ネットの知恵袋

2019.1.25更新

Q. 迷惑メールを受信しないようにするにはどうすればいいですか?

Q. 迷惑メールを受信しないようにするにはどうすればいいですか?

メールアドレスを教えた覚えがない相手や、登録した覚えがないWebサイトから大量に迷惑メールが届きます。内容は宣伝や意味不明のものばかり。こういったメールを受信しないようにできますか?

A. 迷惑メール対策をしましょう

知らない相手からのメールや、登録した覚えがないメールマガジンが届くようになるととても不安になりますよね。
「迷惑メール」とは受け取りを望まない一方的に送り付けられる電子メールのことです。

迷惑メールには「ウイルスメール」「フィッシングメール」「スパムメール」「標的型メール」など、さまざまな種類があります。

ウイルスメール:コンピューターウイルスの感染を目的とした迷惑メール、フィッシングメール:金銭や個人情報収集を目的とした迷惑メール、スパムメール:大量に送信される迷惑メール、標的型メール:特定の対象者に何らかの目的をもって送信される迷惑メール

迷惑メールの種類にかかわらず、迷惑メールの送信者にメールの送信を停止させることはむずかしいため、さらなる被害を防止するための対策をする必要があります。

プロバイダーが提供する各種サービスを利用したり、メールソフトやセキュリティー対策ソフトの設定で、特定のメールを隔離したり、宛先や件名などに指定した文字列が含まれるときは遮断するなど、受信するメールの条件を制限することで受信トレイに届くメールを管理することができるようになります。

迷惑メールの一般的な対処方法として次のような方法があります。

1. ご契約のプロバイダーの迷惑メール対策サービスを利用する 2. メールソフトの迷惑メール対策機能を利用する 3. セキュリティー対策ソフトの迷惑メール防止機能を利用する 4. メールアドレスを変更する

また、迷惑メールだけでなく普段インターネットを利用するうえでの注意点として、次のようなポイントがあります。

メールアドレスの公開・登録は信頼できるWebサイトでのみ行なう

不特定多数の人が閲覧するインターネット上の掲示板や、運営元の事業者が不確かな登録制サイトなど、個人情報収集を目的としたWebサイトに安易にメールアドレスを登録してしまうと、収集された個人情報を元に迷惑メールが送信されるきっかけになってしまうことがあります。

そのため、メールアドレスを公開したり、登録を行なう場合は利用頻度が高く、信頼できるWebサイトのみで行なうようにしましょう。

迷惑メールに記載されたアドレス(URL)をクリック/返信しない

「メールアドレスを変更しました」「請求書送付のお知らせ」「懸賞に当選したので確認してください」など、友人・知人や見覚えのある金融機関や通販サイトを装ったメールが届くことがあります。

迷惑メールと思えない内容でも、むやみに添付ファイルを開いたり、URLのクリックや返信を行なわないよう注意してください。

また、登録した覚えのないメールマガジンの登録を解除する際、「メールが不要な方はこちらへ」と記載されたURLやメールアドレスをクリックしたことでさらに迷惑メールが届いてしまう場合があります。

メールアドレスごとの受信拒否設定などの迷惑メール対策の設定手順でわからないことがあれば、メールソフトの名称、バージョン、お使いのパソコンのOSを記載してページ下部の「ご質問はこちら」からCLUB NTT-West会員専用ヘルプデスクへお問い合わせくださいね。

NTT西日本の公式サイトでは迷惑メールやフィッシング詐欺のほか、注意したいネット事件についてご紹介していますのでご覧ください。

■あなたを守るセキュリティー 第33回 日々進化する迷惑メール
https://flets-w.com/point-otoku/security/vol33.html

■ネットの知恵袋 Q.フィッシング詐欺って何ですか?
https://flets-w.com/point-otoku/knowledge/security/security18.html


記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。