チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2019.03.22

連載ネットの知恵袋 パソコン機器

Q. SDカードはどれを選べば良いの?

写真:SDカードはどれを選べば良いの?

デジタルカメラを買ったのですが、旅行やイベントで写真や動画を撮影するにはどんなSDカードを選んだらいいのかわかりません。

A. SDカードの規格を確認して選びましょう

家電量販店や通販サイトには販売されているSDカードの種類が多く、どれが写真や動画撮影に最適なSDカードなのか分かりづらいですよね。

SDカードのラベルやパッケージには、「SD」などのマークやたくさんの数値が記載されています。

記載されている情報を見ると、SDカードの規格や保存ができるデータの容量、データの転送速度などが分かります。「規格」「データ容量」「転送速度」が分かれば、最適なSDカードを選びやすくなりますよ。

【SDカードの規格・データ容量について】

「SD」のマークはカードの規格を示しています。
「SD」「SDHC」「SDXC」の3種類の規格があり、保存できるデータの容量に違いがあります。

なお、高性能なSDカードを購入しても、デジタルカメラが規格に対応していないと、撮影したデータをSDカードに保存することができない場合があります。そのためSDカードを購入するときは、デジタルカメラがSDカードのどの規格に対応しているのかを確認しましょう。

対応している規格はデジタルカメラ本体や取扱説明書に記載されているので、確認してください。

また、SDカードには「SDカード」「miniSDカード」「micro(マイクロ)SDカード」の3種類があり、大きさによって名称が異なります。

■SDカードの規格・データ容量

[サイズ]SDカード:24×32×2.1(mm)、microSD:15×11×1(mm)、miniSD:20×21.5×1.4(mm) [規格とデータ容量]SD:~2GB、SDHC:4GB~32GB、SDXC:64GB~ [データの規格と対応機器]機器が「SD」対応⇒「SD」の規格のみ使用可能、機器が「SDHC」対応⇒「SD」「SDHC」の規格のみ使用可能、機器が「SDXC」対応⇒「SD」「SDHC」「SDXC」いずれの規格も使用可能

【データの転送速度について】

SDカードにはデータの転送速度が「スピードクラス」「UHSスピードクラス(UHS規格)」「ビデオスピードクラス」の3種類で記載されています。

転送速度は、パッケージやSDカードに記載されている記号や数値で確認することができます。 マークや数値が表す転送速度は次の表と図を参考にしてください。

■記号が示す転送速度

スピードクラス2:最低速度 2MB/秒、スピードクラス4:最低速度 4MB/秒、スピードクラス6:最低速度 6MB/秒、スピードクラス10:最低速度 10MB/秒、UHS-Ⅰ:最高速度 104MB/秒、UHS-Ⅱ:最高速度 312MB/秒、UHS-Ⅲ:最高速度 624MB/秒、UHSスピードクラス10:最低速度 10MB/秒、UHSスピードクラス30:最低速度 30MB/秒 ※UHS規格に対応している機器で使用た場合に保証される最低速度、ビデオスピードクラス6:最低速度 6MB/秒、ビデオスピードクラス10:最低速度 10MB/秒、ビデオスピードクラス30:最低速度 30MB/秒、ビデオスピードクラス60:最低速度 60MB/秒、ビデオスピードクラス90:最低速度 90MB/秒 ※ビデオスピードクラスに対応している機器で使用した場合に保証される最低速度

※上記に記載の記号はイメージ画像です。実際のものとは異なります

最高転送速度について

データの最高転送速度は、高画質で連写するときや動画を撮影するときの性能に影響します。SDカードの規格とあわせて、デジタルカメラがどの規格に対応しているのかを確認して、SDカードを選ぶ際の参考にしてくださいね。

■転送速度の違い

また、SDカードのパッケージやラベルの見方は、次の図を参考にしてください。

※デジタルカメラが「UHSスピードクラス(UHS規格)」や「ビデオスピードクラス」に対応していない場合は、「スピードクラス」の転送速度が適用されます。

写真や動画撮影にSDカードを使いたい場合は、よりデータ転送速度が速いものを選ぶと決定的瞬間を撮り逃したり、綺麗に録画できないなどという負担を少なくすることができます。

SDカードは「規格」や「データ容量」「データの転送速度」によって価格が異なりますので、SDカードを選ぶ際は、家電量販店や通販サイトで規格やデータ容量などの情報を確認し、予算に合ったものを選びましょう。

※この記事は2019年3月22日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事