ひかり電話(IP電話サービス) 高音質電話

フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト/一部のコラボ光でご契約の場合

  • ● 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」(いずれもFTTHアクセスサービス)、または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」 のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。

基本サービスに含まれる便利なサービスTOPへ戻る

高音質の音声通話ができます!

  • ● 標準音質の音声通話(3.4kHz帯域)に比べ、約2倍の帯域(7kHz)を利用した高音質な音声通話が可能なサービスです。
  • ● 高音質電話は、高音質電話の契約者同士で高音質電話に対応した電話機同士で通信が可能です。標準電話機と接続した場合は、標準音質の音声での通信が可能です。
  • ● NTT西日本/東日本間で高音質通話が可能です。
  • ・ 「高音質電話」のご利用には対応する通信機器が必要となります。
  • ・ 「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」のひかり電話では基本機能となります。

クリアな音質でコミュニケーション

高音質電話なら

通話料金

通話料金 8円/3分

  • * NTT東西の加入電話(電話サービス)・INSネット(総合デジタル通信サービス)・ひかり電話およびコラボ光ひかり電話サービス(テレビ電話・音声通話中のデータコネクト通信同時利用・データコネクトへのデータ通信は除く)、他社固定電話、他社IP電話(050番号への発信を除く)への発信の場合。国際電話・携帯電話・PHS・050IP電話(IP電話サービス)・テレビ電話・ナビダイヤル等への通話料金は異なります。

高音質電話はこんなにクリア!

高音質電話なら、人の耳に聞こえる音を、より広くカバー。

音声の周波数帯
  • ※ 可聴帯域および声の帯域には個人差があります。

従来電話機の周波数300Hz〜3.4kHzより広範囲である周波数100Hz〜7kHzの広帯域なので、臨場感のあるクリアな音声になります。

ご利用上の注意事項

  • ● 高音質電話が可能な通信相手は、NTT西日本/東日本のひかり電話(フレッツアクセスサービスが「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」)および一部のコラボ光のひかり電話の契約者です。
  • ● 高音質電話を利用する場合、本サービスに対応した機器(IP電話会議装置 MEETING BOX、高音質電話機ひかりクリアフォンHQ-100等)が必要となります。
  • ● NTT東日本エリアにてひかり電話ビジネスタイプ(IP電話サービス)からひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)に移行された一部の番号に対して、本機能を用いた接続はできません。本機能による接続不可となる番号帯については「契約約款(http://www.ntt-west.co.jp/tariff/html/wb11s008.html)」をご確認ください。

【1XY番号への発信】

104、110、119等の1XY系には、高音質電話ができません。ただし、発信側端末から標準音質の音声による自動接続を行った場合は、標準音質の音声通話として接続します。

【着信鳴動】

  • (1) 高音質電話の着信時
    ひかり電話対応機器配下の高音質電話機、標準音質の音声電話機すべてが鳴動します。
  • (2) 標準音質の着信時
    高音質電話機の有無にかかわらず、応答可能な全端末が鳴動します。
着信時の鳴動

他のサービスと合わせてご利用いただく場合の留意事項

  • ● 各付加サービスを複数の組み合わせでご利用いただく場合、及び「データコネクト」での接続の場合、付加サービスによってはご利用いただけない、もしくは機能が一部制約される場合があります。
  • ● 各サービスの詳細およびご利用上の留意事項はこちらをご参照ください。

フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト/一部のコラボ光でご契約の場合

ひかり電話A(エース)に含まれるサービスのマーク ひかり電話A(エース)に含まれるサービス

キャッチホン ひかり電話A(エース)に含まれるサービスのマーク
  • ・ 通話中に高音質電話を着信した場合は、高音質音声による接続ができないため、端末にて標準音声で自動再接続が可能な場合は、着信標示音を通知します。このとき、発信者側でも標準音声での再接続が行われます。
ボイスワープ ひかり電話A(エース)に含まれるサービスのマーク
  • ・ 高音質電話の転送可能な条件は以下のとおりです。
    • (1) 転送先が、高音質電話接続可能であること。
    •  ★  転送先が契約条件や端末条件により高音質電話接続不可の場合は、転送はできません。標準音質の音声通話にて再接続された場合は転送できます。
    • (2) 発信者が「ひかり電話」(フレッツ 光ネクスト/フレッツ 光ライト/一部のコラボ光)、「ひかり電話オフィスタイプ」(フレッツ 光ネクスト/一部のコラボ光)、「ひかり電話オフィスA(エース)」(一部のコラボ光を含む)、「ひかり電話ナンバーゲート」で高音質電話発信した場合であること。
ナンバー・リクエスト ひかり電話A(エース)に含まれるサービスのマーク
  • ・ 高音質電話の非通知発信の場合、ガイダンスは、端末によって聞くことができない場合があります。
迷惑電話
おことわりサービス ひかり電話A(エース)に含まれるサービスのマーク
  • ・ 高音質電話発信の場合、着信拒否ガイダンスは、端末によって聞くことができない場合があります。
着信お知らせメール ひかり電話A(エース)に含まれるサービスのマーク
  • ・ 標準音質の音声通話と同様に、着信情報を指定のメールアドレスに送信します。
    (発信側端末から標準音質の音声による自動再接続を行った場合の着信についても、お知らせメール対象となります。なお、その際のお知らせメールは1通です。)
複数チャネル
  • ・ 同時に最大2通話(チャネル)利用できます。
FAXお知らせメール
  • ・ FAX受信「開始」で高音質電話着信時は網から「標準音質の音声通話接続」を促す信号を返送します。発信側端末から標準音質の音声による自動再接続を行った場合は接続後、FAX受信エラーとなります。

更に詳細な設定・ご利用方法についてはひかり電話ご利用ガイドからご確認ください。

お申し込み・サービス内容に関わるお問い合わせ先

審査16-1061-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら