チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2018.07.05

連載ネットのいろは

vol.05

ワンタッチで楽々文字変換 ファンクションキーの使い方

写真:ワンタッチで楽々文字変換 ファンクションキーの使い方

問:パソコンのキーボードにあるファンクションキーってどういう時に使えるの?
解:全角と半角の切り替え、平仮名からカタカナなど文字入力時の"変換"に役立ちます。

パソコンのキーボード上部に配置されている「F1」~「F12」のキーを「ファンクションキー」といいます。それぞれのキーは機能を持っていて、パソコンの操作時にマウスや他のキーを使うよりも早く操作できることがあります。

「F6」~「F10」は文字入力の際に活躍

たとえば、Webサイトで住所や電話番号などの数字をフォームに入力する時に「F9」と「F10」を使うと、半角と全角の切り替えができます。入力後に指定された形式と違う!とやり直さなくても良くなるんです。
また、カタカナに変更したいけれど(日本語入力時)1回で変換できないような言葉は「F7」を押すとすぐに平仮名がカタカナに変えられますよ。

文字変換で使えるファンクションキー

・F6...全角ひらがな
・F7...全角カタカナ
・F8...半角カタカナ
・F9...全角英数
・F10...半角英数
文字を確定した後(Enterキーを押して下線が消えた後)は変換できないので気をつけてくださいね。

問:文字変換のほかにはどんな時に使えるの?
解:インターネットやオフィスソフト使用時のショートカットキーとして使えます。

インターネットにMicrosoft Excel (エクセル)やWord(ワード)とパソコンで頻繁に使われるソフトウェアの利用時のショートカットキーとして役立ちます。

ショートカットキーとして役立つファンクションキー(一例)

・F1...使用しているソフトウェアのヘルプ画面を表示
・F2...選択しているファイルやフォルダ、アイコンなどの名前を変更
・F3...検索画面を表示
・F4...アドレスバーが開き、過去に開いた履歴やお気に入りのアドレスが候補として表示(Internet Explorer使用時)
・F5...再読み込み(Internet Explorer)、ページなどのジャンプ(Excel、Word)
・F11...全画面表示(Internet Explorer)グラフツールが起動(Excel)
・F12...名前を付けて保存(Excel、Word)
※バージョンによって異なる場合があります。

ショートカットキーは他のソフトウェアでも同じ動作ができる場合、他の機能が割り当てられている場合があります。ご利用のブラウザーなどでも使えるか試してみてくださいね。
ファンクションキーはアプリケーション起動のショートカットキーに割り当てることもできます。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事