ボイスワープ

お客さまによって一部操作方法が異なっておりましたが、NWマイグレーションによる設備収容替えの完了に伴い全てのお客さまが以下の手順で操作いただけます。

外出先の電話で出られて便利! ボイスワープ設定方法

(2)自動転送に関する設定
転送先電話番号の登録

転送先リスト(転送先電話番号を事前に登録しておくところ)の番号1へ、電話番号を登録します。本操作は必ず実施してください。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
2をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「転送先リスト1番の転送先電話番号登録を行います。」「登録する電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。

5
転送先の電話番号をダイヤルし、最後に#を押してください。
6
ガイダンスが流れます。
「入力された電話番号は△△△△△△△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。

7
1をダイヤルしてください。
8
登録完了。

「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「転送先登録が完了しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで登録は完了です。

転送先の電話番号を間違えますと、転送先の方にも、かけてこられた方にも迷惑がかかります。正確に登録してください。
転送先リスト1番に転送先電話番号が登録されている場合にのみ、転送先リスト1番が転送先に指定されます。
104番や117番などの3桁の番号、フリーアクセス、フリーアクセス・ひかりワイド、フリーダイヤル、ナビダイヤル、フリーフォン、ダイヤルQ2、伝言ダイヤル、#ダイヤル、国際電話の番号、0070、0077、0088、001、0081等で始まる事業者識別番号等は転送先としてご利用できません。
 転送先電話番号を複数登録するとき※1
1 転送先電話番号を複数登録しない場合はこちらをご参照ください。

転送先リスト番号2〜4へ、電話番号を登録します。

転送先リストへの電話番号の登録は、リスト番号1を含め最大4個まで登録できます。
1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
4をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「各種設定を行います。」「転送先電話番号の登録は“0”、転送先の指定は“1”、リモートコントロールの設定は“3”を押してください。」というガイダンスが流れます。

5
0をダイヤルしてください。
6
ガイダンスが流れます。
「転送先電話番号の登録を行います。」「転送先リスト番号の2から4のいずれかを押してください。」というガイダンスが流れます。

7
転送先リスト番号2〜4をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「転送先電話番号を市外局番から入力し最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。

9
転送先の電話番号+#をダイヤルしてください。
10
ガイダンスが流れます。
「登録先リストは□、転送先電話番号は△△△△△△△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。

11
1をダイヤルしてください。
12
登録完了。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「転送先電話番号の登録が完了しました。」「設定メニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで登録は完了です。
 転送先電話番号の指定

転送先リスト番号1〜4の中から指定します。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
4をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「各種設定を行います。」「転送先電話番号の登録は“0”、転送先の指定は“1”、リモートコントロールの設定は“3”を押してください。」というガイダンスが流れます。

5
1をダイヤルしてください。
6
ガイダンスが流れます。
「転送先リスト番号の指定を行います。リスト番号の1から4のいずれかを押してください。」というガイダンスが流れます。

7
転送先として指定したい転送先リスト番号1〜4をダイヤルしてくだだい。
8
ガイダンスが流れます。
「転送先リスト番号は□、転送先電話番号は△△△△△△△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。

9
1をダイヤルしてください。
10
ガイダンスが流れます。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「転送先指定が完了しました。」というガイダンスが流れます。

12
設定完了。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「転送先電話番号の登録が完了しました。」「設定メニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで登録は完了です。
転送を開始される場合は、転送の開始を参照してください。
ご契約時のサービスの状態は転送先リスト番号が設定されていないためあらかじめ番号の登録が必要です。
転送先リスト1番に転送先電話番号が登録されている場合にのみ、転送先リスト1番が転送先に指定されます。
 転送の開始

転送を開始します。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
1をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「転送条件を設定し、サービスを開始します。無条件転送は“1”、無応答時転送は“2”、話中時転送は“3”、無応答時転送と話中時転送の併用は“4”を押してください。」というガイダンスが流れます。
1
無条件転送の場合:転送元の電話を呼び出さずに、かかってきた電話を転送先へ直接転送します。

