1. フレッツ光 TOP
  2. 光回線の工事内容を分かりやすく解説!

光回線の工事内容を
分かりやすく解説!

「光回線工事」とは、電柱から住宅内に光ケーブルを引き込み、インターネットを利用する居住内に開通させる工事のことです。光回線でインターネットを利用するためには、光回線工事を必ず実施する必要があります。このページでは光回線工事について疑問を持っている方へ解説しています。

工事当日の立ち会いについて工事時間はどれぐらい?

お住まいの設備環境(お客さまのご利用環境等)によって、工事担当者がお伺いする「派遣工事」とお伺いしない「無派遣工事」に分かれます。

立ち会いが必要になる人
(派遣工事)
立ち会いが不要になる人
(無派遣工事)
判断基準
  • 光ファイバーケーブルが住宅内に引き込まれていない場合
  • 光コンセントが住宅内に設定されていない場合
  • 住宅内に光ファイバーケーブルが引き込まれており、かつ光コンセントも設置されている場合
  • 転用・事業者変更で光回線を乗り換える場合
概要
  • 工事担当者がお伺いし工事を実施します。
  • 工事時間は、およそ2時間程度で完了します。
  • 工事の際は、お客さま(または代理の方)にお立ち会いいただく必要がございます。
  • 工事日当日の進捗状況をこちらでご確認いただけます。
  • 光回線の引き込み工事が不要な場合、工事担当者は伺いません。
  • ご契約の事業者からお送りする「お申し込み内容のご案内」「接続機器」等をご用意の上、手順に従ってお客さまでの接続・設定をお願いいたします。接続・設定の流れは、こちらでご確認いただけます。
左右にスワイプしてください

光回線工事の内容とは壁への穴あけは必要?

戸建ての場合の光回線工事の流れを説明いたします。

  • ※1 「ホームゲートウェイ 無線LANカード」の利用には、別途ご契約が必要です。
  • ※2 設置機種および機器設置台数は、お客さまの契約形態等により異なります。「ひかり電話」をご利用でない場合、ホームゲートウェイは有料レンタルとなります。
  • ※3 「ホームゲートウェイ 無線LANカード」でWi-Fiをご利用いただく場合、IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠している機器が必要です。
  • * 各機器には電源が必要です。
  • 1 電柱から光回線を住宅に引き込む

住宅近くの電柱から光回線を住宅へ引き込みます。住宅内へ光回線を引き込む時、電話用の配管かエアコンダクトを共用して行う場合が多いですが、住宅の状況によっては壁に穴を空けて(約10mm程度)引き込みを行うケースもあります。

  • * エアコン取り替え時などに光ファイバーの改修工事が必要となる場合があります。
  • ※ 上記方法での対応が困難な場合、お客さまへ新たな配管設備等のご用意をお願いする場合や別途有料での工事を行う場合があります。
  • 2 光コンセントとHGW(ホームゲートウェイ)またはONUをケーブルで接続

室内に光回線を引き込み後、室内の壁面に光コンセントを設置します。光コンセントとは、光回線とHGW(ホームゲートウェイ)またはONU(光回線終端装置)を接続するための接続口のことです。

  • 3 ルーターとパソコンや電話を接続する

最後にルーターとパソコンを接続して初期設定を行います。もし、ひかり電話(光IP電話)を使う時は電話との接続も合わせて行います。工事日にお持ちする「インターネット設定ガイド」をご利用いただくことで、スムーズに行なえます。

集合住宅(マンション・アパート)の場合の光回線工事の流れを説明いたします。

  • ※1 「ホームゲートウェイ 無線LANカード」の利用には、別途ご契約が必要です。
  • ※2 設置機種および機器設置台数は、お客さまの契約形態等により異なります。「ひかり電話」をご利用でない場合、ホームゲートウェイは有料レンタルとなります。
  • ※3 「ホームゲートウェイ 無線LANカード」でWi-Fiをご利用いただく場合、IEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠している機器が必要です。
  • * 各機器には電源が必要です。
  • 1 光ファイバーの引き込み工事

電柱から集合住宅の共有スペースに光ファイバーを引き込みます。共有スペースには「スプリッター」を設置し、集合住宅全体で光ファイバーを共有します(ひかり配線方式の場合)

  • 2 光コンセントとHGW(ホームゲートウェイ)またはONUをケーブルで接続

各部屋まで光回線を引き込み後、室内の壁面に光コンセントを設置します。光コンセントとは、光回線とHGW(ホームゲートウェイ)またはONU(光回線終端装置)を接続するための接続口のことです。

