ネットの知恵袋

2019.3.8更新

Q. 迷惑メールにはどんな違いがありますか?

Q. 迷惑メールにはどんな違いがありますか?

インターネットで迷惑メール対策について調べていると、迷惑メールにいくつか種類があることを知りました。どんな違いがあるのでしょうか?

A. 迷惑メールは目的によっていくつかの種類に分類されます

迷惑メールには広告や勧誘を目的とするものや、「ウイルスメール」「フィッシングメール」「スパムメール」「標的型メール」など、さまざまな種類があります。

ここでは迷惑メールの種類についてご紹介します。

ウイルスメール フィッシングメール スパムメール 標的型メール

また、迷惑メールを受信した場合の一般的な対処方法は次のとおりです。

・メールに返信しない
・メールを開封しない
・添付ファイルを開封しない
・メール本文中のURLにアクセスしない
・誘導されたURLからログインしたり、個人・契約にかかわる情報は入力しない
・迷惑メール対策を行なう

会社で使用しているパソコンがコンピューターウイルスに感染した場合は、同じネットワーク上のパソコンの利用者やシステム担当者へ共有して二次感染と被害を防止しましょう。

セキュリティー対策ソフトを利用しても感染ファイルが完全に隔離・駆除できない場合は、パソコンやHDDを初期化する必要がある場合があります。

その場合はパソコンに保存しているデータは削除されるため、日頃からバックアップをこまめに行なっておくことをおすすめします。

以下のイメージ画像は、迷惑メールが届くしくみの一例です。

迷惑メールの送信者が適当な文字列で作成したメールアドレスや収集したメールアドレスへ無差別または意図的にメールを送る⇒実在しないメールアドレスの場合:エラーメールが送信者に返信される ・受信者が迷惑メールに反応しなかった場合:利用者の存在が確認できない ・受信者が迷惑メールに返信した場合:メールアドレスが有効で利用者の存在が確認でき、さらに迷惑メールが届きコンピューターウイルス感染や個人情報漏えいなどにつながる ・受信者が迷惑メールに反応(URLにアクセスまたは添付ファイルを開封)した場合:コンピューターウイルス感染や個人情報漏えいなどにつながる

また、総務省の公式サイトでは、送信者の欄に受信者のメールアドレスを記載し、「あなたのメールアカウントはハッキングされています」などの不安を煽るメッセージで、金銭を要求する迷惑メールの事例が報告されています。

参考
■総務省 フィッシング詐欺に注意(外部サイト)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/05.html

本来、「ハッキング」とは、システムの動作を解析したりプログラムを改良したりすることをいいます。

ハッキングを行なうためには高い知識と技術が必要です。昨今では他人のシステムに侵入して不正な行為を働いたり、個人情報や機密情報を入手する不正行為のことを「ハッキング」と呼ぶことがありますが、正しくは「悪意をもってハッキング技術を利用する不正行為」のことを「クラッキング」と呼んで区別されています。

迷惑メールの中には、メールアカウントやWebサイトで過去に使用していたメールアドレスやパスワードを記載して、実際に使用しているパソコンがクラッキングされているかのような不安を煽る迷惑メールも存在します。

その場合は、クラッキングされているのではなく、使用しているメールアドレスやパスワードが実際にどこかで流出している可能性が考えられます。

メールアカウントの情報(メールアドレスやパスワード)が、いつ・どこで・どのように流出したか原因を特定することはできませんが、実際に利用しているパスワードが表示された場合は、すぐにお使いのメールアカウントのパスワードを変更しましょう。

また、WebサイトやSNSなど、インターネット上で不特定多数の人に見える形でメールアドレスを公開すると、スパムメールの標的になることがあります。メールアドレスは登録するWebサイトによって使い分けたり、信頼できる人にだけ公開するよう心がけ、知らない人からの怪しいメールには注意してくださいね。

迷惑メール対策については、次のページをご覧ください。

■ネットの知恵袋 Q.迷惑メールを受信しないようにするにはどうしたらいいですか?
https://flets-w.com/user/point-otoku/knowledge/mail/mail07.html


記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。