無応答時転送の場合:いったん転送元の電話を呼び出した後に転送します。電話のベルが鳴っている間に受話器を上げると、電話をかけてきた方とお話ができます。


話中時転送の場合:お客さまが通話中でふさがっているときだけ、転送します。

無条件転送の場合
5
1をダイヤルしてください。
6
設定完了。
「サービスを開始しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
無応答時転送の場合
5
2をダイヤルしてください。
6
設定完了。
「サービスを開始しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
話中時転送の場合
5
3をダイヤルしてください。
6
設定完了。
「サービスを開始しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
無応答時転送の場合と話中時転送の併用の場合
5
4をダイヤルしてください。
6
設定完了。
「サービスを開始しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
ご契約時のサービスの状態は転送「停止」に設定されています。
転送先電話番号を登録しないで転送の開始操作を行った場合には、④で「転送先の電話番号が登録されていません。」というガイダンスが流れます。
セレクト機能が開始されていた場合に、「142+0」で転送の停止を行ったとしてもセレクト機能は開始の状態を保持します。また「転送の開始」を行っても、セレクト機能を続けてご利用いただけます。
 転送停止

転送を停止します。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
0をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「サービスを停止します。しばらくお待ちください。」「サービスを停止しました。」というガイダンスが流れます。

1
5
設定完了。
「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。

ご契約時のサービスの状態は転送「停止」に設定されています。
セレクト機能が開始されていた場合に、「142+0」で転送の停止を行ったとしてもセレクト機能は開始の状態を保持します。
また「転送の開始」を行っても、セレクト機能を続けてご利用いただけます。
 無応答時転送の呼び出し秒数を設定するとき

無応答時転送の呼び出し秒数を指定します。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
3をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「呼出秒数の設定を行います。」「呼出秒数を5から60秒の範囲で入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。

1
5
指定したい電話の呼び出し秒数5〜60+#をダイヤルしてください。

呼び出し秒数は5〜60秒の範囲を1秒単位で設定してください。

6
ガイダンスが流れます。
「入力された秒数は××です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。

1
7
1をダイヤルしてください。
8
設定完了。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「呼出秒数設定が完了しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。

ご契約時のサービスの状態は呼び出し秒数が「5秒」に設定されています。
 外出先の電話から転送の開始/停止、転送先の指定を行う機能の利用を指定するとき

リモートコントロールの利用を指定します。リモートコントロールを利用するには、はじめに暗証番号(数字4桁)の登録が必要となります。暗証番号の登録は、リモートコントロールを指定するときに同時に行います。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
4をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「各種設定を行います。」「転送先電話番号の登録は“0”、転送先の指定は“1”、リモートコントロールの設定は“3”を押してください。」というガイダンスが流れます。

1
5
3をダイヤルしてください。
6
ガイダンスが流れます。
「リモートコントロール利用の設定を行います。」「リモートコントロールを利用しない場合は“0”、利用する場合は“1”を押してください。」というガイダンスが流れます。

1
リモートコントロールをご利用になる場合(合わせて、暗証番号を登録します。)
7
1をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「暗証番号の登録を行います。暗証番号を4桁で入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。
9
リモートコントロールで利用したい暗証番号をダイヤルし、最後に#を押してください。
10
ガイダンスが流れます。
「入力された暗証番号は△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。
11
1をダイヤルしてください。
12
ガイダンスが流れます。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「暗証番号を登録し、リモートコントロールを利用するに設定しました。」というガイダンスが流れます。
13
設定完了。
「設定メニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
リモートコントロールをご利用にならない場合
7
0をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「リモートコントロールを利用しないに設定しました。」というガイダンスが流れます。
9
設定完了。
「設定メニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
ご契約時のサービスの状態はリモートコントロールをご利用にならない状態に設定されています。

暗証番号は、*、#、1111等(同一番号4桁)および、ご契約電話番号の下4桁と同一の番号は指定できません。
リモートコントロールのご利用方法についてはリモートコントロールの使い方を参照してください。
 各種設定状況を確認するとき

ご利用状況を確認します。


1
受話器を上げて142をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープの設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の登録は“2”、呼出秒数の設定は“3”、その他各種設定は“4”、設定状況の確認は“8”を、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
8をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。

【転送先リストが登録されている場合】

「現在、サービスは開始(停止)中です。転送先リスト番号□番の△△△△△△△△△△です。呼び出し秒数は××秒です。」「設定状況の確認を行います。転送先電話番号の確認は“0”、転送条件の確認は“1”を押してください。」というガイダンスが流れます。

