フレッツ・テレビの接続方法を動画でご紹介

お客さま自身で簡単接続!

接続図:フレッツ・テレビの接続設定例

【ステップ1】 用意しましょう

作業を始める前に、次の物を用意しましょう。

写真:用意するもの

同軸ケーブルおよび分配器は家電量販店などでお求めください。
同軸ケーブルおよび分配器の形状はメーカーにより異なる場合があります。

  • フレッツ・テレビのご利用案内
  • ONU (フレッツ光回線終端装置)
  • テレビ 本体
  • テレビ リモコン
  • テレビ 取扱説明書
  • レコーダー 本体 (同軸ケーブル付) ※1
  • レコーダー リモコン
  • レコーダー 取扱説明書
  • 同軸ケーブル
  • 2分配器 (同軸ケーブル2本付) ※2

※1 レコーダーを介してフレッツ・テレビの接続を行う場合のみご用意ください。
※2 同軸ケーブルなしの分配器をお使いの場合は、同軸ケーブルを別途2本ご用意ください。

用意するものと設定方法を印刷する

【ステップ2】接続しましょう

DVD/Blu-ray/HDDレコーダーなどを介してフレッツ・テレビの接続を行いますか?

動画に従って、レコーダーを介してフレッツ・テレビの接続を行いましょう

レコーダーを介してフレッツ・テレビの接続を行う (163秒)

同軸ケーブルの確保
【1】はじめに、お部屋のTV端子とレコーダーの間を接続している同軸ケーブルを外します。
のちほど、この同軸ケーブルを利用します。
ONUの確認
【2】お客様のフレッツ光の機器「ONU」を確認します。
【3】背面に「RF OUT端子」があることを確認します。
【4】お客さまによっては、LANポート、電話線ポートがないONUをご利用しているケースもあります。同様に背面に「RF OUT端子」があることを確認します。
接続(1) ONUと分配器
【5】ONUの「RF OUT端子」に同軸ケーブルを接続します。
【6】もう一方を分配器の「入力端子」に接続します。
接続(2) 分配器とレコーダー
【7】分配器の出力側の同軸ケーブルのどちらか1本を、レコーダーの「地上デジタル入力端子」に接続します。
【8】次に、もう一方の同軸ケーブルをレコーダーの「BS・110度CS入力端子」に接続します。
接続(3) レコーダーとテレビ
【9】はじめに取り外した、テレビ端子とレコーダーを接続していた同軸ケーブルを使用します。
【10】レコーダーの「BS・110度CS出力端子」に同軸ケーブルを接続します。
【11】もう一方をテレビの「BS・110度CS入力端子」に接続します。
【12】レコーダーの「地上デジタル出力端子」とテレビの「地上デジタル入力端子」が接続されていることを確認します。
【13】これで、接続は完了です。

【参考】LANポート、電話線ポートが無いONUの場合も、ONUの「RF OUT端子」に同軸ケーブルを接続します。

動画に従って、テレビと直接フレッツ・テレビの接続を行いましょう

テレビと直接フレッツ・テレビの接続を行う (125秒)

同軸ケーブルの確保
【1】はじめに、お部屋のTV端子とテレビの間を接続している同軸ケーブルを外します。
ONUの確認
【2】お客様のフレッツ光の機器「ONU」を確認します。
【3】背面に「RF OUT端子」があることを確認します。
【4】お客さまによっては、LANポート、電話線ポートがないONUをご利用しているケースもあります。同様に背面に「RF OUT端子」があることを確認します。
接続(1) ONUと分配器
【5】ONUの「RF OUT端子」に同軸ケーブルを接続します。
【6】もう一方を分配器の「入力端子」に接続します。
接続(2) 分配器とテレビ
【7】分配器の出力側の同軸ケーブルのどちらか1本を、テレビの「地上デジタル入力端子」に接続します。
【8】もう一方の同軸ケーブルをテレビの「BS・110度CS入力端子」に接続します。
【9】これで接続は完了です。

【参考】LANポート、電話線ポートが無いONUの場合も、ONUの「RF OUT端子」に同軸ケーブルを接続します。

【ステップ3】確認しましょう

イラスト:テレビの電源を入れて、地デジ、BSが視聴できるか確認誌ましょう

テレビの表示確認

【1】テレビの電源を入れます。
【2】テレビのチャンネル設定(再スキャン)を行います。
【3】地上デジタル放送やBSデジタル放送が視聴できるか確認します。

視聴できるチャンネルが増える場合は、テレビの再スキャンが必要となります。
(詳細の設定方法については、テレビメーカーの取扱説明書をご確認ください。)

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら