チエネッタ

presented by NTT西日本

文字サイズ

公開日:2019.08.02

連載ネットの知恵袋 セキュリティー

Q. USBメモリーからのコンピューターウイルス感染対策はありますか?

写真:USBメモリーからのコンピューターウイルス感染対策はありますか?

USBメモリーやCD-ROMからコンピューターウイルスに感染することがあると聞きました。セキュリティー対策ソフトは使用していますが、他に何か対策はありますか?

A. メディアやデバイスの「自動再生」の設定を無効にしましょう

USBメモリーなどのデバイス(機器)やCD-ROMなどのメディア(記録媒体)をパソコンに挿入すると、自動的にフォルダーが開いたり、インストーラーが起動したりすることがありますよね。

近年、Windows が搭載されたパソコンの自動再生の機能を悪用し、USBメモリーやCD-ROMを挿入すると、パソコンがコンピューターウイルスに感染してしまうケースが報告されています。

Windows にはデバイスやメディアを挿入すると、フォルダーやインストーラーを自動再生する「Autorun」(オートラン)」という機能があります。

自動再生を行なうための「Autorun.inf」ファイルが設定されたデバイスを、自動再生を有効に設定したパソコンに接続することで「Autorun」機能が動作し、フォルダーが開いたり、インストーラーが起動したりする仕組みになっています。

自動再生の機能を悪用したコンピューターウイルスの感染については、自動再生の設定を無効にすることで防ぐことができます。

ここではWindows 10 の設定方法についてご案内します。

【操作方法】

  • デスクトップ画面左下の[スタート(旗のマーク)]ボタンをクリックし、表示されたメニューから[設定(歯車のマーク)]を選択します。

  • [Windows の設定]が表示されますので、[デバイス]をクリックします。

  • [自動再生]をクリックします。

  • [自動再生]が表示されますので、設定したい自動再生の項目を変更します。

デバイスやメディアで再生するピクチャ、ビデオ、ミュージックなど、コンテンツごとに自動再生の設定を変更したい場合は、[コントロールパネル]を利用します。

【設定方法】

  • デスクトップ画面左下のCortanaの検索バーに[コントロールパネル]と入力し、表示されたメニューの中から[コントロールパネル]をクリックします。

  • コントロールパネルの右上に表示されている[表示方法]が[カテゴリ▼]になっていることを確認し、[ハードウェアとサウンド]をクリックします。

    ※表示方法が[大きいアイコン]または[小さいアイコン]の場合は[自動再生]をクリックし、手順4へ進んでください。
  • [ハードウェアとサウンド]が表示されますので、[自動再生]をクリックします。

  • [自動再生]が表示されますので、設定したい自動再生の項目を変更し、画面右下の[保存]をクリックします。

  • 画面右上の「×」をクリックし、画面を閉じます。

また、パソコンにインストールされているセキュリティー対策ソフトが最新の状態でない場合や、Windows Update(※1)が行なわれていない場合、パソコンのシステムやセキュリティーに脆弱性が生じることがあります。

※1■ネットの知恵袋 Q. Windows Updateとは何ですか?
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/cb_security09.html

その場合は、Webサイトに接続した際や、コンピューターウイルスに感染したデバイスまたはメディアを挿入した際、脆弱性を狙う新しいコンピューターウイルスの感染の侵入を許してしまう可能性があります。

コンピューターウイルスに感染しているかわからないときは、セキュリティー対策ソフトを最新の状態にした後に、ウイルススキャンなどを行ないましょう。

パソコンがコンピューターウイルスに感染した場合の対処方法については、ネットの知恵袋でご紹介していますので、下記のページをご覧ください。

■ネットの知恵袋 Q. もしコンピューターウイルスに感染してしまったら?
https://flets-w.com/chienetta/pc_mobile/cb_security12.html

※この記事は2019年8月2日現在の情報です。

ICTで、いつかを、いまに。
NTT西日本はICTの活用を通じて、豊かな社会の構築に貢献します。
今までもこれからも安定した通信「フレッツ光」を皆様にお届けしてまいります。

こちらもおすすめ

あなたのお気に入りリスト

あなたが最近読んだ記事