チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2020.10.23

連載ネットの知恵袋 ネットの疑問あれこれ

Q. 「プロバイダー」にはどんな役割がありますか?

写真:「プロバイダー」にはどんな役割がありますか?

Wi-Fiを導入するにあたってインターネットの契約内容を見直しているのですが、プロバイダーは必ず契約しないといけませんか?なぜ必要なのか、どんな役割があるのかがよくわかりません。インターネット回線とWi-Fiルーターだけで使用できると嬉しいのですが。

A. インターネット網に接続するユーザーを管理、証明する役割があります

パソコンやスマートフォン、タブレット端末をネットワークに接続する際、ケーブルで有線接続したり、Wi-FiやBluetoothで無線接続を行なったりしますよね。

インターネット回線に接続するモデムやルーター、ゲートウェイなどの装置は「導線」や「スイッチ」にあたり、電気・ガス・水道などの公共サービスと同じく、設備と道具の工事・設置をするだけではインターネットに接続できません。

実際にインターネットを利用する際には、プロバイダーとの契約が必要です。

プロバイダーの正式名称は「インターネットサービスプロバイダー(Internet Service Provider:通称ISP)」といい、インターネット回線と装置を通じて、自宅内の通信機器をインターネット網につなげるサービスを提供しています。

※プロバイド(Provide)...「提供する、供給する」

■インターネット回線
インターネット網へ接続するために舗装される「道」

■装置(モデムやルーター、ゲートウェイなど)
通信環境(LAN接続された通信機器など)を外部につなぐための「玄関」

■プロバイダー
インターネット網の行き来を管理してWeb上のサービスを利用できるようにする「証明書」

プロバイダーと契約すると「インターネット接続情報」とよばれる「ID/パスワード」がユーザーごとに個別で与えられます。
※ID/パスワードの名称表記はプロバイダーによって異なります。

インターネット接続情報を自宅の装置に設定することで「回線を通じて接続サービスの利用が許可されているユーザー」であることが認証され、Webサイトやアプリにアクセスしたり、メールを送受信したりするなど、さまざまなWebサービスを利用できるようになります。

また、インターネット接続サービスは国内外でさまざまな事業者から幅広く提供されています。
エリアや設備を限定した地域密着型の事業者や、インターネット回線とプロバイダーが提携プランを提供している場合もあるため、適切なプランを選ぶことが重要です。

プロバイダーについてはフレッツ公式サイトでも詳しく紹介していますので、次のページをご覧ください。

■フレッツ公式サイト プロバイダーについて(インターネット接続サービス)
https://flets-w.com/new/isp/

※この記事は2020年10月23日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事