【転送先リストが登録されていない場合】

「現在、サービスは停止中です。転送先の登録はありません。呼び出し秒数は××秒です。」「設定状況の確認を行います。転送先電話番号の確認は“0”、転送条件の確認は“1”を押してください。」というガイダンスが流れます。

1
転送先リストの登録内容の確認
5
0をダイヤルしてください。
6
ガイダンスが流れます。
「転送先電話番号の確認を行います。」「登録されている電話番号は、次のとおりです。転送先リスト1番は△△△△△△△△△△、転送先リスト2番は△△△△△△△△△△、転送先リスト3番…」というガイダンスが流れます。
電話番号が登録されていない場合は、「転送先リスト1番は未登録です。転送先リスト2番は・・・」というガイダンスが流れます。
7
確認完了。
「設定メニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
転送条件の確認
5
1をダイヤルしてください。
6
ガイダンスが流れます。
「転送条件の確認を行います。」「登録されている転送条件は次のとおりです。無条件転送モードは開始中(停止中)です。無応答時転送モードは停止中(開始中)です。話中時転送モードは停止中(開始中)です。」というガイダンスが流れます。
7
確認完了。
「設定メニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
(2)セレクト機能に関する設定
 登録リストに電話番号を登録するとき

登録リストとは、転送させたい電話番号もしくは、着信させたい電話番号を登録しておくところです。(登録できる数は最大30番号です。)


1
受話器を上げて147をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープセレクト機能の設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープセレクト機能の設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「電話番号の登録は“2”、各種設定は“3”、登録電話番号の確認は“8”、登録電話番号の削除は“9”、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープセレクト機能の設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
2をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「登録する電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。

5
登録する電話番号+#をダイヤルしてください。
6
ガイダンスが流れます。
「入力された電話番号は△△△△△△△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。

7
1をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「電話番号の登録が完了しました。」というガイダンスが流れます。

9
登録完了。
「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで登録は完了です。
登録リストに登録されている電話番号が満杯の場合、⑤で登録する電話番号をダイヤルした後、「登録件数が30件を超えました。登録されているいずれかの電話番号を削除してから登録してください。」というガイダンスが流れます。登録電話番号の削除方法はこちらを参照してください。
 登録リストから電話番号を削除するとき

登録リストに登録している電話番号を削除します。


1
受話器を上げて147をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープセレクト機能の設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープセレクト機能の設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「電話番号の登録は“2”、各種設定は“3”、登録電話番号の確認は“8”、登録電話番号の削除は“9”、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープセレクト機能の設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
9をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「削除する電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。

5
削除する電話番号(市外局番から)+#をダイヤルしてください。
登録リストに登録されている電話番号がない場合、削除する電話番号をダイヤルした後「電話番号の削除に失敗しました。」というガイダンスが流れます。
6
ガイダンスが流れます。
「入力された電話番号は△△△△△△△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。

7
1をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「電話番号の登録が完了しました。」というガイダンスが流れます。

9
削除完了。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「転送先登録が完了しました。」「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで登録は完了です。
 ご利用条件の設定

セレクト機能のご利用条件を指定します。


1
受話器を上げて147をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープセレクト機能の設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープセレクト機能の設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「電話番号の登録は“2”、各種設定は“3”、登録電話番号の確認は“8”、登録電話番号の削除は“9”、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープセレクト機能の設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
3をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープセレクト機能の停止は“0”、登録した電話番号を転送させる場合は“1”、登録していない電話番号を転送させる場合は“2”を押してください。」というガイダンスが流れます。

5
ご利用する条件の番号を押してください。
セレクト機能の停止0
「ボイスワープセレクト機能を停止します。しばらくお待ちください。」「ボイスワープセレクト機能を停止しました。」というガイダンスが流れます。

登録番号を転送する設定1
「登録した電話番号を転送する設定を実施します。しばらくお待ちください。」「登録した電話番号を転送するに設定しました。」というガイダンスが流れます。

登録していない番号を転送する設定
「登録していない電話番号を転送する設定を実施します。しばらくお待ちください。」「登録していない電話番号を転送するに設定しました。」というガイダンスが流れます。

6
設定完了。
「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで削除は完了です。
ご契約時はセレクト機能停止の状態に設定されています。
セレクト機能が開始されていた場合に、「142+0」で転送の停止を行ったとしてもセレクト機能は開始の状態を保持します。また「転送の開始」を行っても、セレクト機能を続けてご利用いただけます。
転送対象の発信電話番号が非通知・公衆・表示圏外の場合は、セレクト機能は作動しません。
登録した電話番号を転送する設定の場合、登録リストの電話番号と発信者の電話番号が一致したときは転送しますが、一致しないときは、転送元に着信します。登録していない電話番号を転送する設定の場合、登録リストの電話番号と発信者の電話番号が一致したときは、転送元に着信しますが、一致しないときは、転送します。
登録番号転送により電話を転送中に、転送元へ登録リストに未登録の電話番号から電話がかかってきた場合、そのまま着信します。また、登録番号着信(未登録番号を転送)により電話を転送中、転送元に登録リストに登録されている電話番号からかかってきた場合、そのまま着信します。
弊社以外の電話会社の回線を経由した通話については、セレクト機能をご利用できない場合があります。
 セレクト機能において登録リストに登録されている電話番号を確認するとき

登録リストに登録されている電話番号を確認します。


1
受話器を上げて147をダイヤルします。
2
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープセレクト機能の設定を行います。」
「追加番号」をご契約のお客さまのみ
「○○○○○○○○○○番のボイスワープセレクト機能の設定を行います。」というガイダンスが流れます。
「電話番号の登録は“2”、各種設定は“3”、登録電話番号の確認は“8”、登録電話番号の削除は“9”、他の電話番号の設定を行う場合は“5”を押してください。」というガイダンスが流れます。
「追加番号」をご契約のお客さまで他の電話番号を設定したい場合
「5」をダイヤルしてください。「ボイスワープセレクト機能の設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号を入力し、“#”を押してください。(2)のガイダンスに戻ります。
5+ボイスワープの転送設定を行いたい電話番号+#をダイヤルしてください。
3
8をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「登録電話番号の確認を実施します。しばらくお待ちください。」「現在登録されている電話番号は△△△△△△△△△△、△△△△△△△△△△、△△△△△△△△△△・・・です。」というガイダンスが流れます。
登録リストに登録されている電話番号がない場合、「現在登録されている電話番号はありません。」というガイダンスが流れます。
5
確認完了。
「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで確認は完了です。
(3)リモートコントロールの使い方
外出先の電話から転送の開始/停止、転送先の指定を行うとき

リモートコントロールを行います。

リモートコントロールを行うには、事前に「外出時の電話から転送の開始/停止、転送先の指定を行う機能の利用を指定するとき」に従って設定してください。
1
受話器を上げて06-4307-4142 (有料)をダイヤルします。
番号については変更になる場合があります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。
加入電話・INSネットのリモコン用アクセス番号とは番号が異なります。ご注意ください。
2
ガイダンスが流れます。
「お客さまの確認を行います。」「ボイスワープの設定を行いたい電話番号を市外局番から入力し、最後に“#”を押してください。」というガイダンスが流れます。
3
ボイスワープをご契約されている電話番号(市外局番から)+#をダイヤルしてください。
4
ガイダンスが流れます。
「お客さまの暗証番号を入力し、最後に“#”を押してください。」とガイダンスが流れます。
5
暗唱番号+#をダイヤルしてください。
暗証番号を間違った場合、「お客さまの認証に失敗しました。もう一度入力してください。」というガイダンスが流れます。
6
ガイダンスが流れます。
「ボイスワープの設定を行います。」「サービスの停止は“0”、サービスの開始は“1”、転送先の指定は“2”を押してください。」というガイダンスが流れます。
 転送を停止する場合
7
0をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「サービスを停止します。しばらくお待ちください。」「サービスを停止しました。」というガイダンスが流れます。
9
設定完了。
「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
 転送を開始する場合
7
1をダイヤルしてください。
8
ガイダンスが流れます。
「サービスを開始しました。」というガイダンスが流れます。
9
設定完了。
「サービスメニューに戻る場合は“0”、終了する場合は“0以外”を押すか受話器を置いてください。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
 転送先を指定する場合
転送開始の状態で転送先を変更した場合、転送開始の状態は継続されます。

7
2をダイヤルしてください。
-
8
ガイダンスが流れます。
「転送先の指定を行います。」「指定したい転送先リスト番号の1から4のいずれかを押してください。」というガイダンスが流れます。
9
転送先のリスト番号1〜4をダイヤルしてください。
10
ガイダンスが流れます。
「転送先リストは□、転送先電話番号は△△△△△△△△△△です。よろしければ“1”、入力し直す場合は“2”、本設定を中断する場合は“それ以外”を押してください。」というガイダンスが流れます。
11
1をダイヤルしてください。
12
ガイダンスが流れます。
「設定を更新しています。しばらくお待ちください。」「転送先指定が完了しました。」というガイダンスが流れます。
13
設定完了。
「ご利用ありがとうございました。」というガイダンスが流れます。これで設定は完了です。
暗証番号を累計4回間違えると、ご利用できなくなります。そのときには、ボイスワープを契約している回線から暗証番号の登録を再度行ってください。
リモートコントロール機能は、加入電話(プッシュ回線、ダイヤル回線〔プッシュ信号送出機能付き端末が必要〕)、INSネット、携帯電話、PHS等からのご利用が可能です。
リモートコントロールのご利用には通話料がかかります。
リモートコントロールによるセレクト機能の開始・停止はできません。
更に詳細な設定・ご利用方法についてはひかり電話ご利用ガイドからご確認ください。
ボイスワープご契約者までの通話料は、電話をかけた方のご負担となります。ボイスワープご契約者から転送先までの通話料は、ご契約者のご負担となります。転送先がお話し中や応答しない場合、通話料はかかりません。
転送先への電話番号通知については、設定状況により、転送先には発信元の電話番号が通知され、転送元(ボイスワープ契約者)の電話番号が通知されません。
キャッチホン、ナンバー・リクエスト、迷惑電話おことわりサービスをご利用中は、ボイスワープが動作しない場合があります。当社以外の電話会社の回線を経由した通話については、登録番号転送(着信)機能が作動しない場合があります。事業者識別番号(00XYを付与した番号)、国際電話、0120等の着信課金サービス、110番等の1XY番号、および#ダイヤル等は転送先リストに登録できません。
FAXお知らせメール(オプション)ご利用の場合、同一電話番号でボイスワープはご利用できません。ただし、ご契約いただく電話番号が異なる場合はご利用可能です。
テレビ電話とあわせてご利用いただけます。
複数チャネル(オプション)をご利用の場合、同時転送可能数は2となります。
データコネクト(データ通信)をご利用の場合、転送先がデータコネクトを利用でき、転送条件が無条件転送もしくは話中時転送である場合に利用可能です。
「リモートコントロール」のご利用にあたり、あらかじめご契約回線から暗証番号・転送先の登録が必要です。
災害等でご契約回線が故障した際においても、ご契約回線以外からボイスワープの開始等ができるように、「ひかり電話設定サイト」のパスワードや「リモートコントロール」の暗証番号・転送先をあらかじめ登録いただくことをおすすめします。
※ 「話中時転送」・「無応答時転送」モードを選択している場合は、回線故障時には転送されません。
※ リモートコントロールでは、転送先電話番号の新規登録等はできません。
<「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」(いずれもFTTHアクセスサービス)ご利用上の注意>
サービス提供エリアであっても、設備の状況等によりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスがご利用いただけない場合がございます。
サービス提供エリアにつきましては、お問い合わせいただくか、もしくはこちらにてご確認ください。
お客さま建物内の既設の配管設備等の状況により、新たに配管設備等のご用意をお願いする場合があります。
本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。詳しくは、こちらにてご確認ください。
パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が必要です。
<「ひかり電話」(IP電話サービス)ご利用上の注意>
「ひかり電話(またはひかり電話A(エース))」のご利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」、または一部の「コラボ光(詳しくはこちら)」のいずれかのご契約、料金が必要です。なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。
停電時は利用できません。
0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
「ひかり電話」のご利用には、別途工事費が必要です。
各付加サービスを複数の組み合わせでご利用いただく場合、及び「データコネクト」通信の場合、付加サービスによってはご利用いただけない、もしくは機能が一部制約される場合があります。

審査16-1096-1

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 |紙請求書等の発行手数料についてはこちら | 光コラボレーションモデルについてはこちら