キャッチホン

ひかり電話A(エース)付加サービス利用ガイド TOPページに戻る

通話中に別の電話も取れるから便利! キャッチホン使用方法

通話中に電話がかかってくると、受話器から「ツー…ププッ、ププッ…」という音が聞こえます。
(かけてきた方には、普通の呼び出し音が聞こえます。)

通話を保留にして、他からの電話に対応したい場合
フックボタンを押してください。
他からの電話に切り替わります。
通話を終了して、他からの電話に応答したい場合
お話を終え、受話器を置くとすぐに電話のベルが鳴ります。
受話器を上げると、他からの電話につながります。
長電話で怒られることもなくなりました!  いつでも電話がつながるからイライラしません!
フレッツ・光プレミアム対応ひかり電話をご契約で、複数チャネル、またはテレビ電話をご利用の場合、キャッチホンはご利用できません。
フレッツ・光プレミアム対応ひかり電話をご契約の場合、キャッチホンでの割り込み着信の際にはナンバー・ディスプレイによる電話番号の表示はできません。フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト対応ひかり電話をご契約でナンバー・ディスプレイをご利用の場合は、通話中の着信については、ひかり電話対応機器の設定により電話番号の表示が可能です。
ボイスワープの機能をご利用中は、キャッチホンが動作しない場合があります。
ひかり電話の付加サービスFAXお知らせメールでFAX受信中はキャッチホンは動作しません。
データコネクト(データ通信)ではご利用いただけません。
104、110、113、119等、3桁の番号(一部)へ電話をしている時や、相手を呼出中等、通話中以外の状態の時は、キャッチホンはご利用いただけません。
IP電話事業者等を経由した通話の場合、キャッチホンをご利用いただけないことがあります。
お待ちいただいている間の通話料は、電話をかけた方に通話料がかかります。
<「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」(いずれもFTTHアクセスサービス)ご利用上の注意>
サービス提供エリアであっても、設備の状況等によりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスがご利用いただけない場合がございます。
サービス提供エリアにつきましては、お問い合わせいただくか、もしくはこちらにてご確認ください。
お客さま建物内の既設の配管設備等の状況により、新たに配管設備等のご用意をお願いする場合があります。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。詳しくは、こちらにてご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が必要です。
<「ひかり電話」(IP電話サービス)ご利用上の注意>
「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」、または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
停電時は利用できません。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
各付加サービスを複数の組み合わせでご利用いただく場合、及び「データコネクト」通信の場合、付加サービスによってはご利用いただけない、もしくは機能が一部制約される場合があります。

審査15-1162-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら