業務効率化 2019.5.17 公開

Wi-Fiの接続が切れたり不安定になるのはどうしてですか?

どの部屋でもインターネットに接続できるようWi-Fiにしたのですが、
部屋によって電波が途切れたり通信速度が遅いことがあります。
どんな原因が考えられますか?

建物の構造、電波干渉などが原因の可能性があります

×障害物がある場合 ×電子機器と電波干渉を生じた場合

Wi-Fiルーターの設置場所と端末(パソコンやスマートフォンなど)の間に壁や床などの障害物がある場合や、 Bluetooth対応機器や電子レンジなどの電子機器と電波干渉を生じた場合、電波が届きにくくなることやインターネットに接続できなくなることがあります。

Wi-Fiが不安定になる環境は下記のとおりです。

・建物の材質がコンクリートや鉄筋である
・ルーターと端末の間に壁や床、障害物がある
・ルーターと端末の距離が離れている
・同じ周波数の電波を利用した電化製品(電子レンジなど)やBluetooth対応機器などによる電波干渉が生じている


もし、障害物を避けたりWi-Fiルーターと端末の距離を近づけても不安定な場合は、ビジネス向けWi-Fiサービスを利用すると改善する可能性があります。
ビジネス向けのWi-Fiサービスは個人向けのWi-Fiルーターに比べて高性能で多機能なものが多く、電波干渉を軽減できる機能を搭載したものも用意されています。


今回のテーマについて
こちらでもご紹介しています

※閲覧にはCLUB NTT-WestまたはBiz Clipへのログインが必要です。
CLUB NTT-Westの会員登録はこちら
ログインできない方はこちら

この記事はお役に立ちましたか?

カテゴリーから探す

記載の料金・解約金等は特に記載のない限り税込です。