チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2021.04.30

音楽ライブをVR配信アプリで体験してみた!

音楽ライブをVR配信アプリで体験できる「REALIVE360」のイメージ

会場が遠くて行けない......
当日は仕事で行けない......
そもそも開催していない......

様々な理由でライブに行けない人におすすめしたいのが、エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社のVR映像配信サービス「REALIVE360」。
今回はライブに行けない日々に悶々としているという、ライターの少年Bさんに「REALIVE360」で音楽ライブを体験してもらいました。

少年Bのアイコン

こんにちは! ライターの少年Bです!
わたしは新宿や下北沢、渋谷に高円寺......さまざまなライブハウスに長年通い、多くのアーティストを応援してきました。
しかし、最近は好きなアーティストのライブが軒並み中止や延期。
開催されたとしても、人数制限があり、なかなかチケットを取れません。


ライブに行きたい......!!

あの臨場感を味わいたい......!!

音楽ライブを楽しむ人のイメージ
少年Bのアイコン

そんなある日、「REALIVE360」というアプリなら、家にいながら臨場感あふれるライブを楽しめると知りました。

音楽ライブをVRで楽しめる「REALIVE360」ってどんなアプリ?

少年Bのアイコン

REALIVE360」は、音楽を中心とした様々なライブをスマホやタブレットで視聴できる、マルチアングル360度映像配信サービス。
ユーザーが視聴している範囲を4K/8Kの高画質で配信する独自技術を使っているので、画面を拡大しても、アーティストの顔がはっきりとわかるため、ファンとしては、めちゃめちゃ嬉しいですよね!

REALIVE360の特長:スマホやタブレットで、音楽を中心とした様々なライブを高画質VR 4K/8Kで楽しめる。
少年Bのアイコン

ライブ会場に設置された複数台のVRカメラから、ユーザーが好きなアングルを選べるのも特長の1つ。
アイドルのライブでお気に入りのメンバーだけを追っかけたり、最前列を左右に移動したり、普段は絶対にできないこともできちゃうんだとか
アングルによって音も変わるそうです。

REALIVE360の特長:音楽を中心とした様々なライブをマルチアングルで楽しめる。
REALIVE360の特長:音楽を中心とした様々なライブを立体音響で楽しめる。
少年Bのアイコン

コンセプト動画もぜひチェックしてください!

少年Bのアイコン

こんな配信をスマホ1台で観られるなんて、科学の進歩ってすごすぎません???
それでは、わたしも「REALIVE360」を「3段階」に分けて体験してみます!

音楽ライブを「REALIVE360」×「スマホ」で観てみよう!

少年Bのアイコン

体験!......と言ってみたものの、わたしのスマホは2017年モデルと少し前の機種。
こんなスマホでも大丈夫なんでしょうか......?

背面がバッキバキになった少年Bのスマホ
何度も落っことし、背面がバッキバキになっています。
少年Bのアイコン

体験できなかったらどうしよう......と思ったのですが、杞憂でした。
私の場合は起動できました!やった!
※事前に対応機種をHPにてご確認ください。

VR配信アプリ「REALIVE360」の起動イメージ
少年Bのアイコン

今回は人気バンド「キュウソネコカミ」のライブ映像※を視聴します!
動画がはじまったら画面をスワイプして、視点を固定し、スマホを上下左右に動かす......
※本コンテンツは、2020年12月31日をもって配信を終了しました。

スマホアプリで「キュウソネコカミ」の音楽ライブ映像を視聴する少年B
少年Bのアイコン

おぉ! 本当に画面が360度動く!

「キュウソネコカミ」の音楽ライブ映像
※少年Bにはこんな画面がはっきり見えています。
少年Bのアイコン

......これはすごい!スマホを動かすと視点が変わるので、ぼんやり映像を眺めるのとは、ちょっと違う感覚です!
今回は各メンバーの「推し」カメラがあったので、アングルを切り替えて3回も観ちゃいました!

音楽ライブを「REALIVE360」×「VRゴーグル」で観てみよう!

少年Bのアイコン

スマホ画面でこのクオリティはすごいのですが、やっぱり「画面を見ている感」は拭えません。
そこでVRゴーグルの登場です!

