料金

スマホdeひかり電話
自宅ではスマートフォンからも、ひかり電話の通話料金で利用できます!
※ageet社の「AGEphone」もしくは、ソフトフロントジャパン社の「LivyTalk」(無料。追加機能は有料)が必要です。ダウンロードにあたり、パケット料等の通信料が別途必要になる場合があります。
※ご利用には、iOSまたはAndroid OSの端末が必要です。対応OS等及び対応機種の詳細については、各アプリケーションのホームページ等でご確認ください。AGEphoneのAndroid版はこちら、iOS版はこちら(平成28年8月現在)。LivyTalkについてはこちら(平成28年4月現在)。
※スマートフォンをひかり電話の電話機として発信した通話については、ひかり電話の通話料金が適用されます。

通話料金(音声通話の場合)

「スマホdeひかり電話」を使うと…

  • 日本全国どこにかけても一律料金
    距離・時間に限らず8円/3分
  • 携帯電話へもお手頃
    NTTドコモへの通話なら時間帯に限らず16円/60秒
※1
NTT東西の加入電話(電話サービス)・INSネット(総合デジタル通信サービス)・ひかり電話およびコラボ光ひかり電話サービス(テレビ電話・データコネクト(データ通信)・データコネクト通信中の音声通話は除く)、他社加入電話、他社IP電話(050番号への通話を除く)へ発信の場合。携帯電話等への通話料金は異なります。
※2
「LivyTalk」を利用した場合のテレビ電話通話料は、15円/3分(ひかり電話対応機器との通話の場合)です。
※3
NTTドコモの場合(通信事業者により通話料金が異なります)。

月額利用料金例

月額利用料
  • インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。
★1 フレッツ公式サイトからの新規お申し込みで「Web光もっと」(1〜6年目)◆適用時の金額です。
◆【「Web光もっと割」(料金サービス)について】
割引適用期間に解約の場合、解約金(〜30,000円)が必要です。割引適用期間の満了月および満了月の翌月に解約される場合、本割引の解約金は発生しません。詳細についてはこちらをご確認ください。

【初期費用について】
●「フレッツ 光ネクスト」(または「フレッツ 光ライト」)「ひかり電話」を新規申し込みの場合、それぞれ初期費用が必要です。
●ホームゲートウェイ設置工事費1,500円が必要です。機器がフレッツ光のONU(回線終端装置)と一体型の場合、及びフレッツ光のONU(回線終端装置)またはVDSL宅内機器とひかり電話が同時工事の場合は発生しません。
●お客さまの利用環境により工事内容・工事費は異なります。
<フレッツ光について>
  • サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合がございます。エリアについては、お問い合わせいただくか、もしくはこちらからご確認ください。
  • 本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。詳しくはこちらからご確認ください。
  • パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
  • インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が必要です。
<「ホームゲートウェイ 無線LANカード(SC-40NE「2」/情報機器)」(IEEE802.11ac/n/a/g/b対応機種)について>
【契約について】
  • 「ホームゲートウェイ 無線LANカード」は、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」をご契約の方のみレンタル(有料)でご利用いただけます。
  • 本無線LANカードのご利用には、本無線LANカードに対応したホームゲートウェイが必要です。「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または一部の「コラボ光」と「ひかり電話」をご利用の場合 は、当該ホームゲートウェイは無料レンタルでの利用となります。「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または一部の「コラボ光」のみでご利用の場合は、 回線終端装置(ONU)もしくはVDSL装置とホームゲートウェイ(別途有料レンタル)を設置することで、本無線LANカード(有料レンタル)をご利用いた だけます。
  • 本無線LANカードのご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または一部の「コラボ光」のご契約・料金と、「ひかり電話」のご契約・料金(ひかり電話をご利用の場合)もしくはホームゲ ートウェイの料金(ひかり電話をご利用でない場合)が別途必要です。「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」をご利用のお客さまは、ホームゲートウェイと「ホームゲートウェイ 無線LANカード」をご利用いただくことはできません。
【ご利用上の注意】
<Wi-Fi対応機器との無線接続について>
  • Wi-Fi対応機器は、IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠していることが必要です。
  • 無線LANのご利用にはあらかじめ本商品とWi-Fi対応機器について、お客さまによる接続設定が必要です。
<セキュリティーについて>
  • 第三者が壁等の障害物をこえて届く電波を傍受することによる情報の盗聴や改ざん、なりすましなどを防止するために、お客さま自身の責任と判断でセキュリティーに関する設定(通信の暗号化など)を行ってください。また、ひかり電話などをご利用の場合で、かつ、無線LANのセキュリティー設定が適切に行われていない場合、ホームゲートウェイの電話設定の設定内容によっては、第三者によって、あたかもお客さまが電話を発信しているかのような通話等が行われ、お客さまがご利用されていない通話料などが発生するおそれがありますので十分にご注意ください。
<その他>
  • 本商品の動作について、全ての環境での動作を保証するものではありません。
  • 周囲の電波状況や壁の構造(鉄筋壁、防音壁、断熱壁)によっては、電波の到達距離が短くなることがあります。
  • 心臓ペースメーカー等の医療機器をご使用の近くで本商品をご使用にならないでください。医療機器が誤動作する可能性があります。
  • 本商品がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
【紛失、滅失等の場合】
  • 「ホームゲートウェイ 無線LANカード」の所有権はNTT西日本にあります。ご使用の際は取扱説明書に従い正しくお取り扱いください。レンタル終了時にはご返却ください。本商品を紛失、きそんまたは解約後にご返却いただけない場合等は、当社が指定する期日までにその補充、当社が指定する業者による修繕等に必要な費用をお支払いいただきます。
<ひかり電話について>
  • 「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」、または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」 のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
  • 停電時は利用できません。
  • 0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
  • 「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
  • 月額料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料3円/月が必要です。詳細についてはこちらをご確認ください。
    【ユニバーサルサービス料について】
    ユニバーサルサービス料は、あまねく日本全国においてユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報)の提供を確保するためにご負担いただく料金です。ユニバーサルサービス支援機関(一般社団法人電気通信事業者協会)が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、ユニバーサルサービス支援機関による番号単価の変更にあわせて見直します。
<スマホdeひかり電話について>
【通信条件について】
  • スマートフォンからのひかり電話については、通話品質や動作等を保証するものではありません。
  • ご利用環境によって、通話品質の劣化等が発生する場合がありますので、緊急通話等は一般の電話機またはスマートフォンの電話サービスからのご利用を推奨いたします。
  • 本接続形態による発信または着信においては、無線電波が届く範囲においてのみ利用可能になります。お客さまのご利用環境によって、通話品質の劣化、切断等が発生する場合があります。またお客さまと通信されるお相手の利用状況によっても通話品質の劣化等が発生する場合があります。ただしその場合においても、接続開始から切断まで通話料金が課金されます。スマートフォンからひかり電話のご利用終了後は切断忘れなどにご注意ください。
  • 複数のアプリケーションの同時利用による、アプリケーションの競合等、お客さまの利用状況によっては正常にご利用いただけない場合があります。
  • 本接続形態にて着信を受ける場合は、アプリケーションを起動しておく必要があります。その際、スマートフォンの電池の消耗が大きい場合があります。また、アプリケーション起動中においても、スマートフォンの電話サービスにて通話中の場合にはひかり電話の着信を受けることができません。
  • 複数のスマートフォンからひかり電話の同時発信はできません。
【必要なアプリケーションと設定方法について】
  • ご利用のスマートフォンにa「スマホdeひかり電話対応アプリケーション」をダウンロード・インストールしていただくことが必要です。また、ダウンロードにあたり、パケット料等の通信費が別途必要になる場合があります。
  • 「スマホdeひかり電話対応アプリケーション」のダウンロードおよびひかり電話の電話機として利用するための設定は、お客さま自身で実施いただくものとします。
  • 「スマホdeひかり電話対応アプリケーション」のダウンロード、設定および操作により生じた不具合、トラブルについて弊社はその責任を負いません。
  • スマートフォンは、ひかり電話の電話機として最大5台まで設定することができます。
【発信先の番号表示について】
  • スマートフォンからひかり電話を利用して発信した通話については、ひかり電話の電話番号が相手に表示されます。非通知設定にしていない場合で相手に番号をお知らせしたくない場合は、発信の際「184」をプッシュし、続けて相手先番号をプッシュしてください。

審査17-529-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら