チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2020.10.09

連載ネットの知恵袋 セキュリティー

Q. httpとhttpsって何が違うのでしょうか?

インターネットでWebサイトを見ているとURLが「http」から始まるものと「https」から始まるものがあります。何か違いはあるのでしょうか?

A. 通信の安全性が違います

パソコンやスマートフォンなどからWebサイトを閲覧する時は、Webサイトを公開しているWebサーバーとデータ通信を行ないます。
データ通信には種類があり、「http」と「https」は通信種別の名称です。

【http】
httpは「HyperText Transfer Protocol(ハイパーテキスト トランスファー プロトコル)の略で、データ通信の際に通信内容を暗号化しない方式です。
そのため、http通信を使ったWebサイトでデータの入力や発信を行なうと悪意を持った第三者に通信内容を知られてしまう可能性があります。
カード番号や個人情報などの重要な情報はhttp通信のWebサイトでは入力をしないことをおすすめします。
※http通信のWebサイトを閲覧するだけで、個人情報が漏えいすることはありません。

【https】
httpsは「HyperText Transfer Protocol Secure(ハイパーテキスト トランスファー プロトコル セキュア)」の略で、SSL/TSL(※)を利用した通信種別です。
https通信ではWebサイトとWebサーバーの間のデータ通信の時に通信の内容が暗号化されているため、第三者への通信内容の漏えいや改ざんを防ぎます。

※■ ネットの知恵袋 Q.インターネットで入力した個人情報が心配
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/cb_security01.html

お使いのWebブラウザーによってはアドレスバーに鍵のマークの表示などで現在の通信の種類を確認することができます。
ここでは代表的なWebブラウザーごとに「http」と「https」通信の確認方法をご紹介しますね。

Microsoft Edgeの場合 開く

Microsoft Edgeではhttp通信の場合、「セキュリティ保護なし」というメッセージがアドレスバーに表示され、https通信の場合は、アドレスの左側に「鍵のマーク」のアイコンが表示されます。

<http通信>

<https通信>

Internet Explorerの場合 開く

Internet Explorerでは、アドレスバーの右側に「鍵のマーク」のアイコンが表示されるかどうかで通信の状態がわかります。
https通信の場合はアイコンが表示されます。
また、アドレスバーに「http://」「https://」まで表示されるのでアドレスを確認いただいても通信の状態がわかります。

<http通信>

<https通信>

Google Chromeの場合 開く

Google Chromeでは、http通信の場合、「保護されていない通信」というメッセージがアドレスバーに表示され、https通信の場合は、アドレスの左側に「鍵のマーク」のアイコンが表示されます。

<http通信>

<https通信>

Firefoxの場合 開く

Firefoxでは、アドレスバーの左側に「鍵のマーク」のアイコンが表示され、http通信の場合は、鍵の上に斜線がひかれたアイコンが表示されます。
https通信の場合は、「鍵のマーク」のアイコンに加え、左側の「盾」のアイコンも青色で表示されます。

<http通信>

<https通信>

Safariの場合 開く

Safariでは、http通信の場合はアドレスバーの左側に「安全ではありません」という表示があり、https通信の場合は、「鍵のマーク」のアイコンが表示されます。

<http通信>

<https通信>

「http」や「https」はWebサイトの安全性を判断する基準の一つですがすべての安全性を保証するものではありません。
そのため、インターネットを利用する際のリスク低減の一つとしてとらえ、日頃からウイルス対策ソフトを導入することや、不審なWebサイトへアクセスしないなどの意識や対策が必要です。

次のページでは、安全にインターネットをお楽しみいただくためにインターネットのセキュリティー対策について紹介していますので、参考にしてくださいね。

■チエネッタ - あなたを守るセキュリティー講座 記事一覧
https://flets-w.com/chienetta/ent-series/ser-security/

※この記事は2020年10月9日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

チエネッタ編集部

チエネッタ編集部

インターネットを楽しく・便利に使うための情報を発信しています。Wi-Fiを使った節約術や、パソコンの便利な操作方法など、暮らしに役立つ「チエ」と、会話を盛り上げる「ネタ」をお届けします。
運営会社:NTT西日本

審査22-690-1

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事