ひまわりの会 統括管理者 久本 浩司 様

社会福祉法人 ひまわりの会
統括管理者 久本 浩司 様

今回、NTT西日本が提案してくれた内容には大変満足しています。

テレビ会議などは、職員が利用者への支援により多くの時間を

割けるように導入したものですので、今回の提案によって

通信環境が改善し、不具合への対応に職員の稼働が

掛からなくなったことは、サービス向上をめざす上でも

心強いことです。

また、今後の事業展開を把握した上で、拡張性を備えた

「フレッツ・VPN ワイド」※1の提案をして

くれたため、直近の新規施設開設の際にも、ネットワークの

整備などをすぐに進めることができ、助かりました。

今後も、私たちが利用者の支援に力を注ぐことが

できるように、当会の事業内容や課題に沿って、

常に新しい情報を提供し、魅力ある提案をしてくれることを

期待しています。

CAから一言常に新しい情報を提供し、今後を見据えた提案をしていきたい

今回の提案は、「フレッツ・VPN ワイド」※1で接続している拠点間の一部がADSL回線を利用していたため、テレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業が円滑に行えていなかったという、お客さまが抱えていた課題が発端でした。本部とグループホームをつなぐもう一つのネットワークを「フレッツ・グループ」から「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改することについては、今後のひまわりの会様の事業展開を見据えて提案したものです。今回の提案で「障がいを持った方へのサービスに力を注ぎたい」という、お客さまの思いに応えられたことは、非常にうれしく思います。
今後も、常に新しい情報を提供しつつ、お客さまのお役に立てるような提案をしていけたらと思います。

NTT西日本 中国 岡山事業部 若狭CA

NTT西日本 中国 岡山事業部
若狭CA

※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

BEFORE 導入前のシステム構成
テレビ会議やサーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を行う拠点間の回線の通信速度が遅く、コミュニケーションや作業に支障をきたすことがあった。また、本部・地域支援センターとグループホームをネットワークでつなぎ、見守り用カメラを運用していたが、今後見込まれる新規施設の開設の際にも、スムーズにカメラを導入できる体制づくりが必要だった。
導入前のシステム構成
AFTER 導入後のシステム構成
「フレッツ・VPN ワイド」※1で、テレビ会議・サーバーの共有ファイルへの業務記録の入力・更新作業を行っている拠点の一部のADSL回線を、「フレッツ 光ネクスト」(FTTHアクセスサービス)※2へ更改し、通信環境を改善。また、本部・地域支援センターとグループホームをつなぐもう一つのネットワークを「フレッツ・グループ」から「フレッツ・VPN ワイド」※1に更改し、新規施設開設の際にも見守り用カメラの運用をすぐに開始できる環境を実現。
導入後のシステム構成
※1
フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、一部の「コラボ光」のいずれかの契約・料金が必要です(ただしフレッツ 光ライトはご利用いただけません)。ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクスト等の品目はプランにより異なります。
*「コラボ光」とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスのことです。(詳しくはこちらをご確認ください。)
※2
【フレッツ 光ネクストについて】
サービス提供エリアであっても、利用できない場合があります。
エリアについては、お問い合わせいただくか、[http://flets-w.com/]をご確認ください。
インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。

導入事例トップへ

お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ/コンサルティング希望 電話でのお問い合わせ

資料の送付およびお問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29〜1/3を除く、営業時間内(午前9時〜午後5時)に対応させていただきます。

審査17-1660-1

電話でのお問い合わせ
資料請求
お問い合わせ/コンサルティング希望