段ボール製の組み立て式VRゴーグル
少年Bのアイコン

とりあえず、段ボール製の組み立て式VRゴーグルを購入しました。
見た目的に少し不安ですが......実際に使ってみるとどうなのでしょうか?

スマホアプリ×組み立て式VRゴーグルで音楽ライブ配信を視聴する少年B

組み立てて、スマホを挟めば準備OK。

おおお、これは......?

音楽ライブ映像をVRで視聴し、興奮する少年B

ライブハウスだ!
わたしはいまライブハウスにいるぞ~!!!

少年Bのアイコン

VRゴーグルによる見え方の変化もすごいのですが、頭(スマホ)の動きに応じて音の聴こえ方が変わるのもいい!
正面の音は正面から、左の音は左からという感じで、各アングルから聴こえる「音」をリアルに再現しているんです!これが立体音響!!

もうテンションMAX!!!

ライブ映像に合わせて動く少年B
少年Bのアイコン

この興奮が少しでも伝わっていれば幸いです。
臨場感を少しでもお届けしようと、撮影も努力したのですが......

VRゴーグルの映像を撮影しようと努力したが無理だと悟った瞬間
少年Bのアイコン

どうあがいても無理でした。すみません。

少年Bが伝えたかった音楽ライブ配信の様子
※少年Bにはこんな画面がはっきり見えています。

音楽ライブを「REALIVE360」×「ワンランク上のVRゴーグル」で観てみよう!

少年Bのアイコン

段ボール製の組み立て式VRゴーグルでも最高だったのが、ワンランク上のVRゴーグルだとどうなるのか?
試してみたくなるのが人情というもの!
今回は特別にVRゴーグルを貸してもらいました!やったぜ!

音楽ライブをVRで楽しむため、ワンランク上のVRゴーグルを用意
少年Bのアイコン

スマホを中にセットして......頭に被ってみると......

スマホアプリ×ワンランク上のVRゴーグルで音楽ライブ配信を視聴する少年B

はい最高~~~~~!!!

少年Bのアイコン

いや、わかってましたよ!わかってたんですよ、そんなこと!段ボール製でも最高だったんですから!
さぁ!みんなで手を振って!!さぁ!みんなで踊ろうよ~!!

イエーイ!!!!!

少年Bのアイコン

おじさんがはしゃいでる絵面ばかりで、本当に申し訳ございません......としか言いようがないんですが、わたしの目にはこんな画面がはっきり見えているんですよ!!!

少年BがVRゴーグルで視聴している音楽ライブ配信のイメージ
※少年Bにはこんな画面がはっきり見えています。
少年Bのアイコン

そりゃね、もうこんなにテンションがブチ上がるのも仕方ないじゃないですか......!

ライブもクライマックスになり、メンバーとハイタッチをはじめた少年B
最終的にメンバーとハイタッチをはじめました。

音楽ライブを「REALIVE360」で体験した結果は?

少年Bのアイコン

はぁ......

少年Bのアイコン

正直、最初は「ただの配信アプリでしょ」なんて思ってました......ごめんなさい!

3段階に分けて体験して、スマホだけでも楽しめるけど、VRゴーグルがあると格段に「良さみ」がアップすることがわかりました。
VRゴーグルは安いものでも良いのですが、バンドで頭に装着するタイプがおすすめです!というのも......

VR配信アプリ「REALIVE360」は、スマホだけよりもバンドで頭に装着するタイプのVRゴーグルで楽しむのがおすすめ

イエーイ!!!!!

少年Bのアイコン

という感じで「ライブの世界」に没入すると、手を動かしたくなったり、踊りたくなったりするのは必然ですから。
今後は音楽ライブだけでなく、演劇や伝統芸能などの配信も検討しているようなので、「REALIVE360」が気になった人は、ぜひチェックしてみてください!

VR配信アプリ「REALIVE360」で音楽ライブを楽しんで「無」になった少年B

何度もはしゃいで踊りまくったため、最終的には完全に「無」の顔になりました。

※この記事は2021年3月31日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査20-1831-1