チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2021.06.17

連載ネットのいろは

vol.45

Excel操作がグッと便利に! 覚えておきたいショートカットキー

Excel操作がグッと便利に! 覚えておきたいショートカットキー

表計算やグラフ作成に便利な「Excel」。実際にお仕事などで使われている方も多いのではないでしょうか。いろいろな機能がある分、使いたい機能を探すのに手間取ってしまうことも...。よく使う機能をショートカットキーで覚えておくと、グッと作業効率がアップしますよ!
※この記事はWindows版を想定して作成しています。ご利用の環境によって、記載の内容と一部異なる場合があります。

まず覚えたい基本のショートカットキー

どんな作業にも必要不可欠な基本の動作は、ショートカットキーで覚えておきましょう。

「Ctrl」+「C」 選択した内容をコピー
「Ctrl」+「X」 選択した内容を切り取る
「Ctrl」+「V」 コピーされた内容を貼り付ける
「Ctrl」+「Z」 直前の操作を取り消す
「Ctrl」+「S」 ファイルを上書き保存する

表示形式に関するショートカットキー

セルの見た目を整える際に覚えておくと便利なショートカットキーをご紹介します。

文字の装飾

「Ctrl」と数字キーを組み合わせて、簡単にいろいろな装飾をつけることができます。

「Ctrl」+「1」 「セルの書式設定」画面を開く
「Ctrl」+「2」 選択した文字を太字にする
「Ctrl」+「3」 選択した文字を斜体にする
「Ctrl」+「4」 選択した文字に下線を引く
「Ctrl」+「5」 選択した文字に打ち消し線をつける

※テンキーで動作しないときは、メイン配列の数字キーで動作する場合があります。

選択したセルの周囲に外枠罫線を引く/消す

「Ctrl」+「Shift」+「&」で、選択したセルを罫線で囲むことができます。格子ではなく、外側だけに線が引かれる点に注意しましょう。
同じように、「Ctrl」+「Shift」+「_」で外側の罫線を削除することができます。

その他の便利なショートカットキー

他にも、ショートカットキーを使うといろいろな操作を素早く行うことができます。

単語を検索

「Ctrl」+「F」で、指定の単語が含まれるセルを検索できます。英語の「Find」の頭文字で覚えると分かりやすいですよ。
※「次を検索」を押すと、現在カーソルがあるセル以降の範囲で検索します。例えば2行目にカーソルがあった場合、1行目は検索範囲に含まれないので注意しましょう。

単語を置換

「Ctrl」+「H」で、指定の単語を別の単語に置換することができます。修正が必要な箇所が多い場合などにとても便利な機能です。

行/列を挿入

「Ctrl」+「Shift」+「+」で、選択中の行の上下や列の左右に新しい行/列を追加できます。

優先度をつけて覚えていくのがコツ

優先度をつけて覚えていくのがコツ

ショートカットキーを覚えることは作業の効率化につながりますが、機能が充実している分、すべてを覚えるのはかなり労力が必要です。まずは自分が実際によく使う機能から優先的に覚えていくと、繰り返しの作業を効率化できるのでオススメですよ!

また、Excel以外でも便利なショートカットキーはたくさん存在しています。
今回ご紹介したショートカットキーと合わせて、さらに時短を目指してみませんか?

■参考記事
Windows 10 を使いこなそう! 効率アップのための便利ワザ5選 - チエネッタ
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/atr_ser-cat36_5tips-for-windows10.html

ワンタッチで楽々文字変換 ファンクションキーの使い方 - チエネッタ
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/nrt_ser-cat36_function-key.html


※この記事は2021年6月17日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事