チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2017.12.01

連載ネットの知恵袋 ブラウザーの操作

Q. 「パスワードを保存しますか?」と表示されました。これはなんですか?

写真:「パスワードを保存しますか?」と表示されました。これはなんですか?

通販サイトやSNSなどのログインが必要なWebサイトでIDやパスワードを入力すると、「パスワードを保存しますか?」と表示されます。どうしたらいいのでしょうか?

A. Webサイトのログイン情報を記憶する
「オートコンプリート」という機能による表示です

通販サイトやSNSなど、よくアクセスするWebサイトで毎回IDやパスワードを入力するのは手間がかかりますよね。

「パスワードを保存しますか?」や「ログイン情報を保存しますか?」という表示は、Webブラウザーの「オートコンプリート」という機能によるものです。

オートコンプリートは、一度入力したIDやパスワードをWebブラウザーに記憶させ、次回以降の入力を省略する機能です。

オートコンプリートを使うと、Webサイトを閲覧する際にIDやパスワードを入力する手間がかからないため便利ですよ。

オートコンプリートの使い方はWebブラウザーによって異なります。ここでは代表的なWebブラウザーの使い方をご紹介します。

【操作方法】

Microsoft Edge 開く
  • ログインが必要なWebサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力後、[ログイン]ボタンをクリックします。

  • 「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されますので、[はい]をクリックします。

    ※「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されない場合は、次の手順でMicrosoft Edgeのオートコンプリートを[有効]に設定してください。

【オートコンプリートを有効にする操作方法】

  • 画面右上の[設定(...のマーク)]ボタンをクリックし、表示されたメニューから[設定]を選択します。

  • [詳細設定]の項目にある[詳細設定を表示]をクリックします。

  • [パスワードを保存する]の項目を、[オフ]から[オン]へ切り替えます。

  • 画面右上の[閉じる(×)]ボタンをクリックし、Microsoft Edgeを終了します。

  • Microsoft Edgeをもう一度立ち上げ、ログインが必要なWebサイトへアクセスしてIDとパスワードを入力後に[ログイン]ボタンをクリックし、「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されるかどうかを確認してください。
Internet Explorer 11(Windows 10 の場合) 開く
  • ログインが必要なWebサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力後、[ログイン]ボタンをクリックします。

  • 「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されますので、[はい]をクリックします。

    ※「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されない場合は、次の手順でInternet Explorerのオートコンプリートを[有効]に設定してください。

【オートコンプリートを有効にする操作方法】

  • 画面右上の[設定(歯車のマーク)]ボタンをクリックします。

  • 表示されたメニューから[インターネットオプション]をクリックします。

  • [インターネットオプション]画面が表示されますので、[コンテンツ]タブを選択し、[オートコンプリート]の項目の[設定]ボタンをクリックします。

  • [オートコンプリートの設定]画面が表示されますので、[フォームのユーザー名およびパスワード]と[パスワードの保存前に確認]の項目にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。

  • 画面右上の[閉じる(×)]ボタンをクリックし、Internet Explorerを終了します。

  • Internet Explorerをもう一度立ち上げ、ログインが必要なWebサイトへアクセスしてIDとパスワードを入力後に[ログイン]ボタンをクリックし、「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されるかどうかを確認してください。
Google Chrome 開く
  • ログインが必要なWebサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力後、[ログイン]ボタンをクリックします。

  • 「Google Chromeでこのサイトのパスワードを保存しますか?」と表示されますので、[保存]をクリックします。

    ※「Google Chromeでこのサイトのパスワードを保存しますか?」と表示されない場合は、次の手順でGoogle Chromeのオートコンプリートを[有効]に設定してください。

【オートコンプリートを有効にする操作方法】

  • 画面右上の[設定(︙のマーク)]ボタンをクリックし、表示されたメニューから[設定]を選択します。

  • [設定]画面が表示されますので、画面最下部までスクロールし[詳細設定]をクリックします。

  • [パスワードとフォーム]の項目の[自動入力の設定]をクリックします。

  • [自動入力の設定]の項目を、[オフ]から[オン]へ切り替えます。

  • 画面右上の[×(閉じる)]をクリックし、Google Chromeを終了します。

  • Google Chromeをもう一度立ち上げ、ログインが必要なWebサイトへアクセスしてIDとパスワードを入力後に[ログイン]ボタンをクリックし、「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されるかどうかを確認してください。
Firefox 開く
  • ログインが必要なWebサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力後、[ログイン]ボタンをクリックします。

  • 「○○(WebサイトのURL)のログイン情報を保存しますか?」と表示されますので、[保存する]をクリックします。

    ※.「○○(WebサイトのURL)のログイン情報を保存しますか?」と表示されない場合は、次の手順でFirefoxのオートコンプリートを[有効]に設定してください。

【オートコンプリートを有効にする操作方法】

  • 画面右上の[メニュー( Ξ のマーク)]ボタンをクリックし、表示されたメニューから[オプション]を選択します。

  • 画面左側の[プライバシーとセキュリティ]をクリックし、[ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する]にチェックを入れます。

  • 画面右上の[閉じる(×)]をクリックし、Firefoxを終了します。

  • Firefoxをもう一度立ち上げ、ログインが必要なWebサイトへアクセスしてIDとパスワードを入力後に[ログイン]ボタンをクリックし、「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されるかどうかを確認してください。
Safari 開く
  • ログインが必要なWebサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力後、[ログイン]ボタンをクリックします。

  • 「このパスワードを保存しますか?」と表示されますので、[保存する]をクリックします。

    ※.「このパスワードを保存しますか?」と表示されない場合は、次の手順でSafariのオートコンプリートを[有効]に設定してください。

【オートコンプリートを有効にする操作方法】

  • 画面左上の[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。

  • 環境設定の画面が表示されますので、[自動入力]タブをクリックし、[ユーザー名とパスワード]にチェックを入れます。

  • 画面左上の[閉じる(×)]ボタンをクリックします。

  • 画面左上の[閉じる(×)]ボタンをクリックし、Safariを終了します。

  • Safariをもう一度立ち上げ、ログインが必要なWebサイトへアクセスしてIDとパスワードを入力後に[ログイン]ボタンをクリックし、「○○(WebサイトのURL)のパスワードを保存しますか?」と表示されるかどうかを確認してください。

オートコンプリートは便利ですが、有効になっている状態でパソコンを家族や友人が使用すると、オートコンプリートでIDとパスワードを保存したWebサイトにログインできてしまう可能性があります。

そのため、もしオートコンプリートを使用しているパソコンを家族や友人が使用する場合は、OSのユーザー切り替えを行なうなどしてくださいね。

なお、オートコンプリートを有効にしていても、Webブラウザーの「Cookie(クッキー)」機能が無効に設定されている場合は一部のWebサイトで正常にログインができない場合がありますのでご注意ください。

※ Cookieについては次の記事をご覧ください。

■ネットの知恵袋 Q. 接続端末登録をしているのに毎回お客さまIDの入力を求められます
http://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/cb_browser36.html

※パソコンのOSの確認方法は次の記事をご覧ください。

■ネットの知恵袋 Q.自分が使用しているパソコンのOS名やスペック、メーカー名、型番を確認したい
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/cb_pc-equipment55.html

※この記事は2017年12月1日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事