迷惑電話おことわりサービス

ひかり電話A(エース)付加サービス利用ガイド TOPページに戻る

迷惑電話を撃退してくれるから安心!迷惑電話おことわりサービス設定方法

★ダイヤル式の電話機からは設定できません。プッシュ(トーン)信号に切り替え可能な電話機については、プッシュ(トーン)信号に切り替えてご利用ください。

迷惑電話を受けた直後に、いったん電話を切り、受話器を上げて144をダイヤル。
登録 ガイダンスにしたがって、2をダイヤル。

迷惑電話は自動メッセージ対応でしっかり撃退します。

一括解除(全ての登録番号を解除)9をダイヤル。 最新の登録電話番号を解除 3をダイヤル。
こんな時 迷惑電話おことわりサービスがあれば… 次回からは受話器を取らなくても自動でメッセージ応答
迷惑電話おことわりサービスが優先して動作し、ナンバー・ディスプレイ、ナンバー・リクエスト、ボイスワープ、FAXお知らせメール(オプション)が動作しない場合があります。
発信電話番号を識別できない通話(一部の国際電話等)については登録および着信拒否できません。当社以外の電話会社の回線を経由した通話については、登録できない場合もあります。
加入電話(電話サービス)、INSネット(総合デジタル通信サービス)で迷惑電話おことわりサービスをご利用いただいていたお客さまが、ひかり電話に回線を変更し、迷惑電話おことわりサービスをご利用いただいた場合、登録されていた迷惑電話リストは、ひかり電話の迷惑電話リストへ引き継がれません。また、ひかり電話で迷惑電話おことわりサービスをご利用いただいていたお客さまが、ひかり電話A(エース)に変更されるなどした場合でも、迷惑電話リストの引き継ぎができない場合があります。
キャッチホンでの割り込み着信に応答した場合、それ以降、切り替えた電話が迷惑電話おことわりサービスの登録対象となります。登録対象となる電話番号は間違えないようご注意願います。
追加番号(オプション)をご利用の場合、「ひかり電話の電話番号ごと」の契約か「ひかり電話契約ごと(全電話番号共通)」のご契約かいずれ一方をお選びいただけます。ご契約単位を変更される場合、迷惑電話おことわりサービスの工事費が必要になります。また、変更前の迷惑電話リストの登録内容・効果(着信拒否回数)を引き継ぐことはできません。
メッセージによる応答時には、発信者に通常の通話料がかかります。
<「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」(いずれもFTTHアクセスサービス)ご利用上の注意>
サービス提供エリアであっても、設備の状況等によりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスがご利用いただけない場合がございます。
サービス提供エリアにつきましては、お問い合わせいただくか、もしくはこちらにてご確認ください。
お客さま建物内の既設の配管設備等の状況により、新たに配管設備等のご用意をお願いする場合があります。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。詳しくは、こちらにてご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が必要です。
<「ひかり電話」(IP電話サービス)ご利用上の注意>
「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」、または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
停電時は利用できません。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
各付加サービスを複数の組み合わせでご利用いただく場合、及び「データコネクト」通信の場合、付加サービスによってはご利用いただけない、もしくは機能が一部制約される場合があります。

審査16-1061-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら