光ポータブル LTE(情報機器)

SIMフリーで使えるLTE対応のモバイルWi-Fiルーター
お申し込み
  • ※1 技術規格上の最大値であり、実効速度ではありません。利用環境・状況等によっては通信速度が低下または通信できない場合があります。
  • ※2 「モバイルデータ通信サービス」は、LTE回線、3G回線(W-CDMA方式)に準拠したものを利用できます。弊社で動作を確認している最新の「モバイルデータ通信サービス」についてはこちらでご確認ください。
宅内で使えるWi-Fiサービスのご案内はこちら
おウチもおソトもフレッツ光×Wi-Fi

光ポータブルLTE 7つの特長

Point1 高速通信LTEに対応したモバイルWi-Fiルーター
Point2 SIMフリーだからかしこくはじめられる
Point3 軽くてコンパクト、持ち運びがラクです!
Point4 バッテリー長持ち!連続通信時間最長8時間
  • ※3 動作環境等により変動します。
  • ※4 休止状態・リモート起動時。
Point5 「USB電池供給機能」でスマホ等の電池切れにも対応可!
Point6 最大10台までWi-Fi対応機器が同時につながる!!
  • ※5 「Bフレッツ」でご利用の場合は5台までとなります。
Point7 おウチのWi-Fiルーターとしても使えます!
光ポータブルLTEの月額利用料
「フレッツ光」または「コラボ光」 をご利用の方にレンタル(有料)でご提供!
  • ◆ フレッツ公式サイトからの新規お申し込みで「Web光もっともっと割」(1〜6年目)適用時の金額です。割引適用期間内に解約の場合、解約金(〜30,000円)が必要です。詳細についてはこちらをご確認ください。
  • ※1 インターネットのご利用には、「フレッツ光」に対応したプロバイダーとの契約が必要です。
  • ※2 光ポータブルの設定をNTT西日本が実施する場合、別途費用がかかります。
  • ※3 「光ポータブル」のご利用開始または解約に伴う月額利用料は、日割り計算となります。
  • ※4 「モバイルデータ通信サービス」については、既にご利用済みの場合であっても、追加接続設定等の費用が必要な場合があります。
おソトでネットを使うには、何が必要?
フレッツ光モバイルパックLTE
お申し込みはWebからカンタン4ステップ
お申し込みの流れ
光ポータブルLTEのお申込みはこちら

動作確認済みのモバイルデータ通信サービスはこちら

光ポータブルをご利用中のお客さま 動画で解説!光ポータブルLTEの設定方法

  • 料金のご案内
  • 機器スペック
  • 接続構成
  • ご利用までの流れ
  • 設定方法
  • お問い合わせ
SIMカードが欲しい方におすすめのサービス
フレッツ光モバイルパックLTE

【「光ポータブルLTE(PWR-N1000)」について】

[契約について]

  • ■ 各サービス事業者との契約(「光ポータブルLTE」1台につき「モバイルデータ通信サービス」1事業者分の設定ができます。)が別途必要です。「モバイルデータ通信サービス」との契約内容によっては、プロバイダーとの契約・料金が別途必要な場合があります。
  • ■ レンタルの対象となる電池パックは1個です。この電池パックの劣化については保証の対象外です。2個目以降の電池パックはお客さまにて購入願います。
  • ■ レンタル終了時にはご返却ください。「光ポータブルLTE」を紛失、毀損または解約後にご返却いただけない場合等は、修繕等に必要な費用をお支払いいただきます。

[料金について]

  • ■ 「光ポータブルLTE」および「フレッツ光」の月額利用料はNTT西日本へ、「コラボ光」「プロバイダー」「モバイルデータ通信サービス」の月額利用料は、各サービス提供事業者にお支払いいただきます。

[解約金について]

  • ■ 「フレッツ光」および「コラボ光」を解約(NTT東日本エリアへの移転に伴う解約を含む)、または「フレッツ光」および「コラボ光」以外のサービスへ変更(例:「フレッツ光」から「フレッツ・ADSL」や「フレッツ・ISDN」への変更等)する場合は、同時に「光ポータブルLTE」のレンタルも解約となります。
  • 「光ポータブルLTE」をご利用開始月から24ヵ月目の末日までに解約された場合は、解約金7,000円をお支払いいただきます。ただし、「フレッツ光」および「コラボ光」解約と同時に「光ポータブルLTE」のレンタルを解約する場合、本解約金はかかりません。

審査15-201-1

光ポータブルLTE

お申し込みはこちらから

このページのトップへ

何をお探しですか?

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。 | 紙請求書等発行に手数料が必要となります。詳しくはこちら | 「光コラボレーションモデル」についてはこちら