ネットの知恵袋

2014.6.6更新

Q. 迷惑メールを受信しないようにするにはどうしたらいいの?

Q. 迷惑メールを受信しないようにするにはどうしたらいいの?

家族や知り合い以外から、やたらとメールが届きます。内容は宣伝や意味不明のものばかり。
こういったメールを区別して受け取らないようにできますか?

A. 迷惑メール対策をしてみましょう

知らない人からの迷惑メール本当に困りますよね。迷惑メールは相手を選ばず一方的に大量送信されメールの文中に商品購入に関するURLを貼り付けたり、個人情報を盗もうとしたり、さまざまな種類があります。
ダイレクトメールと呼ばれる手紙がありますが、迷惑メールはダイレクトメールの電子版です。 郵送よりメールのほうが安く大量に送ることができるため、迷惑メールはいつまでもなくなりません。 迷惑メールを受信しないようにするには、私たち受信者側で対策をする必要がありますので、今回は迷惑メール対策についてご案内します。


プロバイダーごとの「迷惑メール対策」
各プロバイダーでは、さまざまな迷惑メール対策を設けています。 ユーザーのパソコンで受信した際に、事前に迷惑メールであることを検知し「そのメールは普通のメールではなく迷惑メールです」と知らせてくれるといった内容などプロバイダーによりサービス内容は異なります。 まずは、利用中のプロバイダーでどのような迷惑メール対策のサービスが提供されているかを確認してみてくださいね。



過去に受信した迷惑メールと同じアドレスからのメールはごみ箱へ
いつも同じメールアドレスから迷惑メールが届く場合は、そのメールアドレス自体を受信拒否する方法もありますので、一例としてWindows Live メールについてご案内します。


【メールアドレスごとの受信拒否設定】
1.  受信したくない相手からのメール(迷惑メール)を選択します。
2.  ツールバーの「アクション」から「迷惑メール」を選択し、「差出人を[受信拒否リスト]に追加」をクリックします。

メールアドレスごとに受信拒否すると、次回から同じメールアドレスで届くメールは、自動的にごみ箱へ移動します。



絶対にしてはいけないこと
迷惑メールと気づかないような内容を書いているメールがあります。 個人情報の確認や「メールが不要な方はこちらへ」とメールアドレスやURLが記載されているようなメールは危険です。 また、メールにファイルが添付されている場合も危険です。迷惑メールは届いても無視するのが鉄則です。

なお、メールの文中に「●●銀行」など、実際に自分が利用している企業名が記載されていることがあります。 迷惑メールなのか、普通のメールなのかが判断できないときは利用している企業の連絡先を自ら調べて、電話でメールを送信したかどうかを問い合わせてみましょう。

最後にWindows Live メール以外のメールソフトを使用中で、メールアドレスごとの受信拒否設定などの迷惑メール対策の設定方法がわからない場合は、下記の「質問する」から問い合わせてみてくださいね。



この記事は役に立ちましたか?
  • 役に立った
  • 役に立たない

「知恵袋を見ても解決しない」「聞きたいことが載っていない」という方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。質問する

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら