そもそもプロバイダーって何?

プロバイダーとは、フレッツ光をインターネットに接続するためのサービスを提供する事業者のことです。「インターネット」や「メール」を利用したりするためには、フレッツ光のご契約とは別に、プロバイダーのご契約・料金が必要です。

プロバイダーの選び方

フレッツ光に対応したプロバイダーは数多くありますが、プロバイダーによってサービス内容や料金が異なります。 例えば、割引サービスやオプションサービスの違いなどを比較しあなたにあったプロバイダーサービスをお選びください。
フレッツなら、メールアドレス変更なしで乗り換えが可能なんです。現在ご利用のプロバイダーがフレッツ光対応なら、フレッツ光に乗り換えてもプロバイダーを引き続きご利用でき、メールアドレスを変える必要はありません。※詳しくはご契約プロバイダーへお問い合わせください。

with フレッツとは?

withフレッツは、「NTT西日本フレッツ光」(FTTHアクセスサービス)と「各プロバイダー」をまとめてお申し込みいただけるセットプランです。
簡単!フレッツ光と対応プロバイダーをセットでお申し込み!
便利!請求先をまとめて便利!NTT西日本への料金回収代行サービスをお申し込みをいただくと、NTTファイナンスからの合算請求もご利用いただけます。
おトク!プロバイダー特典も!with フレッツ対応プロバイダーの中には、割引や無料サポートなどの特典を用意しているプロバイダーもあります。 詳しくは 「with フレッツのプラン・料金」 をご覧ください。 「withフレッツのプラン・料金」

対応プロバイダー・料金・特典はこちらからご確認ください。

戸建て 「フレッツ 光ネクスト」の場合

マンション(集合住宅) 「フレッツ 光ネクスト(ひかり配線方式・VDSL方式)」 / 「フレッツ・光プレミアム(VDSL方式)」(FTTHアクセスサービス)の場合。

  • ミニ 6名以上のお申し込みがみこまれる場合
  • プラン1 8名以上のお申し込みがみこまれる場合
  • プラン2 16名以上のお申し込みがみこまれる場合

※各プラン1名からお申し込みできます。

【withフレッツについて】

  • 「withフレッツ」とは、「NTT西日本 フレッツ光」(FTTHアクセスサービス)と「各プロバイダー」をまとめてお申し込みいただけるセットプランです。
  • 「フレッツ光」は、NTT西日本との契約、「各プロバイダー」は、プロバイダーとの契約です。
  • 「フレッツ光月額利用料」はNTTファイナンスから、「プロバイダー月額利用料」はプロバイダーからの請求です。(NTT西日本への料金回収代行サービスをお申し込みをいただくと、NTTファイナンスからの合算請求もご利用いただけます。)

<その他の留意事項>

  • プロバイダー各社は、予告なく特典内容や利用料等を変更する場合がございます。
  • 『withフレッツ』以外でも当社にて取扱っているプロバイダー及び、フレッツ光に対応したプロバイダーがございます。詳しくは、対応プロバイダー一覧をご覧頂くか、「0120−116116」等、当社営業担当者へお問合せください。電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。

【フレッツ光について】

  • サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、こちらよりご確認ください。
  • 本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。詳しくは、こちらから各商品の留意事項をご確認ください。
  • パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
  • インターネットのご利用には、フレッツ光に対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が別途必要です。

はじめての「フレッツ光」

  • フレッツ光の料金っていくら?
  • ご利用までの流れ
  • おトクなひかり電話
  • プロバイダー(ISP)って何?
  • Wi-Fiでつながる楽しさ♪
  • 光でテレビがもっと楽しくなる!

フレッツ光のお申し込みはこちらから!

Webからカンタン3ステップ!!

  1. 【1step】適用エリアの判定とご利用可能サービスのご確認
  2. 【2step】オプションサービスや割引サービスのご選択
  3. 【3step】お客さまに関する情報やお申し込み関連情報のご入力
  • まずはエリアの確認
  • お申し込みに関するご相談

審査16-2062-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら