巧妙化する悪質なネットの事件 あなたを守るセキュリティー第14回

金銭被害にもつながるアカウント乗っ取りが続出中!クリックを誘う巧妙なメッセージに要注意

金銭被害にもつながるSNSのアカウント乗っ取り。芸能人や大手企業の被害についてはニュースで知っているユーザーが多いと思われるが、実は個人の被害も増加中。「自分は関係ない」なんて思っていると、思わぬ落とし穴に足をすくわれる!

思わずクリックしてしまう!メッセージに仕掛けられた罠

知り合いから届いたメッセージ。自分が写真に映っているとの言葉に思わず・・・。

友人・知人を装うメッセージ 「この写真あなただよね? 」

「ここに映ってるの、あなただよね?」
Twitterに届いたダイレクトメッセージ。思わず記載されたURLをクリックすると、何の関係もない写真だった。
深く考えず、画面を閉じたのだが…。

数日後、何人かの友人から電話があった。
なんと私が、Twitterで迷惑メッセージを送信しているというのだ!

見てみると、確かにメッセージを大量に送信していた。まったく覚えがない。
内容は先日、私が知人からもらったものと同じ。
「ここに映っているの、あなただよね?」

あわててアカウントを削除したものの、友人・知人に迷惑をかけてしまった…。
怪しいURLを見分ける方法はないのだろうか。

コンピューターウイルス拡散の加担者に!金銭被害の可能性も

これまでコンピューターウイルスの拡散は、多くが英文メッセージだった。だが最近は日本語化し、まるで自分が関わっているかのような文面で、クリックを誘う。

URLをクリックするだけで感染、一瞬でコンピューターウイルスが侵入するため、ほとんどのユーザーは気がつくことができないのだ。
リンク先をID・パスワードの更新を促すフィッシングページにし、情報を奪い、アカウントを乗っ取る手口も報告されている。

ID・パスワード情報を奪った場合は、オンライン銀行やショッピングサイトで勝手にお金を送金、物品購入されることもある。

被害を防ぐためには、怪しいURLは一切クリックしない、もしくは問題のあるURLをチェックする機能を持つセキュリティーソフトの導入が必要だ。


フィッシングの事例について紹介しています。

Twitter社による2段階認証方式の導入について
ログインしているのが本当に登録者本人かどうか確認するため、携帯電話番号などを利用した2段階認証方式がトライアルではじまっている。
(日本ではまだ未対応)

「身に覚えのないこととはいえ、迷惑メッセージを送って、友人・知人に迷惑をかけてしまった!」 知らないうちに不正プログラムの拡散に加担してしまう。ID・PWを奪われ、金銭被害に遭う場合も!

※画像は全てイメージです。
※2013年8月現在の情報です。

フレッツ光ネクストなら標準で1台分使える!「セキュリティ対策ツール」

パソコンにはコレ!セキュリティ対策ツール
詳しく見る
スマートフォン・タブレットにはコレ!「セキュリティ対策ツール for Android」
詳しく見る
端末2台目以降にも使える!「セキュリティ機能ライセンス・プラス」
詳しく見る

【標準装備の「セキュリティ対策ツール」によるセキュリティー機能について】

  • ・「フレッツ 光ネクスト」や「フレッツ 光ライト」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS,macOS)またはAndroid端末1台(1OS)分です。「コラボ光(詳しくはこちら)」によっては、標準装備の「セキュリティ対策ツール」は含まれない場合があります。
  • ・「フレッツ・光プレミアム(FTTHアクセスサービス)」や「フレッツ・v6アプリ」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS)1台(1OS)分です。
  • ・ご利用のパソコンまたはAndroid端末環境(OS等)やソフト等との相性により本機能が正常に動作しない場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ・定義ファイルやプログラムは、対象の「フレッツ光(FTTHアクセスサービス)」等接続環境下でダウンロード・更新を行い、常に最新の状態にしていただく必要があります。
  • ・本機能はセキュリティーに対する全ての脅威への対応を保証するものではありません。

【「フレッツ 光ライト」の場合の留意事項】

  • ・「フレッツ 光ライト」での「セキュリティ対策ツール」および「セキュリティ機能ライセンス・プラス(オプション)」の利用量も通信料の対象です。
  • ・パターンファイルの更新等320MBを超える利用量が必要となる場合があります。
  • ・「セキュリティ対策ツール」の機能については、お客さまにて利用有無を設定することが可能です。

すでに利用されている方から頂いた質問に答えます。セキュリティ対策ツールのQ&A Q 「保護機能が無効です」 と表示された。どうしたらいい? A セキュリティ対策ツールの再インストールが必要です

セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動すると「保護機能が無効です」 と表示が出て、「今すぐ再起動」 ボタンが現れる場合があります。
こちらのエラーは、パソコンを再起動しても機能が無効になる場合があります。

エラーを解消するには、セキュリティ対策ツールの再インストールが必要になります。以下の手順に沿って再インストールを行ってください。

  1. パソコンの環境の確認
  2. 再インストールの準備
  3. セキュリティ対策ツールの再インストール
※画像はセキュリティ対策ツール Ver.8 / Ver.23の画面です。
(パソコンを買い替えたらどうすればいい?)(パスワードを忘れてしまった)(エラーメッセージが出る!)(メールが送受信できなくなった)など・・・。セキュリティ対策ツール お困りごとの解決方法はこちらでご覧いただけます。詳しく見る

審査 15-1036-2

記載の料金・解約金等は税抜です。消費税が加算されます。