チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2022.01.27

連載ネットの知恵袋 ネットの疑問あれこれ

Q.スマホで撮った写真を印刷したい! プリンターがなくても印刷できるってホント?

Q.スマホで撮った写真を印刷したい! プリンターがなくても印刷できるってホント?

スマートフォンに保存している画像を印刷したいです。プリンターがなくっても印刷できると聞いたのですが、本当ですか?

A. コンビニプリントを利用するとスマホに保存している画像の印刷が簡単にできます

コンビニプリントとは、WEBサイトにアップロードしたデータを、コンビニのマルチコピー機で印刷できるプリントサービスです。iPhone・Android端末・パソコンそれぞれに対応している場合が多く、いつでも利用ができ、ご自宅にプリンターがない場合も利用可能です。
スマートフォンの画像だけでなくパソコンに保存している画像やデータの印刷ができますよ。
外出先でも利用ができるので、スマートフォンで撮った写真を印刷し、その場でプレゼントなどにもお使いいただけます。

コンビニプリントのイメージ

それでは、コンビニプリントの利用方法を簡単にご紹介しますね。

【コンビニプリントの利用方法】

1. スマートフォンまたはパソコンからコンビニプリントサービスが指定するWebサイトに、印刷したい画像のデータをアップロードします。
2. 画像をアップロードすると、Webサイトに予約番号などが表示されるのでメモに控えます。
3. 対応したコンビニのマルチコピー機で予約番号を入力し、2でアップロードした画像を印刷し、完了です。

コンビニのマルチコピー機によっては、USBメモリやSDカードなどの記録媒体をそのまま接続して印刷ができる場合もあります。
画像をWebサイトへアップロードする際は、Wi-Fiを利用すると通信容量を気にせずにいろんな画像を登録することができますよ。
Wi-Fiの利用でもっと便利に!詳しくはこちら

また、コンビニプリントはさまざまなシーンで活用できます。
具体的な例を挙げて活用方法を紹介いたしますので、この機会にコンビニプリントを使ってみてください。

【スマホの写真以外も!コンビニプリント活用術】

・ちょっと変わった季節のお便りに
お子さまが描いたイラストなどをハガキに印刷して、遠方に住む家族にポストカードとして送ってみると喜ばれるかもしれません。普段とはちょっと違う雰囲気のお便りにおすすめです。また、ハガキに印刷できることを応用して、撮った写真や自分で描いたイラストを年賀状にしてみるのはいかがでしょうか。同じ写真やイラストを印刷できるのでたくさんの方にも送れます。

・日常のこんなシーンにも
インターネットに上がっているレシピや楽譜などの印刷に使ってみるのはいかがでしょうか。料理を作るときに手元にレシピがあると便利ですよね。インターネットにつないでレシピを検索したり、見にくい文字を拡大したりなどの手間を減らすことができます。また、楽譜の印刷にコンビニプリントの利用はおすすめです。インターネットに楽譜が公開されていれば、お子さまやご自身が好きな曲の楽譜をダウンロードし、手軽に練習に利用できます。

・家や会社に忘れてきたときも
画像だけでなく、保存されているPDFデータも印刷ができるので、家や会社に忘れてしまった書類もスマートフォンにデータがあれば、わざわざ書類を取りに戻らなくても、近くにあるコンビニですぐに印刷ができます。すばやく印刷ができるので時間のロスを抑えられます。

【他にもある!スマホの写真の印刷方法】

スマートフォンの写真を印刷する方法として「フォトアルバム」にまとめるのも人気がありますよ。
アプリなどからスマートフォンやパソコンの好きな写真を選んで、申し込むとフォトアルバムが送られてくるサービスです。
手軽に写真を印刷るならコンビニプリント、じっくり思い出ごとに写真をまとめるならフォトアルバムを利用するのもいいかもしれません。それぞれのメリットやデメリットを簡単にまとめましたので利用の際の参考にしてください。

コンビニプリント フォトアルバム
メリット ・手軽にすばやくプリントができる ・写真だけじゃなくいろんな印刷方法がある メリット ・思い出ごとにまとめられる ・アプリがあればどこでも申し込める
デメリット ・コンビニにいく必要がある デメリット ・届くまでに時間が必要

最後になりましたが、コンビニプリントはコンビニ各社によって利用可能なサービスが異なります。セブンイレブンでは「ネットプリント(netprint)」サービス、ローソン・ファミリーマートでは「ネットワークプリント」サービスが利用できます。
コンビニプリントをご利用の際は各社のホームページにてサービスの詳細を確認してくださいね。

※この記事は2022年1月27日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査21-1168-1