チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

2019.06.07

連載ネットの知恵袋 メール

Q. メール文中のURLをクリックしてもWebサイトが開かない

受信したメールのURLをクリックしてもWebサイトが開きません。URLをコピーしてWebブラウザーのアドレスバーに貼り付けると正しくWebサイトが開きます。どうすればメールのURLからWebサイトを開くことができますか?

A. Webブラウザーを「既定のアプリ」または「デフォルトのWebブラウザ」に設定しましょう

メール本文に貼り付けられたURLをクリックしてもWebサイトが開かないときは、お使いのWebブラウザー(※1)がWindows OS の場合は「既定のアプリ」macOS の場合は「デフォルトのWebブラウザ」に設定されていないことが考えられます。

既定のアプリとはWebサイトや画像、音楽などの特定の種類のファイルを開く際に自動的に起動するアプリのことです。

利用したいWebブラウザーを「既定のアプリ」または「デフォルトのWebブラウザ」に設定することで、メール本文に貼り付けられたURLをクリックするとWebブラウザーが起動し、Webサイトが開きますよ。

ここではWindows 10 とmacOS の操作をご紹介します。

Windows 10 の場合 開く

【操作方法】

  • デスクトップ画面左下の[スタート(旗のマーク)]ボタンをクリックし、表示されたメニューから[設定(歯車のマーク)]を選択します。

  • [Windows の設定]画面が表示されますので、[アプリ]をクリックします。

  • [既定のアプリ]をクリックします。

  • [既定のアプリ]画面が開きますので、画面をスクロールして[Webブラウザー]の項目を表示します。

  • [Webブラウザー]の項目を確認します。
    Webブラウザーを変更する場合は、[Webブラウザー]に表示されたアイコンをクリックします。
    ※ここで表示されているアプリがお使いのパソコンで[既定のアプリ]として設定されているWebブラウザーです。

  • [既定のアプリ]として利用したいWebブラウザーを選択します。
    ここでは一例として[Internet Explorer]を選択して手順を進めます。

  • 選択したWebブラウザーが[既定のアプリ]に設定されます。

以上で設定は完了です。
パソコンを再起動した後、受信メールのURLをクリックし、Webサイトが正常に開くかを確認してくださいね。

macOSの場合 開く

【操作方法】

  • デスクトップ画面左上の[アップルメニュー(りんごのマーク)]をクリックし、表示された項目から[システム環境設定]をクリックします。

  • [システム環境設定]画面が開きますので、[一般]を選択します。

  • [一般]画面が開きますので、[デフォルトのWebブラウザ]の項目を確認します。
    Webブラウザーを変更する場合は、[デフォルトのWebブラウザ]を選択します。
    ※ここで表示されているWebブラウザ-がお使いのmacOS で [デフォルトのWebブラウザ]として設定されているWebブラウザーです。

  • [デフォルトのWebブラウザ]として利用したいWebブラウザーを選択します。
    ここでは一例として[Google Chrome]を選択して手順を進めます。

  • 選択したWebブラウザーが[デフォルトのWebブラウザ]に設定されますので、左上の[×]を選択して設定を終了します。

以上で設定は完了です。
macOS を再起動した後、受信メールのURLをクリックし、Webサイトが正常に開くかを確認してくださいね。

(※1) ■ネットの知恵袋 Q. Webブラウザーにはどんな種類がありますか?
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/cb_browser09.html

※この記事は2019年6月7日現在の情報です。

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事