チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

2019.11.14

連載ネットのいろは

vol.30

写真に自動で記録されている"Exif情報"講座

写真:写真に自動で記録されている

スマホやデジカメで撮った写真に自動記録されるExif情報について知っていますか?
とても便利な機能なのですが、危険もあるのです。
SNSに写真をアップしている方はそのメリットとデメリットを知っておいてくださいね。

いつ・どこで・どんな設定で撮った写真かわかる情報

デジタル機器で撮影した写真のほぼすべてにExif情報は自動付与されています。
Exif情報とは写真の撮影日時やカメラの機種名、絞りやISO感度といったカメラの設定、編集に使ったソフトウェアなどさまざまな情報を含んだデータの集まりのことです。
「いつ・どこで・どんな設定」で撮影したのかがわかるので、写真の管理をする時には便利な情報ともいえます。
また、GPS機能がONになっている場合は「どこで」撮影したのかもわかるようになっています。

いつ・どこで・どんな設定で撮った写真かわかる情報

Exif情報があるからできること

・撮影日時や場所で並び替えるなどの表示ができ整理がしやすい
・設定を変えて撮影し情報を見比べることで撮影技術の向上に役立つ
・撮影した場所や機材がわかる
・写真愛好家のSNSなどでは観た人に参考になる情報を共有できる

気を付けたいのは悪意ある第三者への情報の流出

このExif情報は見るために特別なソフトを使うことはありません。簡単に見ることができます。
SNSなどインターネット上に公開した写真にも情報はついたままの場合があるので、Exif情報から個人情報がもれてしまう可能性があります。

例えば自宅で撮った写真に位置情報が記録されていたら「自宅のある場所」がわかりますし、誕生日とわかる写真をアップしていたら「いつが誕生日」なのかわかってしまいますね。

たとえひとつの情報からわかることは少なくても、インターネット上にあるさまざまな写真の情報を読みあわせることで「あなたが一体どんな人物なのか」わかってしまう危険性があります。そして、そこから犯罪に巻き込まれることもないとは言えません。

そういったことが起こらないためにも必要のないExif情報は削除しておくようにしましょう。
特に位置情報は普段からOFFにしておくことをおすすめします。

簡単!Windows でのExif削除方法

簡単!Windows でのExif削除方法

ほかにもExifを確認、管理・削除できるフリーソフトやスマホのアプリなどもあるので使いやすいものを探してみてください。

何気なく撮影している写真から大切な情報がもれることのないよう、どんな情報が書かれているのか一度確認してみてくださいね。

■参考記事
知らないうちにデジタル誘拐や拡散で悪用も 子どもの写真をSNSにアップするリスク - チエネッタ
https://flets-w.com/chienetta/list/2019/10/nrt_ser-security_sns-childphoto-risk.html

お気に入りに追加

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事