ネットの知恵袋

2015.8.21公開

Q. ソフトウェアの必要環境と推奨環境は何が違うの?

Q. ソフトウェアの必要環境と推奨環境は何が違うの?

購入しようと思っているソフトウェアにパソコンの「必要環境」と「推奨環境」についての記載があったのですが、これは何が違うのでしょうか?

A. ソフトウェアを利用するために最低限必要な環境とソフトウェアを快適に利用するために求められる環境の違いです

ソフトウェアを利用するためには、ソフトウェアが定めたパソコンの利用環境を満たす必要があります。利用環境には必要環境と推奨環境があり、違いは次の通りです。

■ 必要環境
ソフトウェアを利用するために最低限必要なパソコンの性能のことです。ソフトウェアをパソコンにインストールしても必要環境を満たしていないとソフトウェアを起動できなかったり、ソフトウェアが起動しても正常に動作しないことがあります。

■ 推奨環境
ソフトウェアを快適に利用するためにパソコンに求められる性能のことです。



パソコンの性能が推奨環境より不足していると、ソフトウェア単体の動作は問題ありませんが、複数のソフトウェアを同時に稼働するなどの状況によっては動きが鈍くなることがあります。その場合は同時に起動しているブラウザーなどのソフトウェアを終了させることで動作が改善することがあります。

必要環境や推奨環境で求められる性能はソフトウェアごとに違いますが、一般的にソフトウェアをスムーズに動作させるためには推奨環境を満たしていることが望ましいと言われています。ソフトウェアを購入する際はソフトウェアの動作に求められる環境と、使用しているパソコンの環境をメーカーのWebサイトなどで確認してから購入しましょう。


記載の料金・解約金等は特に記載のない限り税込です。