チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

2018.06.28

手軽&おトクにできるスマホの速度制限対策まとめ

写真:手軽&おトクにできるスマホの速度制限対策まとめ

毎月やってくる、スマホの速度制限。動画やゲーム、Webサイトの閲覧までもが遅くなり、「早く月が変わって、解除されないかな......」と、イライラしながら過ごしている人もいることでしょう。

速度制限になるべくひっかからないようにするには、ふだんの利用状況を見直して、月ごとのデータ通信量を超えないようコントロールすることが大切。そこで手軽に実践できるデータ節約術として、不要な通信をカットするコツと、Wi-Fiを上手に活用してスマホの通信量を抑えるコツを紹介していきます!

対策①スマホやアプリ等の設定を調整して不要な通信をカットする

写真:スマホやアプリ等の設定を調整して不要な通信をカットする

一度でも速度制限に悩まされたことがある人なら、むやみにスマホでインターネットを使いすぎないよう日頃から気をつけて利用していることでしょう。しかし、実は私たちが知らないところで、データ通信量が消費されていることがあるんです! まずはそれらを防ぐ、手近な方法を挙げていきます。

SNSで勝手に動画再生しないようにする

SNSのタイムラインを開くと自動で再生される動画。自分で再生ボタンを押していないので利用している実感が薄いですが、実はこれらも通信量を消費しています。各サービスやアプリ上の設定で、動画が勝手に自動再生されないようにしておきましょう。

たまにしか使わないアプリの通信をオフにする

一部のアプリは起動してないときも水面下で通信していることがあります。たまにしか使わないアプリは、スマホ上の設定で通信をオフにしておきましょう。ただし、ランニングの距離を測るアプリ等は、オフにしていると記録がとれなかったりするので、アプリの機能によってはオンのままで。よく使うアプリもオンのままでOKです。

アプリの自動アップデートをオフにする

アプリの最新バージョンがリリースされると自動でアップデートされる「自動アップデート」機能は便利ですが、これも知らないあいだに通信量を圧迫しています。ふだんは自動アップデートをオフに。アプリのアップデートは、Wi-Fiに接続しているときだけ行う方法もあります。

対策②公衆無線LANを上手に利用する

写真:公衆無線LANを上手に利用する

携帯電話会社の通信網を使うモバイルデータ通信では、なるべく大きなデータのやりとりは控えたいところ。そこで併用したいのが公衆無線LAN。無線LAN とは、電波を使って無線でインターネットに接続するネットワーク接続を指し、よく目にする「Wi-Fi」とは無線LANの規格のひとつです。Wi-Fi接続下なら月々のモバイルデータ通信量を消費せずにインターネットを利用できます。モバイルデータ通信のときはひかえめに利用し、大容量のやりとりをするならWi-Fi接続時のみに限定するなど、メリハリをつけて利用するのがおススメです。

公衆無線LANを利用するには

公衆無線LANとは、スマホやタブレットの持ち主が、主に外出先や旅行先でインターネットに接続できるサービスのこと。駅や空港、自治体が指定したWi-Fiスポットや、コンビニ、カフェ等で使えます。

現在Wi-Fi利用を求める訪日客へ向けて、公衆無線LANが拡充されています。近頃は個人経営の飲食店等に設置されていることも多いので、「Wi-Fiありますか?」と気軽に尋ねてみるのもいいでしょう。

公衆無線LAN利用上の注意点

便利な公衆無線LANですが、接続したつもりなのにつながらなかったり、利用者が多く混み合っているために接続しづらい場合もあります。

また、公衆無線LANは使いやすいようセキュリティーが低く設定されていることが多いので、ネット銀行やクレジットカード情報の入力は避けた方が無難。中には公衆無線LANのすぐ近くに犯罪者が偽のWi-Fiを設置し、間違って接続したユーザーの個人情報を抜き取ってしまう手口もあるそうです。接続先をよく確認し、盗まれて困る情報はないか、リスクをよく検討しながら利用するようにしましょう。

対策③自宅でWi-Fi環境を整える

写真:自宅でWi-Fi環境を整える

先ほどの説明の通り、公衆無線LANはセキュリティー上の心配や、うまく接続できない場合もあるので、大事なファイルや個人情報を送受信する場合、またゆっくり動画等を楽しみたい場合には不向き。あくまで一時的な利用に限られます。気兼ねなくネットを利用したいなら、自宅でWi-Fi環境を整えましょう!

導入方法

自宅にWi-Fiを導入する方法はいくつかありますが、一般的なのはインターネット回線用の装置にルーターを加えて、家の中に電波を発信するやり方。複数の機器をインターネットにつなげられるルーターは、有線接続で利用するものと無線接続で利用するものがあり、スマホにつなげたいなら無線ルーターが必要です。市販品もありますが、最近は通信会社から提供される、インターネット回線用の装置とルーターを兼ねた一体型のものもあります。

導入例)フレッツ光(FTTHアクセスサービス)をご利用の場合

たとえば「フレッツ 光ネクスト+ひかり電話(IP電話サービス)」を利用しているご家庭なら、ホームゲートウェイという機器が設置されています。ホームゲートウェイはインターネット回線用の装置とルーターを兼ねているものもあるので、別途ルーターを用意する必要はありません。これに、お支払い中の月額料金にプラス月額100円(※1)で借りられる「無線LANカード(SE-40NE「2」/情報機器)」を挿入すると、家族みんなが同時にWi-Fiを利用できる環境が整います(※2)。

※1 ひかり電話を利用していないご家庭の場合は料金が異なります。
※2 IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠している機器が必要です。利用環境・状況等により、通信速度が低下または通信できない場合があります。

フレッツ 光ネクスト等をご利用しているご家庭なら、多少のコストはかかりますが、気兼ねなくインターネットを使えると思えば安いもの。たとえば大容量の動画をWi-Fi環境の整った自宅でダウンロードしておけば、外出先でもインターネット接続なしで再生できるものもあるので、スマホのデータ通信量を消費することはありません。

◆まとめ

最後にご紹介した対策③「自宅でWi−Fi環境を整える」は、スマホの速度制限対策として一役買うばかりか、最新のテレビやプリンターなどWi-Fi接続対応の家電にも対応できて、日々の暮らしが便利になることも期待できます。この機会にWi-Fi環境を整えてモバイルデータ通信とWi-Fi通信を上手に使い分け、快適なインターネットライフを過ごしてくださいね♪

■関連サイト
Wi-Fiで家族みんなの毎日をもっと便利に、快適に。
https://flets-w.com/cp/wifi2/

スマホの速度制限をフレッツ光ネクスト+Wi-Fiで解決!
https://flets-w.com/cp/wifi1/

※記載の料金は税抜です。消費税が加算されます。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査18-1402-1