チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

2020.03.09

アウトドアのスペシャリスト「スノーピーク」で体験! 自然の中でテレワークする驚きの効果

写真:アウトドアのスペシャリスト「スノーピーク」で体験! 自然の中でテレワークする驚きの効果

数多くの企業が「働き方改革」に本腰を入れて取り組み始めている昨今。ITの発展と普及によりテレワークが可能となったことで、場所や時間にとらわれない多様な働き方に注目が集まっています。

写真:場所や時間にとらわれない多様な働き方に注目が集まっています。

そんな中、非常に斬新なテレワーク環境を提供しているサービスを発見しました。その名も「CAMPING OFFICE」。オフィスを飛び出し、自然豊かな環境で働く――。この事業を展開しているのが、国産アウトドアメーカーのリーディングカンパニー「スノーピーク」のグループ会社「スノーピークビジネスソリューションズ」です。

今回は、渋谷区神宮前にある「CAMPING TERRACE JINGUMAE」にて開催された体験会に潜入し、自然の中でテレワークする効果を探ってきました。

写真:「CAMPING TERRACE JINGUMAE」にて開催された体験会

大自然や都市部の屋外で働く!「CAMPING OFFICE」の全貌

「人生に、野遊びを。」というコーポレートメッセージを掲げ、文明進化の一方で自然とのふれあいが希薄になり、ストレス過多の状況に陥っている現代人に‟人間性の回復"を提唱するスノーピーク。スノーピークビジネスソリューションズでは「自然を感じて、人とつながり、人間らしく働く」との考えに基づき、働き方改革に関するさまざまなソリューションを提案しています。「CAMPING OFFICE」も、その一環。チームビルディングやビジョンシェアリングを目的に、キャンプフィールドや都市部の屋外で、オフサイトミーティングや社員研修、新事業創造を目的としたクリエイティブな合宿などを体験できるサービスです。

写真:働き方改革に関するさまざまなソリューションを提案しています

「CAMPING OFFICE」では、参加する人たちがテントやタープで会議室を作ることから始まります。レジャー感覚で行う共同作業は、アイスブレイクとしても最適。会議室が出来上がる頃にはすっかり打ち解けて、理想的な雰囲気で研修やミーティングをスタートできるそうです。青空の下、山や海を見渡し、心地良い風を感じながらの会議は解放感にあふれ、アイデアや意見も活発に。これまでに「CAMPING OFFICE」を利用した人からは「普段の会議室よりも意見を言いやすかった」「こんなに盛り上がった研修は初めて」「遊び心あるアイデアが浮かんだ」という声が届いているそうで、社員同士の関係性や主体性・創造性に変化が見て取れます。さらに、脳波測定の結果、集中力の上昇とストレスの低下が得られた事例もあるのだとか。

写真:青空の下、山や海を見渡し、心地良い風を感じながらの会議は解放感にあふれ

スノーピークビジネスソリューションズ取締役事業戦略本部長の藤本洋介氏いわく「生産性向上のためには、第一に社員同士の関係の質を改善することが重要。そこから気づきが生まれて行動が変わり、結果が好転する」とのことですが、業種を問わず、どの企業もめざしたいサイクルでしょう。クリエイティブな色合いが濃いIT業や広告業のみならず、金融業やメーカー業など幅広い業種で「CAMPING OFFICE」が活用されている事実がそれを物語っています。年に数回、定期的に利用するリピーター企業も少なくありません。

画像:藤本洋介氏
スノーピークビジネスソリューションズ取締役事業戦略本部長の藤本洋介氏

そして、もうひとつ忘れてはいけない「CAMPING OFFICE」の特徴が「焚火トーク」。「焚火を囲めば、役職や肩書きを取っ払って本音で語り合えるようになり、互いのプライベートが垣間見えて関係性が変わる」と藤本氏が説明してくれました。オフィスではできない体験が、コミュニケーションを親密にし、ひとりひとりの距離を近づけてくれるのだそうです。

写真:「CAMPING OFFICE」の特徴が「焚火トーク」

心が自然と開いて仲間意識が芽生える。ビル屋上での体験会

写真:心が自然と開いて仲間意識が芽生える。ビル屋上での体験会

説明会が終わって階段で屋上に上がると、都会には似つかわしくないテントとタープ、そして温かい火の光が灯っていました。それらとビル群の夜景の組み合わせは珍しく、参加者が一様に興奮しているのが印象的でした。火を囲んでワインやハーブティー、コーヒーを飲みながら会話を楽しむ様子からうかがえたのは、さっき会ったばかりの人たち同士とは思えない親密ぶり。見ているだけで癒され、なぜかほっとしてしまう火の香りや音に、いつもは固く閉じられている心の扉が、開かれていくからなのかもしれません。

写真:いつもは固く閉じられている心の扉が、開かれていくからなのかもしれません。

飲食店を展開する企業で人事として働く女性2人組は、新入社員のチームワーク強化のために入社式にキャンプを取り入れたい考えから体験会に参加。火を囲むことで心が開いていくのを実感し、早速「CAMPING OFFICE」の良さを上司に報告していました。また、広告業界に身を置く男性2人組は、自社の新卒採用を改革するプロジェクトを手がけているそうで、仲間意識が芽生えるキャンプの魅力を再認識したと言います。

写真:飲食店を展開する企業で人事として働く女性2人組
写真:広告業界に身を置く男性2人組

突然の取材にもかかわらず快くご対応いただきましたが、これも自然を感じられる空間が一体感や解放感を提供してくれたおかげなのでしょう。体験会終了まで会場を去る人はおらず、隣に座る人に仕事の悩みを相談したり、揺らぐ火を眺めたりと、思い思いに満喫されていました。

ITの加速度的進化が、人間の自然回帰をもたらす

写真:ITの加速度的進化が、人間の自然回帰をもたらす

働く気分を前向きに変えられるアウトドアでのワークスタイルは、ストレスを軽減させ、チームビルディングやクリエイティビティを育むことがわかりました。働き方改革やテレワークが推進されている今、ますますその存在感は増していくでしょう。

このように、たまに屋外で仕事ができるようになったのも、ITインフラが整備されているからに他なりません。「CAMPING OFFICE」でも必要に応じてWi-Fiを設置するなどして、研修の合間に通常業務を行えるように工夫を凝らしています。

自然とテクノロジーという一見相反する2つの要素。その融合が、場所や時間にとらわれない新しい働き方を可能とし、企業の課題解決に貢献している姿を垣間見ることができました。今後もこの双方が起こすシナジー効果から目が離せません。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事