チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

2012.12.21

連載ネットの知恵袋 パソコンの操作

Q. 全角と半角を簡単に切り替えるには?

写真:全角と半角を簡単に切り替えるには?

インターネットで買い物する際に、「お届け先住所の欄は全角で入力してください」と記載されていました。 数字やカタカナを入力するたびに、キーボードの変換キーやスペースキーを押して全角に変更していますが面倒です。もっと簡単に変換できる方法がありますか?

A. ファンクションキーを利用しましょう

数字やカタカナは、キーボードの変換キーやスペースキー以外でもファンクションキーを利用することで全角や半角に変換することができますよ。
ファンクションキーとは、キーボード上部にある「F」と数字の組み合わせからなるキーで、それぞれのキーに異なる機能が割り当てられています。 ファンクションキーは一般的に「F1」から「F12」まであり、全角や半角に変換するときは、「F7」から「F10」までのキーを利用します。

例えば、「えぬ・てぃ・てぃ」という文字列を全角のカタカナに変換するには、ひらがな入力モードで「えぬ・てぃ・てぃ」と入力した後に「F7」を押します。 「F7」を押すと「えぬ・てぃ・てぃ」から「エヌ・ティ・ティ」へ変換されます。半角カタカナを に変換するときは、「F7」のかわりに「F8」を利用します。 また、ひらがな入力モードの状態でキーボードの「N」と「T」と「T」を順番に押しても「んtt」と表示されますが、「F9」や「F10」を押すことで、全角や半角の英語に変換できます。 「F9」や「F10」は押すたびに「ntt」→「NTT」→「Ntt」のように大文字と小文字が切り替わります。 もし、英語を使うときは状況に応じて文字を使いわけてくださいね。

なお、メールを送るときに件名や本文で半角のカタカナを使うと、受信側で文字化けして読めないことがあります。 メールを送るときは全角のカタカナを利用しましょう。

※この記事は2012年12月21日現在の情報です。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事