  • 3 ルーターとパソコンや電話を接続する

最後にルーターとパソコンを接続して初期設定を行います。もし、ひかり電話(光IP電話)を使う時は電話との接続も合わせて行います。工事日にお持ちする「インターネット設定ガイド」をご利用いただくことで、スムーズに行なえます。

光回線工事前に確認すること

ご希望のサービスプランが提供エリアかどうか

ご希望のサービスプランが提供エリアかどうか

光回線工事前にお住いの地域が、ご希望のサービスの提供エリア内かどうかご確認ください。提供エリア外の場合は、光インターネットをご利用いただくことができません。

各機器の設置位置を決める

各機器の設置位置を決める

HGW(ホームゲートウェイ)やパソコン、電話機などの設置場所をあらかじめ決めておきましょう。
光コンセントの設置は自宅内1箇所のみになるため、後々設置場所を変更する場合、もう一度工事をする必要があります。
HGW(ホームゲートウェイ)などの機器を設置する場所は、リビングやパソコンを利用する部屋、寝室などが定番の設置場所です。

光回線工事後に実施いただくこと

Wi-Fiルーターとパソコン、電話機を接続

HGW(ホームゲートウェイ)とパソコン、電話機を接続

お手持ちのパソコンや通信機器をHGW(ホームゲートウェイ)に接続します。Wi-Fi機能を活用して家の中のWi-Fi環境を整えましょう。パソコンの「LANポート」にLANケーブルを差し込んで有線接続も可能です。
また、電話から出ている電話機コードは、HGW(ホームゲートウェイ)のTELポートに接続します。

  • 回線終端装置一体型(一体型ではない場合があります)また、実際は写真とは異なる場合があります。
パソコンの設定

パソコンの設定

フレッツ光開通前にお送りする「フレッツサービスお申込内容のご案内」と「インターネット設定ガイド」を利用して、パソコンの接続・設定を行います。

光回線工事の費用について

光回線の工事費用は、お客さまの住宅状況やご契約いただくサービスプランによって異なります。
詳しくは以下ページからご確認いただけます。

よくある質問

  • Q
  • Q
  • Q パソコンの設置場所と、「ひかり電話」の電話機の設置場所が異なる場合、どういう工事が必要ですか。
  • 「ひかり電話」対応機器の設置場所から、電話機まで電話ケーブルを設置いただく必要があります。工事が必要な場合はNTT西日本にて実施(有料)させていただきます。
  • Q 「フレッツ光」の工事日がわかりません。確認方法を教えてください。
  • 工事日は、お申込み受付後に郵送でお届けする"フレッツサービスお申込み内容のご案内"に掲載しております。
    "フレッツサービスお申込み内容のご案内"がお手元に届かない場合、または紛失された場合は、下記窓口までお問い合わせください。
     
     
    <お問い合わせ窓口 >
    電話番号:0120-116116
    受付時間:午前9時~午後5時 土曜・日曜・祝日も受付中です(年末年始12/29~1/3を除きます)
    ※携帯電話からもご利用いただけます。
    ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。
    ※西日本エリアからおかけください。
  • Q HGW(ホームゲートウェイ)の場所を移動したいが、どうすればいいですか。
  • HGW(ホームゲートウェイ)の場所の変更は同じ敷地内の移動であっても、移転工事となります。
     
    契約内容を確認し、移転手続きをご案内いたします。

    お手数ですが、下記窓口までご相談くださいますようお願いいたします。
     
     
    <お問い合わせ窓口 >
    電話番号:0120-116116
    受付時間:午前9時~午後5時 土曜・日曜・祝日も受付中です(年末年始12/29~1/3を除きます)
    ※携帯電話からもご利用いただけます。
    ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。
    ※西日本エリアからおかけください。
  • Q 光回線工事の時、壁に穴を空ける必要がありますか。
  • 通常の場合、電話用の配管かエアコンダクトを共用して行う場合が多いですが、住宅の状況によっては壁に穴を空けて(約10mm程度)引き込みを行うケースもあります。

  • Q 工事にはどのぐらいの時間がかかりますか。
  • 光回線工事は、およそ2時間程度で完了します。

    ※お客さまのご利用場所や弊社の設備状況、工事内容などにより工事時間は異なります。
    ※セットアップサービスをお申し込みの場合、別途時間がかかります。

  • Q マンション・アパートなどの集合住宅でも光回線工事は可能ですか。
  • 集合住宅の場合、電柱から引き込んだ光ファイバーケーブルをマンション・アパートの共有スペースのスプリッタを経由し、光回線インターネットを利用する部屋まで引き込みを行います。
    そのため、マンション・アパートなどの集合住宅で光回線工事を行う場合、管理会社やオーナーに必ず確認を行ってください。

審査 22-64-1