ネットの知恵袋

2015.11.27公開

Q. SSDやeMMCって何ですか?

Q. SSDやeMMCって何ですか?

パソコンやタブレットパソコンの性能表に記憶装置として「SSD」や「eMMC」と記載されていました。「SSD」や「eMMC」とは何でしょうか?

A. SSDやeMMCはフラッシュメモリーを利用した記憶装置です

最近販売されているパソコンやタブレットパソコンの性能表などで記憶装置に「SSD」や「eMMC」という文字を見かける機会が多くなりましたよね。

SSDとは、「Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の略称で、電気的にデータを記録する「フラッシュメモリー」を利用した記憶装置です。

eMMCは、「embedded Multi Media Card(エンベッデッドマルチメディアカード)」の略称で、こちらもフラッシュメモリーを利用した記憶装置です。

一般的なパソコンの記憶装置としてはHDD(Hard Disk Driveハードディスクドライブ)が普及していますが、小型ノートパソコンやタブレットパソコンではHDDよりも軽量で衝撃や振動に強い記憶装置が求められるためSSDやeMMCを採用する端末が増えています。

SSDやeMMCの性能をHDDと比較した際に、読み込みや書き込み速度が速い順に並べると「SSD>eMMC>HDD」となります。そのため、HDD搭載のパソコンよりもSSDやeMMC搭載のパソコンの方が快適に利用することができますよ。

また、eMMCはタブレットパソコンやスマートフォンなどの小型機器へ組み込むために、サイズが非常に小さく、消費電力も低く設計されています。しかし、SSDやeMMCは同じ容量のHDDと比べると容量1GB当たりのコストが数倍にもなります。

そのため、記憶装置を複数搭載できるデスクトップパソコンなどの場合は、SSDやeMMCとHDDを併用して利用することをおすすめします。例えば、OSやアプリケーションなどのインストール先はSSDやeMMCを利用し、写真や動画などのデータファイルはHDDに保存すると良いですよ。

なお、現在ではHDDの部品に小容量のフラッシュメモリーを組み合わせて使用するSSHD 「Solid State Hybrid Drive(ソリッドステートハイブリッドドライブ)」と呼ばれる記憶装置も登場しています。HDDより読み込みや書き込み速度が速く、容量1GB当たりのコストもSSDより安価なため今後の普及が期待されています。

搭載する記憶装置により処理速度や価格も異なりますので、パソコンやタブレットパソコンを購入される場合は家電量販店やパソコンメーカーのサイトで確認してくださいね。


記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。