チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2022.08.18

光ファイバーとは? しくみや導入方法を初心者向けに解説

光ファイバーのイメージ

よく耳にする「光ファイバー」。しかし、そのしくみを正しく理解できている人は多くありません。本記事では、光ファイバーの通信のメリット・デメリットやADSLとの違いなど、導入前に知っておきたいことを解説。おすすめの光ファイバーもご紹介します。

光ファイバーとは

光ファイバーのイメージ

光ファイバーとは、透過率の高い石英ガラスや高性能プラスチックなどで構成される光の伝送路のこと。平たく言えば、ガラスやプラスチックなどでできた「光を通す繊維」です。

光ファイバーが光回線の伝送路として使用されているのには理由があります。それは、電磁気の影響に強く、高速信号を長距離に伝送できるため。このことが光ファイバー最大の特徴です。

光ファイバーを用いた通信のしくみ

光ファイバーのイメージ

次に、光ファイバーを用いた通信のしくみを見ていきましょう。光ファイバーは、光信号による情報を伝達することができます。

まず、変換器によって送信元の情報を電気信号から光信号に変換。変換された光信号が光ファイバー内を通って受信先に送られると、再び電気信号に変換されます。そこからLANケーブルを通してルーターやデバイスに送信されるのが、光ファイバーを用いた通信のしくみです。

光ファイバーは、電気信号から光信号、光信号から電気信号と相互に交換するしくみで、高速かつ安定的な長距離伝送を実現しているのです。

光ファイバー通信を使用するメリット・デメリット

光ファイバーのイメージ

そんな光ファイバー通信を使用するメリットとデメリットは以下の通りです。

≪メリット≫

・通信速度が速い
先ほど述べた通り、光ファイバー通信は光信号で伝送するため、高速通信が可能です。プラン等によって異なりますが、理論上の通信速度は下りと上りともに最大10Gbps。ADSLの通信速度が最大でも50Mbpsですので、実に200倍以上の通信速度を誇ります。
ただ、この通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではなく、各人の利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況などにより低下することがある点に注意が必要です(詳しくは各回線事業者のHPをご確認ください)。

・安定しやすい
光ファイバーの繊維はノイズの影響を受けにくい性質を持っているため、通信速度が他のインターネット回線と比較して安定しやすい傾向にあります。

・伝送損失が少ない
伝送損失が少ないことも、安定しやすい通信に寄与しています。伝送損失とは、通信の伝送路における信号の劣化比率のこと。光ファイバー通信は伝送損失が少ないため、伝送損失による通信の遅延や断続的な切断といったトラブルも、他のインターネット回線と比較して起こりにくくなります。

≪デメリット≫

・工事の必要がある
自宅で光ファイバー通信を利用するには、ケーブルを引き込む工事が必要です。戸建てであれば20,000~40,000円、集合住宅の場合は15,000~30,000円が一般的な初期工事費の相場です。引き込み工事には原則として立ち合いを求められるので、時間を拘束されるのもデメリットといえるでしょう。

・持ち運びができない
自宅にケーブルを引き込む光ファイバー通信は、モバイルルーターのように外に持ち出すことはできません。

ADSL、ケーブルテレビ、モバイルルーターとの違い

回線プラグのイメージ

自宅にインターネット環境を用意する方法としては、光ファイバー通信の他に「ADSL」「ケーブルテレビ」「モバイルルーター」が挙げられます。それぞれの概要と、光ファイバー通信との違いを解説します。

・ADSL
ADSLは、アナログ電話回線を流用してインターネット接続を行なっています。アナログ電話回線を使用しているため、情報を電気信号のまま伝達しています。

・ケーブルテレビ
ケーブルテレビは、電気信号を伝えるケーブルと、光信号を伝達する光ファイバーケーブルの両方を採用しています。

・モバイルルーター
モバイルルーターとは、インターネットに接続するための小型端末のこと。光回線やADSLがケーブルによって接続されているのに対し、基地局から無線で接続されるのが特徴です。モバイルルーターを通じ、無線でインターネットに接続できます。

以下に簡単に4つの違いをまとめました。

 
光ファイバー通信 ADSL ケーブル
テレビ
モバイル
ルーター
伝送方式 光信号 電気信号 光信号
電気信号
電波
伝送速度 速い 遅い 普通 普通

光ファイバー通信を導入するには

やることリストのイメージ

・1.回線の契約
回線とプロバイダーとの契約がファーストステップです。現在、光回線・プロバイダーがセットになっていることが一般的ですが、その両方と契約しなければインターネットには接続できません。なお、回線事業者によって対応エリアが異なります。光ファイバーを利用したい場所が対応エリアに含まれているかどうか、必ず事前に確認しておきましょう。

・2.工事の依頼
回線事業者とプロバイダーに申し込みをしたら、光ファイバーの引き込み工事を依頼しましょう。工事には原則として立ち会いが必要ですので、都合の良い日時で調整してください。なお、引き込み工事の所要時間は約1時間。時期によって異なりますが、契約完了後、約2週間から1か月程度で工事が実施されます。また、設備の状況によっては立ち合いが必要な工事が不要となる場合もあるので、工事の依頼時には事業者へ確認をしてみましょう。

・3.接続機器の設置
光ファイバー通信を利用するには、ONUとルーターを設置しなければなりません。ONUは、電気信号と光信号に相互変換するためのもの。光ファイバー通信にとって欠かせない機器です。ONUとルーターともに電源が必要になるので、コンセント付近に設置すると良いでしょう。

・4.接続機器の設定
ONUとルーターといった接続機器を設置したら、初期設定を行いましょう。設定が完了次第、光ファイバー通信を利用できます。

≪マンションの場合は事前確認≫

集合住宅のイメージ

マンションの場合、すでに光ファイバー通信が導入されているケースがあります。マンションに導入済の光ファイバー通信に加入する場合は、共用部分から自分の部屋まで工事をするだけで開通するので、比較的簡単です。もし新たに別の回線を引き直したい場合は、事前に管理会社に確認するようにしましょう。

光ファイバー通信におすすめの会社

最後に、光ファイバーを使った光回線におすすめの会社をご紹介します。

おすすめしたいのは、NTT西日本が提供する「フレッツ光」。実績と歴史に裏付けされた高速・安定・高品質を追求した光ファイバーです。そのうえ、サービスが充実。「フレッツ光」なら、自分に合ったプランを選択でき、快適なインターネットライフがかないます。

通信速度と安定性にこだわりたいのなら、光ファイバー通信がおすすめ!

光ファイバーのイメージ

光ファイバーについてご理解いただけたでしょうか?インターネットを利用するにはさまざまな方法がありますが、通信速度と安定性にこだわりたいのなら、光ファイバー通信がおすすめです。光ファイバー通信を導入すれば、インターネットの通信環境に対する不満が解消につながるでしょう。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事

審査22-419-1