チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2019.01.17

連載ネットのいろは

vol.18

Bluetoothでスマホを楽しむ方法

Bluetoothでスマホを楽しむ方法

問:Bluetoothって何ですか?
解:近距離でデジタル機器のデータ通信をやり取りする無線通信技術です。

Bluetoothで接続すると、対応した機器の間でワイヤレスでのデータのやりとりができます。
「無線通信」と聞くとWi-Fiを思い浮かべる方が多いかと思いますが、それぞれの特徴をみていきましょう。
※対応機器同士をペアリングして使用する必要があります。

Bluetooth

Bluetoothは数メートルから10メートル程度の近距離無線通信用に作られた規格です。
スマートフォンやタブレットに内蔵されており、Bluetooth対応の周辺機器が利用可能になっています。
基本的に狭い範囲や距離で機器を繋ぐために使うものとなります。
また、1対1の通信を目的とされており、通信速度もWi-Fiに劣るため大量のデータを送る事には不向きです。

Wi-Fi

Wi-Fiは50~100メートル程度の無線通信用に作られた規格です。
機器をWi-Fiルーター(LAN)に繋ぎ、インターネットに接続して大量のデータ通信が可能です。
また、複数の機器でネットワークを構築して高速通信が可能なので、スマートフォンやパソコン、プリンターなどを一度に繋いで利用することができます。

問:どんなものがあるの?
解:無線のイヤホンやキーボード、マウスなどに使われています。

Bluetoothを利用するとケーブルを繋ぐ機会が少なくなるため、お部屋や身の回りもすっきりして過ごしやすくなる事が何よりのメリットです。
また、スマートフォンに内蔵されており少しの設定で気軽に使えるため、最近ではスマートフォンと連携して使える機器も続々と出てきています。

Bluetooth対応の機器(一例)

画像:Bluetooth対応の機器

スピーカー
ケーブルの配置を考える事なく好きな位置に置けるため、スピーカーをBluetoothにする人も多いようです。
防水スピーカーならお風呂やキッチンなど水場でも利用が可能。
屋外でも室内でも活躍できるのが何よりの強みです。

ヘッドホン・イヤホン
スマートフォンに繋げるとハンディフリーで通話を楽しんだり、音楽を聴いたりする際にコードが絡まらなくなり、カバンや服に引っかかって断線する可能性も低くなります。混み合った場所でもコンパクトに使えるため、収まりも良いです。

自撮りリモコン
スマートフォンから約10メートル以内ならカメラのシャッターを切れる自撮り用のリモコン。コンパクトで持ち運びやすく旅行やアウトドアでも活躍できます。集合写真を撮る際にも便利です。

防犯アクセサリー
緊急時にボタンを押すとメールを送信したり電話をかけてくれたりする防犯アクセサリーも最近注目されています。あらかじめ設定が可能なので緊急時の連絡先を登録する事ができます。あらゆるシーンで活躍できるアイテムです。

体重計
Bluetoothでデータを専用のアプリに送信し、体重以外にBMI値や筋肉量などをスマートフォンで簡単に管理する事が可能です。記録として残せるためいつでも健康状態が把握できます。

キーボード・マウス
コードが絡まりがちなパソコン周りをスッキリさせるワイヤレスマウスも人気が出てきています。
有線マウスはUSBを使用する事が多いのですが、Bluetoothを利用するとUSBを使わずにすぐに使う事ができます。

■参考記事
ネットの知恵袋
Q. Bluetoothって何ですか?
https://flets-w.com/user/point-otoku/knowledge/wi-fi/wi-fi14.html

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事