ネットの知恵袋

2020.2.7公開

Q. 「新4K8K衛星放送」を視聴するために必要なものはなんですか?

Q. 「新4K8K衛星放送」を視聴するために必要なものはなんですか?

新4K8K衛星放送を視聴したいのですが、新しいテレビを買う必要があるのでしょうか?
それともチューナーを購入するだけで視聴できるのでしょうか?

A. お使いのテレビや周辺機器の対応状況によって異なります

テレビ

近年、スポーツやライブ・コンサートの臨場感あふれる映像をより高画質で楽しめるということで、4K・8K対応放送について目にする機会が増えました。

新4K8K衛星放送は、4K・8K放送に対応する高精細な映像を視聴できる衛星放送チャンネルです。

新4K8K衛星放送のチャンネルをすべて視聴するには、従来のBS放送・CS放送で利用される「右旋(右旋円偏波)」に加え、左旋(左旋円偏波)」を組み合わせた周波数帯域が割り当てられるため、対応した周波数帯を受信できる環境が必要です。

ここでは新4K8K衛星放送を視聴するにあたって、必要となる機器と環境をご紹介します。

アンテナ チューナー テレビ

建物の設備や構造などの受信環境によっては、チューナーやアンテナの他に分配器、壁面端子の導入・変更などの宅内工事が必要となる可能性があります。

視聴に必要な機器の例 対応アンテナ→ブースター→分配器→壁面端子→分波器→対応チューナー→テレビ

新4K8K衛星放送を視聴するうえで必要な環境や仕組み、注意事項については総務省の公式サイト「放送政策の推進」(4K放送・8K放送 情報サイト)でも紹介されていますので、ご覧ください。

(参考)
■総務省 4K放送・8K放送 情報サイト(外部サイト)
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin.html

なお、4K・8K対応放送には有料で提供されているものと、無料で提供されているものがあります。

4K・8K規格に対応したテレビが普及し、一般家庭でも高精細な映像を視聴できるようになったため、今後も4K・8K規格に対応した番組を提供するサービス提供事業者や、オンデマンド方式の動画配信サービス(※)の新たな参入が予想されます。
(※)「VOD(ビデオオンデマンド)」と呼ばれ、放送局のように時刻表が定められておらず、好きなときに好きな番組を視聴できます。

4K・8K規格に対応したテレビや周辺機器を購入する際は、用途に合った機種を選べるよう家電量販店などで専門のスタッフに相談することをおすすめします。


記載の料金・解約金等は特に記載のない限り税込です。