ネットの知恵袋

2013.4.1公開

Q. 同じホームページに2回アクセスしたら、IDやパスが自動的に表示された

Q. 同じホームページに2回アクセスしたら、IDやパスが自動的に表示された

はじめて見た時はIDやパスワードを聞かれたのに、次に見た時は何も聞かれないのはどうしてですか?
安全面は大丈夫ですか?


A. ブラウザのCookie(クッキー)にアクセス履歴が残っているからです

インターネットで色々なWebサイトを見ると思いますが、Webサイトでは、アクセスしたユーザーを識別するために、発行しているファイルがあります。そのファイルがCookie(クッキー)です。
Cookieは、Webサイトにアクセスするだけで、ユーザーのコンピュータのハードディスクに自動的に保存されます。保存される情報は、コンピュータがWebサイトへ何回アクセスしたかを記すアクセス履歴の詳細や、ユーザー自身がWebサイト内で入力したユーザーに関する情報などです。

Cookie(クッキー)に保存される内容は
たとえば、Webサイト上で入力したユーザー名やパスワードなどの情報が、次に同じサイトにアクセスしたとき、自動的に表示されたことはありませんか?
また、Webサイトにアクセスした回数が表示される場合もありますよね。
これはCookieの効果なのです。

サイトへアクセスしたときに入力したデータのうち、次回、アクセスしたときにも再度入力する
可能性のある文字がCookieとして保存されるしくみになっており、利用者の利便性が高められています。

訪問履歴などは自動でCookieに保存されますが、ユーザー情報はサイトを訪れた人が入力したものが
保存されるので、どのようなユーザー情報を保存するのかは、ユーザー自身で選択が可能です。

Cookie(クッキー)は何のために使われるか
Cookieを利用することにより、Webサイトにアクセスしたユーザーが簡単、便利にサイトを利用することが可能です。

よく使う掲示板の投稿欄にいつも使うニックネームが保存されていたり、インターネットショッピングのサイトで、
以前購入したときに入力した名前や住所が表示された状態になっていたり。同じ情報を毎回入力する手間が
省けるので利用時間の短縮や、入力ミスが防げるというわけです。

また、Cookieに保存されているアクセス履歴により、Webサイト側は、アクセスした人が何に関心があるのか
知ることができます。 それによって、アクセスした人が興味を持ちそうな情報を意図的に表示させることが
可能になるのです。

Cookie(クッキー)は安全なもの
パソコンに入っているウイルス対策ソフトを起動させて、ウイルススキャンをしたときに、
Cookieという名前のウイルスが検出されることがあります。この「Cookie」は、ここで紹介している
Cookieのことなので、検出されても問題はありません。
また、サイトにアクセスしたときに、自分の情報が画面上に表示されていると便利な反面、
怖いと感じるのではないでしょうか。表示されているユーザー情報は、
アクセスしたWebサイトに保管されているように見えますが、あくまでも、
ユーザーのコンピュータに保存されたCookieから読まれた情報なので、心配する必要はありません。

Cookie(クッキー)を上手く使い分ける
Cookieの特性をご理解いただいた上で、Cookieは設定したくない、と思ったなら、ご自身のコンピュータ上で
Cookieを無効にすることは可能です。

Cookie(クッキー)を無効にする方法
ここでは、Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)を利用した場合の設定方法をご案内します。

* インターネットを開く
* ツール→インターネットオプションを開く
* プライバシータブをクリック
* 設定の欄で、「インターネットゾーンの設定」を操作する。無効にする場合は「無効」を選択する。
* 適用をクリックする。

ただし、すべてのCookieを無効にしてしまうと、アクセスできなくなるサイトもありますので、
設定される際にはご注意くださいね。


記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。