ネットの知恵袋

2016.5.27更新

Q. 「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」とメッセージが表示された

Q. 「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」とメッセージが表示された

Webサイトを見ていたら「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」とメッセージが表示されました。どうしたらメッセージが表示されないようになりますか。

A. セキュリティ証明書に関するメッセージが表示される場合は、Webブラウザーのアップデートや利用しているWebサイトの案内を確認して改善するか試しましょう

Webサイトを閲覧中に「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」とメッセージが表示されると驚きますよね。


このメッセージが表示されるWebサイトには「SSL(エスエスエル)」や「TLS(ティーエルエス)」と呼ばれる暗号化技術が使われており、Webサイトの暗号化技術が信頼できることを証明しているのが「セキュリティ証明書」です。


従来から使用されてきた 「SSL」には脆弱性が発見されたため、現在は「TLS」で暗号化をしてWebサイトを閲覧する方法が推奨されており、個人情報を扱うインターネット上のサービスでは、「SSL」を使用した暗号化通信ができないよう仕様が変更されています。


そのため、閲覧の際に「SSL」を要求するWebサイトはセキュリティー上の問題から閲覧しないことをおすすめします。


最新の暗号化技術の「TLS」の概要や「TLS」でWebサイトを閲覧する方法については、ネットの知恵袋にてご案内していますので、参考にしてくださいね。



■ネットの知恵袋 - セキュリティー  Q.インターネットで入力した個人情報が心配
http://flets-w.com/point-otoku/knowledge/security/security01.html



現在は「TLS」で暗号化してWebサイトを閲覧する方法が一般的なため、セキュリティ証明書についてのメッセージが表示される場合、 「TLS」に対応していないWebブラウザーを利用している可能性があります。
その場合は、セキュリティー対策が万全ではありませんのでWindows Updateの実行や、ご利用中のWebブラウザーの提供元にて 最新版をダウンロードしてくださいね。


また、利用しているパソコンに暗号化通信の際に必要となるセキュリティ証明書が搭載されていないことによりエラーが発生する場合もありますので、利用したいWebサイトでセキュリティ証明書のエラーに関する改善方法が案内されていないかどうかを確認してください。



もし、最新のWebブラウザーを利用しているにもかかわらずセキュリティ証明書についてのメッセージが表示される場合は、このページの下にある「質問する」から「セキュリティ証明書のエラーの対処方法を教えて」などの内容にご利用中のOSのバージョンとWebブラウザーの名称・バージョンを記載してお問い合わせくださいね。






記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。